SDGsの目標「ジェンダー平等を実現しよう」に基づいた芸人が登場

月に1回放送している、ニッポン放送のラジオ番組「SDGs MAGAZIINE」。剛力彩芽がMCを務め、世界中のSDGsに関する様々な情報を取り上げている。

SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称で「持続可能な開発目標」という意味。エネルギー枯渇や環境汚染、飢餓、ジェンダー、経済成長といった、世界中が抱えるあらゆる問題を2030年までに解決すべく掲げられた目標で、2015年9月の国連サミットで採択された。

17コの大きな目標と、それらを達成するための169のターゲットで構成されており、いま現在、国連加盟193カ国が様々な形で取り組んでいる。

お笑い業界の代表格である吉本興業も、SDGsが提示する17コの目標を盛り込んで漫才やコントを披露する「SDGs-1グランプリ」を開催するなど、お笑いと紐づけながらSDGsの普及につとめており、今回、剛力彩芽とよしもと芸人たちの夢のコラボイベントが実現した。

本イベントの後援としてグローバルリングシアターを提供した東京都豊島区は、SDGsに対して優れた取り組みを行う自治体として「SDGsの未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」をダブルで制定されている、日本有数のSDGsの街とも呼ばれている。

公開イベントが始まると、メインMCの剛力彩芽とサブMCの次長課長の河本準一が颯爽と舞台に登場。

河本はお馴染みの「タンメンはねぇ!」のギャグを繰り出しながらも、「コロナでなかなか人前に出ることがなかったので、今日は新鮮やわ」と感慨深く挨拶。そして、「目の前のお客さんたちに笑いを届けながら、SDGsに関して考えていきましょう」と意欲を見せる。

剛力も「今日はSDGsについて、より楽しく、分かりやすく、そしてそれぞれの視点で考える。そんな時間になればと思っております」と、声を弾ませた。

そして一緒にSDGsを学んでいく仲間として、ゆりやんレトリィバァ、相席スタート、Everybodyたちが呼び込まれた。

河本は「本日は男女平等ということで、男女のコンビである相席スタートとEverybodyの2組、そして僕とゆりやんのメンバーになったのです」と説明。SDGsの5つ目の目標である「ジェンダー平等を実現しよう」に基づいた座組みであることを明かす。