4人の懐の深さを感じさせる多彩なパフォーマンス

アメフラっシにとって今回のワンマンライブ「Amefurasshi 2.28 Zepp Haneda『Wings andWinds』」は過去最大規模になる。

この日は朝から強風に豪雨と悪天候だったが、ロックの歴史を紐解くと、豪雨の中でライブを敢行して伝説に残っているアーティストは少なくない。フジロックフェスティバルも初回は豪雨の中で開催された。アメフラっシがZepp Hanedaでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか否応なしに期待は高まる。

そもそも、このライブは2月28日に行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の期間延長を受けて、3月21日になった。約3週間、開催が延期されたことで開演前からファンのテンションは高まっていた。

いよいよ開演時間を迎えて、第1部『Wings』が開幕。ステージが青い光に包まれて荘厳な雰囲気を漂わせる中、青いレーザービームが飛びかい、メンバーが一人ずつ登場。ステージ上に4人が揃って仁王立ちすると、客席から自然と手拍子が沸き起こり、「STATEMENT」で幕を開ける。ヘッドセットマイクによって両手が使えるパフォーマンスで、1曲目から体力温存なんて頭になく、激しくパフォーマンス。「人生は一度きり。このまま終わるもんか」と強いメッセージを投げかける。

ステージが情熱的な真紅のライトに切り替わると、ハードロック路線の「Rain Makers!!」に突入。激しさの中にアイドルらしいキュートな動きも交えつつ、4人は全身全霊でパフォーマンスする。全力で歌うメンバーにエールを送るかのように、客席はオレンジのペンライトで埋め尽くされ、光が熱い気持ちを代弁するかのように狂喜乱舞する。 続く「BAD GIRL」では、一転してクールなR&Bサウンドに乗せて、セクシーな立ち居振る舞いで観る者を挑発。ネオソウルの要素を大胆に取り入れた「MICHI」でも、妖しいビートに乗せて、艶めかしいボーカルを響かせ、大人なアメフラっシをこれでもかと見せつける。

以前のアメフラっシはロック魂を炸裂させたようなエモーショナルなライブが持ち味だったが、この日は序盤から硬軟織り交ぜて懐の深さを感じさせた。MCを挟んでの「ミクロコスモス・マクロコスモス」でもスピーディーかつ複雑なリズムを物ともせずに、言葉を一つずつ区切ったテクニカルなマイクリレーをスムーズに繰り広げ、「月並みファンタジー」では、スペイシーなサウンドに身をゆだねるようにウィスパーボイスで浮遊感のあるラップを決める。

かと思えばドラマティックなイントロからノイジーなギターが咆哮するゴリゴリのロック・ナンバー「Dark Face」では、キレキレのダンスに優雅さすら感じさせるしなやかな動きを巧みに取り込む。

高揚感のあるサウンドをバックに、じっくりと歌を聴かせる「メタモルフォーズ」、市川優月、小島はな、鈴木萌花の3人が、競い合うように情感豊かな歌声を響かせるバラード「フロムレター」、愛来の伸びやかでスケール感のある歌声が炸裂する「Over the rainbow」、メロディアスなサウンドに4人の清らかな歌声がマッチする「雑踏の中で」と、中盤はアメフラっシの歌心を存分に堪能できるパートとなった。

後半は軽快なロック・ナンバー「グロウアップ・マイ・ハート」から始まり、ファンと一緒に拳を振り上げて一体感を演出する「轟音」、力強いユニゾンがメンバーの絆を感じさせる「勇気のシルエット」、ファンと一緒に同じ振りをすることで一体感を演出する「Staring at You」と、ポジティブな曲で暖かな空間を作り上げた。