最初はドッキリを疑った中国での初主演映画

――まずは自己紹介も兼ねて、最近の活動について教えてください。

中西 2つありまして、今年公開予定の中国の映画で私が主演をさせていただきます。もう一つは、「ギャルコン2021」という、7年ぶりにヤングジャンプで開催されたコンテストでグランプリをいただきました。

――「ギャルコン」は2005年に佐々木希さんがグランプリに輝くなど、大きなコンテストですよね。どのような審査が行われましたか?

中西 オーディションが約半年間と、すごく長い期間で行われました。ファイナル審査はオンライン投票の審査、YouTubeの審査、SHOWROOMの審査など色々な審査がありました。SHOWROOMの配信は、配信自体が一回もしたことがなかったので、最初はカメラに向かって自分で喋るという配信ができるのかな?ってすごく不安だったんです。配信の中でも温かいコメントをいただいて、本当に感謝しています。

――主演された中国の映画はどのような内容ですか?

中西 主人公の中村理香という女の子を演じました。日本人の女子大生が中国に渡って、中国の大学生と一緒に自分が一番見たい記憶に戻れるという、超高速シミュレーション現実装置の研究に取り組みながら、友情や家族愛を育むようなヒューマンストーリーになっています。

――中国での映画撮影はいかがでしたか?

中西 全て四川省で撮影したんですけど、四川に行く事も初めてでしたし、中国映画で主演が決まった時も、「ホントかな、大丈夫かな」って不安な気持ちでした。でも、現場ですごく盛大なクランクイン式が行われて。記者の方、カメラ、スタッフさんの数もすごく多くて。「あ、これはドッキリじゃなくて本当だ」って(笑)、すごく安心した記憶があります。

――台本もすべて中国語ですか?

中西 そうです、全部中国語です。役柄は日本人の女の子なんですが、映画はほぼ全編中国語でのお芝居だったので、毎日撮影が終わったらすぐホテルに戻って、台本と向き合って、という日々でした。中国語は読んだり書いたり、普通に話すのは大丈夫なんです。でも、お芝居となると、そこに感情を乗せないといけないし、映画として残ってしまう以上、発音をちゃんとしたいという気持ちもあって、ホテルでとことん発音をもう一回勉強し直しました。