「玉野の自然が主役」渚が感じた映画の魅力

--渚さんが出演された『第二話 渚のバイセコー』は玉野の自然が本当美しくて、セリフが少ない中での渚さんの表現力が素晴らしかったです。

渚 ありがとうございます。『渚のバイセコー』は本当に玉野の自然が主役ですから。本当に綺麗すぎて最高でした。本当はお芝居は恥ずかしいし、得意じゃないし、やりたくない気持ちもあったんですよ。でも監督が私をイメージして書いてくれたという話も聞いて、「セリフもほとんど無い」っていう話を聞いてやらせてもらいました。

--セリフが無い中で感情を表現するのも難しいと思いました。

渚 本当の俳優さんたちはそんな中でも繊細な表現をされてるんでしょうけど、私は全然。セリフも覚えられないし。だから監督が言ってくれたように、そのまま。こんな映画になって、ありがたいですね。

--監督が渚さんをイメージして書かれたということですが、『渚のバイセコー』というタイトルもお名前からですか?

渚 監督が大島渚さんが好きで、大島渚さんが岡山県玉野市の出身だからだそうです。私もタイトルになるなんてすごいやんって思ったけど、それは違いました(笑)。

--本作では“大人の青春”が描かれていると思うのですが、渚さんの青春、高校時代はどの様に過ごしていましたか?

渚 高校の時は、しし座流星群とか、「何年に1回この流星群がありますよ」みたいな話を聞いたら、みんなで原付乗って山の方へ行って見に行っていました。流れ星がたくさん見られるなんて、絶対これ見なアカンやろって。別に星が好きなわけじゃなくて、自然が好きなんです。テンション上がるんですよ。身近にないから。ちょっと山の方行くと、嬉しくなりますね。

この映画の撮影をした玉野みたいに、自然が綺麗な町に住まれている方って見慣れていると思うんですけど、私はそういう環境じゃなかったから、自然の中に行けると嬉しい。東京とかでもすごく明るい街やけど、新宿でもね、星が見られるんですよ、2個。こんな汚い街でも星が見えんのやって思うと、ちょっと癒されるんです。