Contents

4月から新しいスタートを切る人たちの力になってもらえれば

―ニューシングル「Cominʼ Back」は内田さんが主演を務めるテレビアニメ『灼熱カバディ』(テレビ東京系)のエンディングテーマです。過去にもアニメの主題歌やオープニングテーマなどを担当されていますが、歌うときにアニメの世界観などは意識されますか?

内田 そのアニメの持っているテーマや性質を、どうやって楽曲内に落とし込むかは常に意識しています。オープニングテーマやエンディングテーマはアニメに紐づいて、みんなの記憶に残るものなので、そこまで含めて一つの作品です。なので、また来週も観たいと思ってもらえるように毎回レコーディングに臨んでいます。

―「Cominʼ Back」は『灼熱カバディ』の持つスピード感が反映された爽快なナンバーだなと感じました。

内田 カバディは肉体のみを使ったスポーツで、「カバディ、カバディ、カバディ」と発声し続けないと攻撃ができないのですが、それだけ一つの呼吸に対する重みがすごいんです。「Cominʼ Back」もブレスを入れる間もないような疾走感のある構成にすることで、カバディのスピード感を表現していますし、「戦う者の意志」を描いたエネルギーの溢れた楽曲になっています。

―カップリング曲の「スタートライン」はタイトル通り新年度にふさわしい楽曲です。

内田 4月から新しいスタートを切る人たちの力になってもらえればいいなという思いを込めて制作しました。リード曲が「Cominʼ Back」なので、過去の自分にCominʼ Backするような青春感がほしいなと思い、sajiのヨシダタクミさんに「青春」をテーマに曲を書いていただきました。新しいことに向かって心が動く瞬間は、年齢に関係なく青春だと思います。どんな世代の人でも、学生時代に感じていた青春というものを思い起こしてもらいつつ、今の自分の力になるような楽曲を目指しました。

―「初恋」は一転してミディアムテンポのバラードです。

内田 この曲も初恋を思い出す内容なので、ある意味Cominʼ Backすることに繋がっていくんですが、初恋はこれからの未来へと自分を導く素敵なものなんですよね。この楽曲を初めて聴いたときに美しいなと思って、すぐに歌いたいと思いました。

―聴いた印象が全く違う3曲ですが、共通するテーマがあるんですね。

内田 最初から意識していたわけではなかったのですが、このシングルの制作に向き合う中で、過去の自分の気持ちに立ち返って、前に進むための力へと変えてくれる楽曲が揃いました。皆さんが一歩を踏み出すきっかけになれるような、非常にポジティブな1枚になっていると思います。

仮面ライダーになりたくてお芝居に憧れる

―もともと、いろんなジャンルの音楽を聴いていたんですか?

内田 あまりジャンルに縛られずに聴いてきたほうだと思います。もともと僕はフォークが好きで、家族の影響でアリスさんや尾崎豊さんを聴いていました。その後、東方神起さんが好きになって、R&Bなども聴くようになって。高校時代は社会人合唱団にも所属していましたし、聴く音楽は雑食ですね。

―昔から歌うのは好きだったんですか。

内田 中学・高校と吹奏楽部でチューバやサックスを吹いていたので音楽は好きだったんですが、小さい頃から人前で歌うのは恥ずかしくて苦手でした。中学時代に教室の隅で尾崎豊さんの「15の夜」の替え歌を歌っていてたら、友達から「うっちー歌うまいね」と褒められたんです。それからは、中学の先輩に誘われてカラオケボックスに行って、先輩が喜んでくれるからという理由で人前でも歌うようになりました。

―学生時代、歌手になりたいと考えたことはありましたか?

内田 当時は考えていなかったです。高校の先生が「好きなことは仕事にしないほうがいい」と仰っていたこともあり、音楽が大好きだったので、それを仕事にするという選択肢は自然と外れていました。そんな中で、自分がやりたいことに向き合ったときに思い浮かんだのがお芝居でした。

―役者さんに憧れていたということですか?

内田 そうですね。小学生時代、仮面ライダーになりたくて(笑)。当時、リアルタイムで『仮面ライダーアギト』(テレビ朝日系)を観ていたんですが、当時の僕のように小さくてぽっちゃりした体型の仮面ライダーはいなかったですから、その時は憧れのまま終わってしまいました。それで高校時代、進路を考えたときに、改めてお芝居をやりたかった自分の気持ちと向き合って。当時自分が大好きだったアニメやゲームに登場する声優という道を目指そうと決心し、養成所に入りました。

―声優さんに興味を持ったきっかけは何だったんですか?

内田 アニメにもなったゲーム『サクラ大戦』が大好きだったんですけど、舞台版もあったんです。舞台では声優さんたちがキャラクターを演じながら歌謡ショウもやっていて、いろんなことを同時にやるすごい人たちだなと憧れたのがきっかけです。

―大学や専門学校への進学は考えなかったんですか?

内田 家が裕福ではなかったので、目的がないのに大学には行きたくなかったんです。最初からプロを目指して、高校3年生で養成所に通い始めました。

―家族の反対はなかったんですか?

内田 なかったです。相談した時には、母に断られたら養成所は諦めようと思っていました。僕は2人姉弟なので、大人になったら母の面倒は僕が見ないといけないと思っていて、母が働いてほしいと言ったら、それに従うつもりでした。でも母は若い頃、やりたいことがあったけど親に反対されて学校に通えなかった経験があって、すごく後悔したらしいんです。なので息子と娘には好きなことをさせたいということで通わせてくれました。もし反対されていたら、僕は今ここにいなかったと思います。母には感謝しています。

焦る必要はないですし、いくつになっても挑戦はできます

―養成所には、すぐに馴染めましたか?

内田 はい。いろんな世代の人が夢を目指して集まっていて、10歳以上年上の人もいれば、自分より年下の人もいて、すごく刺激がありました。みんなで高め合いながら、ライバル意識もあって、1年目はいい形で切磋琢磨していたんです。所属までは行かなかったんですけどオーディションで良い結果を出せたことで、一時期は自分の実力を過大評価して勘違いしてしまいました。

―十代で結果を出したら自信がつくのも分かります。

内田 そういう経緯もあって、2年目は自信過剰になってしまいました。この世界で成功したい、誰にも負けたくないという気持ちが強く出過ぎて、視野が狭まってコミュニケーションがうまく取れなくなったり、周りへの気遣いができなくなりました。養成所の先生からダメ出しをされ続けたんですけど、自分の何が悪いかに気付いていなかったんです。お芝居は、相手の演技を受けて、それをどう噛み砕いて返すかが重要なので、コミュニケーションが大切です。それを理解できずに、周りに自分のやり方を押し付けていました。自分では頑張っているつもりでも、オーディションで結果が出ずに、誰も理解してくれないと腐っていました。

―八方ふさがりですね。

内田 さすがに自分でも、このままじゃいけないと気付いて、期限を設けずに続けるのはやめようと考えていたので、最後の年はいろいろ挑戦しようと思いました。その頃、友達に誘われて舞台に出演したんですが、演出家の方に「お前はペットボトルに向かって話しているのと一緒だよ」と言われました。全く意味が分からなかったんですけど、その言葉が心に引っかかって。そのときに、「俺は何もできないんだ」と現実を知り、考えを改めて、謙虚に一生懸命頑張ることで、一歩前に進めました。その結果、3年目で事務所に所属させてもらうことになりました。

―回り道をしてよかったなと思うことはありますか?

内田 事務所に所属するまでの3年間はすごく長く感じましたけど、自分と向き合うのに必要な時間だったと思います。僕には天賦の才能があるわけではありません。だからこそ誠実に頑張って、経験を積み重ねたことで、自分の立ち位置を作ることができました。

―最後に、ティーンにメッセージをお願いします。

内田 本当に小さなことでもいいので、自分の好きなことを見つけてください。たとえば「私は数学よりも体育が好き」と気付くだけでもすごいことです。体育が好きなら、それを伸ばす才能があるかもしれないですし、少なくとも好きなことを見つけられる才能はあります。自分の好きなものをたくさん見つけて、その集合体の中で一番自分に合うものが何かを考えたら、おのずと将来の夢も見つかると思います。焦る必要はないですし、いくつになっても挑戦はできます。ただ自分から動かないと何も起こらないので、時間がかかっても好きなものを探してください。

Information

完全生産限定盤 Comin’Back
通常盤 Comin’Back

8th Single『Comin’ Back』
KING RECORDS
2021年4月21日リリース

<完全生産限定盤>
MAXI+DVD
価格:¥3,190(税抜価格¥2,900)
【収録内容】
1.Comin’ Back
2.スタートライン
3.初恋
4.Comin’ Back (off vocal ver.)
5.スタートライン (off vocal ver.)
6.初恋 (off vocal ver.)
★完全生産限定盤特典★
・「Comin’ Back」MUSIC VIDEO
・MAKING収録のDVD付き
・特製BOX仕様
〈 封入物 〉
・オリジナルフォトフレーム※178×230mm
・特製フォト3点
・ジャケ写miniステッカー

<通常盤>
MAXI
定価:¥1,430(税抜価格¥1,300)
【収録内容】
1.Comin’ Back
2.スタートライン
3.初恋
4.Comin’ Back (off vocal ver.)
5.スタートライン (off vocal ver.)
6.初恋 (off vocal ver.)

「Comin’Back」 グッズ&With YUグッズ LINE UP

YUMART
Comin’Back T-Shirts
size:M / L / XL / LADIES FREE
color:WHITE
spec:白箔プリント
¥3,850(税抜価格 ¥3,500)

Pass Case
size:約H76×W106mm
color:NAVY
spec:【素材】本革/ カードポケット×4
¥4,180(税抜価格 ¥3,800)

Reel Bag Charm
color:NAVY
spec:【素材】合皮
¥2,200(税抜価格 ¥2,000)

Masking Tapes
size:約15mm幅×5M巻 2本/ 13mm幅×5M巻 1本
spec:3本セット
¥1,320(税抜価格 ¥1,200)

YUMART

内田雄馬

声優/アーティスト

9月21日生まれ。東京都出身。声優として『BANANA FISH』『ぐらんぶる』など数々の人気作で主演を務め、2019年に「第13回声優アワード」で主演男優賞を受賞。役者として高い評価を受ける中、『あさチャン!』(TBS系)でナレーションを務めるなどその幅を広げている。アーティストとしては、2018年5月30日にデビュー。伸びやかなヴォーカルとキレのあるダンスを武器に音楽活動でも幅広い表現力を発揮し、各方面から注目を集める。シングル、アルバムのリリースやワンマン・ライブツアーの開催など精力的に活動中。

Photographer: GENKI[ IZUMI OFFICE ]
Interviewer: Takahiro Iguchi
Stylist: Wataru Okumura
Hair & Make: Mai Ozeki