ライブが終わったばかりのアメフラっシに直撃

―2部公演を終えて興奮冷めやらぬ雰囲気の4人に直撃インタビューを敢行した。どんな気持ちで今日のライブに臨みましたか?

小島 私たちにとって過去最大規模となるZepp Hanedaは大きな挑戦でしたし、すごく不安もありました。お客さんが声を出せない状況で、この会場をどう使うのか、どうやったらみなさんに楽しんでもらえるか4人で必死に考えました。でも3月21日が近付くにつれて、不安よりも楽しみな気持ちが上回っていって、ワクワクした状態でライブに臨めました。

愛来 メンバーで支え合って、がむしゃらに練習をしてきて、この日を迎えることができて。最高の時間を届けたい一心でステージに立ちました。

市川 「最大キャパ」と言葉で言うのは簡単でしたが、実際にZepp Hanedaの会場内を目の当たりにすると圧倒されました。でもお客さんが声を出せない状況の中、いつも以上に私たちが先導しなきゃいけないので、4人で気持ちを合わせてライブに臨みました。

鈴木 メンバーはもちろん、スタッフさん、家族にも助けてもらいながら今日を迎えて。不安と同時にすごく楽しみな気持ちもありましたし、Zepp Hanedaにアメフラっシだけで立てる喜びを噛みしめながら本番を迎えました。

―会場入りしたとき、Zepp Hanedaにどんな印象を持ちましたか?

市川 でかい! 広い! 天井が高い!

愛来 楽屋もめっちゃキレイで、ソファもふわふわでした(笑)。

―最後に新年度を迎えて、改めてアメフラっシの目標を聞かせてください。

鈴木 ずっと言ってるんですが、やっぱりメジャーデビューです!待ってくださっている方がたくさんいるので、ワンマンライブでファンの皆さんの前でメジャーデビューを発表して、笑顔で泣きながら一緒に喜びを分かち合いたいです。

披露した曲はほぼ同じながらも、構成を変えることで、全く違った印象のワンマンライブを見せたアメフラっシ。ますます表現力とパフォーマンス力が磨かれた4人が、メジャーデビューする日は、そう遠くないはずだ。

アメフラっシ

アイドル

2018年11月結成。スターダストプラネット所属の4人組アイドルグループ。メンバーは、愛来、市川優月、小島はな、鈴木萌花。2021年2月28日リリース「BAD GIRL」各種ストリーミングサービスで好評配信中。
詳細はオフィシャルサイトをCHECK!!

Photographer: Atsushi Furuya
Interviewer: Takahiro Iguchi