Contents

いろいろなきっかけがあって新しいものが生まれた

――今回リリースした『二人なら – ep』は、Karin.さんにとって初めての試みが詰まった作品となっていますが、本作制作までの道程を教えてください。

Karin. 私が音楽を始めたのは高校2年生の6月で、今の事務所に出会ったのが同じ年の11月でした。曲を書き始めた頃から、テーマとして“孤独”というものがあって、そうして生まれた8曲を詰め込んだのが高校3年生の夏に出したファーストアルバム『アイデンティティクライシス』で、翌年の2月にはセカンドアルバム『メランコリックモラトリアム』を出しました。

――約半年で2枚のアルバムをリリースするというのは、ものすごい創作意欲ですね。孤独を突き詰める作業は、精神的に大変なのではないでしょうか。

Karin. 自分が体験したことでしか歌詞を書けなかったので、歌うたびに過去の孤独を鮮明に思い出して、また悲しい気持ちになって……。その悲しい気持ちで曲を書くという連鎖があった中で、抜け出せなくなっていく悲しみもありました。

――2枚のアルバムをリリースした後も、曲を書くペースは変わらなかったんですか?

Karin. 高校卒業後、本格的に音楽でやっていくために上京しようと思っていた矢先にコロナ禍になってしまって、そこですべてが一回ストップしてしまったんです。実家が茨城なんですけど、このタイミングで上京するとしたら、もう茨城に帰って来られないぐらいの覚悟が必要でした。

――他県をまたぐ行動は自粛するように言われていましたからね。

Karin. そういう状況で曲が書けなくなったんです。正確に言うと、書くことはできるんですけど、納得のいく作品ではなくて。そのときに気づいたのが、今まで自分が綴っていた孤独というのは、教室などで大勢がいる中で一人にされているような孤独だったんです。それがコロナ禍で外に出られなくなって、本当に周りから誰もいなくなるような孤独を感じました。その数か月後に、ちょっとずつ活動が再開できたので上京したら、たくさんの曲が生まれたんです。それでサードアルバムの『solitude ability』とミニアルバムの『solitude minority』ができました。もともと2つに分ける考えはなかったのですが、先ほどお話した2種類の孤独に分けてみたら面白いんじゃないかという話になって。大勢の中で感じた孤独が『solitude ability』。少数派の孤独、理解されない、理解してほしいとも思わないような気持ちから生まれた5曲が『solitude minority』。どちらのアルバムも鋭い心の内側を表現した曲が多くて、それを二十歳になる前に出しきろうということで、同時進行で制作しました。制作する中で『solitude ability』に収録されている「過去と未来の間」ができて、その曲を作ったときに、自分のやりたいことをやりきれたという気持ちになれたんです。

――いわば十代に区切りをつけられた曲だったんですね。

Karin. 2つの作品を制作して、ちょっとだけ燃え尽き症候群のような状態にもなったんですけど、すごく気持ちが楽になって。そのときに生まれたのが『二人なら – ep』に入っている「曖昧なままでもいいよ」でした。その後、「純猥談」(※恋愛体験を投稿するサービス)とコラボレーションするお話をいただいて、そのほかに収録されている3曲を書き下ろしました。いろいろなきっかけがあって、新しいものが生まれたんですよね。

コードを鳴らしたと同時にメロディーと歌詞が出てくる

――「純猥談」という他人の投稿からインスパイアされて曲を書くことは難しかったですか?

Karin. 難しかったです。ずっと「自分で分かることしか歌にできない」って周りにも言っていましたし、投稿者さんの文章を読んでも、なかなか曲に消化できなかったんです。

――どうして消化できなかったのでしょうか?

Karin. 自分が同じことを経験したとしても、投稿者さんと同じ運命を辿るわけではないので、100%の共感はできません。投稿者さんの気持ちに歩み寄ろうとしても心のどこかで突き放してしまったり。仮に曲を作ったとしても、一生自分が歌っていく自信があるかと考えたときに難しいかもという不安もありました。なので無理に寄り添おうとせずに、今まで自分が作ってきたサウンドの延長線上で作れたらいいなと考えて、最初に「717」という曲を書きました。投稿を読んでの素直な気持ち、投稿者の方にかけたかった言葉を、そのまま歌にしました。それを「純猥談」の短編映画シリーズを撮っているYP監督に提出したところ、「投稿者さんと連絡を取っていたんですが、彼女は当時のことを忘れるぐらい幸せみたいです」という投稿の先の話を聞いて、いいなと思ったんです。そこで「二人なら」が生まれました。

――「717」と「二人なら」は繋がっているんですね。

Karin. そうなんです。同じテーマで作りました。

――他人の言葉を、自分の言葉にしていく作業はいかがでしたか?

Karin. そのまま歌詞にしてしまっては、私が歌う理由がありません。自分の言葉にするために、恋愛以外の人間関係もリンクしているのかなと思って過去の経験を振り返ったり、前向きじゃなかったときの自分を言葉にしたりしました。いつもより曲作りの時間はかかりましたね。

――普段は曲と詞はどちらを先に作りますか?

Karin.  初めて曲を作ったときから、コードを鳴らしたと同時にメロディーと歌詞が出てくるんです。そこで土台みたいな1曲を作って、聴き返しながら、どんどん修正をしていきます。ただ以前の私は、土台の曲ができた時点で、早くスタッフさんに「できました!」と言いたくて、すぐに録音して送っていました(笑)。というのも集中力が続かなかったので、熱が冷めてしまう前に早く早く!と焦っていたんです。今は自分が納得いくまで、ちょっとずつ積み重ねていくようにしています。

――『二人なら – ep』は初めて組むプロデューサーを2名迎えて、サウンド面でも変化がありましたが、どういう意図があったのでしょうか?

Karin. 今まで同じアレンジャーさんとやってきて、主にバンドサウンドだったんですけど、今回は優しいサウンドにするために打ち込みに挑戦したいと考えました。それに先立って、制作チームとも次のステージに進むために環境を変えようという話し合いがあったんです。それで今回は初めてお願いするアレンジャーさんと1対1で話し合いながら曲のアレンジを決めていきました。今回は歌に寄り添うということをアレンジャーさんが意識してくださったんです。私の声を活かすために引き算をしていくようなアレンジを聴いて、こんなこともできるんだという驚きがありました。結果、朝から聴けるような明るい作品になったと思います。

曲作りの原点は中学時代の孤独感

――音楽遍歴についてお聞きします。6歳からピアノを習い、小学生のときは金管クラブでトランペットを担当していたそうですね。

Karin. 当時は熱量的に音楽よりもスポーツのほうが好きでした。小学校・中学校はバレーボールをやっていました。音楽とスポーツの両立が難しくて、中学時代は一回ピアノをやめました。ただ音楽自体は好きだったので、中学3年生のときに誕生日プレゼントで親からアコギをもらって、高校受験が終わってから独学で弾くようになりました。高校でもバレーボール部に仮入部をしたんですけど、アルバイトもしたかったですし、バンドも組みたくて、もっといろんなことをしたいって気持ちになったんですよね。

――どうしてバンドを組もうと思ったんですか?

Karin. 中学2年生のときに出会った美術の先生が私にとって憧れの存在で。その先生が元バンドマンでギターを持っていたんですよ。リクエストする曲を弾き語りで歌ってくれて、そのときにバンドをやりたいって気持ちが芽生えました。それで高校1年生の終わり頃にTwitterで呼びかけて、地元の同じ年の子たちとコピーバンドを組みました。いざバンドを組んでみると、音楽で表現するなら自分100%のものがいいなって感じて弾き語りを選びました。高校2年生の6月に初ライブをやったんですが、そのためにオリジナルを何曲か作って、そこから私にとっての音楽が始まりました。

――曲のテーマにあった孤独は、音楽を始める前から感じていたことですか?

Karin. そうですね。一番辛かったのは中学生の頃です。みんな成長している途中なので、クラスでも部活でも人間関係に悩むじゃないですか。私は自分から積極的に何かをするのが苦手で、目立つのも好きじゃなかったので、「私はいいや」って引くことが多かったんです。あと周りから「変わった声だよね」と言われることが多くて、歌うのは大好きだったのに、声がコンプレックスでした。些細なことを気にしちゃうタイプだったんですよね。それで音楽を始めたときに、中学時代に感じていたことなどを曲にしていたんです。

――高校時代は、どういうことで孤独を感じることが多かったのでしょうか?

Karin. 周りで音楽をやっている人がいなかったのもあって、ギターを弾いている、ライブハウスに通っているというだけで、すごいことをやっていると思われたんです。私は今までと何も変わってないのに、周りから距離を取られているような気がしました。陰でも「あの子って歌上手いの?」「そうでもないよ」みたいなことを言われたこともありましたし、普通にしゃべっているだけで、「その言葉選びは人と違う」みたいなことを言われて、ちょっと変わった存在だと思われていました。変に意識されちゃって、そこにも孤独を感じました。

――デビューすることは学校の誰かに言ったんですか?

Karin. 誰にも言わなかったです。ただデビューするときに、地元からプロモーションを頑張っていきたいということで学校や地元の駅にポスターを何枚も貼ったんです。それが私だということに気づいて、みんな驚いていました。

些細なことでも周りの意見を取り入れた高校時代

――これまで、どんな音楽を聴いてきたのでしょうか?

Karin. 本当に好きなジャンルが幅広くて、中学2年生のときはデビューしたばかりの欅坂46さんにハマりました。クリープハイプさんやMy Hair is Badさんなどのバンドも聴いていましたし、SHISHAMOさんや東京事変さんをコピーしていました。洋楽だとショーン・メンデス、マルーン5、スーパーグラスなどを聴いていたんですが、一番ハマっていたのはボカロですね。小学6年生から中学1年生までカゲロウプロジェクトにドハマりして、今でも思い返して曲を作ることも多いので、自然とそういうサウンドになるんです。

――詞の乗せ方は独特ですが、ボカロの影響と聞いて納得です。

Karin. 曲を作り始めて月日が経ってない頃は、ボカロに感化され過ぎて歌い方も無機質というか、今聴き返すと喜怒哀楽が薄い歌い方ですね。ボカロというジャンルは、1つの曲を「歌ってみた」などで、いろんな人が歌うじゃないですか。そういうのも、たくさん聴いていたので、いろんな歌い方を無意識にインプットしていました。

――音楽一筋でやっていこうというのは、高校生の時点で考えていたことですか?

Karin. そうですね。どうして、そこまでの自信があったのか分からないんですけど(笑)。ただ先ほどお話した中学の先生の影響で、高校3年生になる直前ぐらいまでは中学の先生になりたい気持ちもありました。でも両親と担任の先生と話し合って、今与えられているものがあれば、そちらに専念して、ダメだったら別の何かに挑戦したらいいじゃないかということで音楽を選びました。

――11月14日から始まる「Karin.1st tour “solitude time to end”」は、どんな内容になりますか?

Karin. 高校3年生の頃に予定していたツアーが延期になって、6月のワンマンも無観客の配信ライブに切り替わりました。そのワンマンライブのタイトルが「solitude time」(一人の時間)で、曲のテーマだった“孤独”を終わらせようという内容を予定していたんですけど、無観客になってしまいました。でも、このまま誰にも見せられないまま次に進むのは、それまでのリスナーを切り離していくみたいで嫌だったんです。それで今回は「solitude time to end」(孤独が終わる頃)を見届けてほしいなという気持ちもあって、過去の曲に新曲も交えながら愛知、東京、大阪を回って、地元の茨城で終わるツアーを企画しました。

――最後に進路を検討しているティーンにメッセージをお願いします。

Karin. 私が言える立場か分からないですけど、夢を一つに絞る必要はないと思っています。周りのことよりも近い未来の自分を考えて、一つずつ行動をしていけば、きっと素敵な未来が待っているはずです。正解を求めるんじゃなくて、自分らしさを一つずつ拾い集めながら、それを活かせることを見つけられたらいいと思います。

Information

『二人なら – ep』
10月27日配信リリース
M1. 二人なら
M2. 曖昧なままでもいいよ
M3. 最後くらい
M4. 717

「Karin.1st tour “solitude time to end”」
2021.11.14(日) 愛知・名古屋 ell.FITS ALL
2021.11.20(土) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM
2021.11.27(土) 大阪・梅田 Shangri-La
2021.11.28(日) 茨城・水戸 LIGHT HOUSE

公式サイト

Karin.

シンガーソングライター

2001年5月30日生まれ、シンガーソングライター。2018年、初めて自身で曲を作り、地元のライブハウスのステージで歌い始める。2019 年 8 月 7 日、ファーストアルバム『アイデンティティクライシス』をリリース。収録曲「青春脱衣所」は同年代の間で口コミが広がり、Music Video の再生回数が 170 万再生を突破した。2020年に入り、Spotify の “Early Noise 2020” や、スペースシャワー TV “SPACE SHOWER RETSUDEN NEW FORCE” に選出され注目を集める。2 月 12 日、セカンドアルバム『メランコリックモラトリアム』リリース。2021 年 3 月 10 日に自身初のフルアルバムとなる 3rd Album『solitude ability』、5月 12 日には「solitude ability」の裏側にあるもう一つの物語として Digital Mini Album『solitude minority』をリリースした。11 月からは、自身初のワンマンツアー「Karin. 1st tour “solitude time to end”」の開催が決定。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi