監督が神尾楓珠と山田杏奈を起用した理由とは

一般公開に先がけ、映画『彼女が好きなものは』の完成披露試写会が11月2日に行われた。

浅原ナオトの小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』が原作で、ゲイであることを隠しながら生活する高校生・安藤純(神尾楓珠)と、BL好きを秘密にしている同級生・三浦紗枝(山田杏奈)の関係が描かれる。

ある日、純は書店で同級生の紗枝が、男性同⼠の恋愛をテーマとした、いわゆるBLマンガを購⼊している現場に遭遇。紗枝は「誰にも言わないでほしい」と純に口止めを求めるが、彼女は⽬の前にいる純がゲイであることを知らなかった。純には妻子ある同性の恋人・誠がいるが、書店での遭遇をきっかけに、純と紗枝が急接近する──という物語だ。

人気の若手俳優2人を主演に据えて演出したのは、『世界でいちばん長い写真』(18年)、『九月の恋と出会うまで』(19年)などを手掛けた草野翔吾。

上映前に舞台挨拶が行われ、神尾楓珠と山田杏奈、草野翔吾監督が登壇した。

まずは「嬉しさと緊張がすごい勢いで混じりあっている感じです」と草野監督が挨拶。プロデューサーからオファーを受けて、監督を引き受けるまでの経緯について、「原作は今まで生きてきた中で身近にあった話のはずなのに、自分には見えてなかったものや、言いづらかった本音みたいなものが赤裸々な言葉になっている小説。久しぶりに小説を読んで泣きました。ただ、これを映画にしたいという気持ちがあった反面、自分に背負えるのだろうかと悩みまして、一度プロデューサーとお会いして話をして決めようと思いました。そこで、プロデューサーの真剣な思いがわかったので、一緒にやればいい映画が作れるなと思って監督をすることになりました」と説明。

ゲイの純を演じた神尾は「実際に経験のないことなので最初は戸惑いがありました。だけど、悩みを隠して生きるとか、誰にも言えないことがあるとかは誰もが持っている感情だと思って、ゲイの役に向き合いました」と役ヘのアプローチを語る。

紗枝を演じた山田は、「紗枝は本当に真っ直ぐな子です。BLを読んでいて、身近で好きになった人がゲイだったということで、紗枝がどう受け止めていくのかをこれから皆さんご覧になるんですけど、私は紗枝がすごく好きです。台本を読んだときに、紗枝の思いを私が表現できるんだって最初に思って、それが嬉しかったです」と語った。

神尾と山田の共演は今回が3回目だ。神尾がまだ中学生だった山田に初めて会ったとき、「僕はまだ(俳優業を)始めたばっかりで、何もわからない状態で一緒にお芝居させてもらって、『めちゃくちゃうまい人がいる。こんな中学生いるんだ!?』と衝撃を受けたんです。僕は足を引っ張ってばかりだったんですよ。今回が3作品目なんですけど、どんどん洗練されていってるなと感じました。二十歳にして自分の芯というものがあるのだなってびっくりしました」と山田を絶賛。

「いえいえ」としきりに照れていた山田が「楓珠君は年上ですけど、私がフランクに接しても許してくださるし、スンとしているように見えるけど、けっこう面白い部分がある方です。今回は、楓珠君が純だったからこそ私は紗枝でいられたなという気持ちがすごくあって、素晴らしい時間だったなと今でも思います」と返すと、神尾は「ありがとうございます」とニッコリ。

そんな2人を起用した草野監督は、「純に関しては、脚本を推敲しつつ撮影に向けてキャスティングしていく中で、早い段階で神尾楓珠がピッタリだなと思ったんです。陰があるけど透明感もあるというイメージで」と話し、山田に関しては「原作の紗枝に、さらにしなやかで強い女性という僕が思う要素を足して、どんな人が役に合うんだろうと考え始めました。そんなとき、プロデューサーから『映画祭で山田杏奈さんにお会いして話したんだけど、彼女こそが紗枝だったよ』と聞いて、ぜひお会いしたいですと言って会ったら、もう現れた瞬間から紗枝だった」と振り返る。

山田が「プロデューサーさんと映画祭でお会いしてご挨拶させてもらって、どこが紗枝だったのかはわからないですけど、嬉しいです」と感想を話すと、神尾は「純を演じながら、(山田は)いるだけで元気をくれる存在だったので、すごくありがたいなと思ってましたね」と讃えた。