ダンスをメジャー化、スポーツ化していくためのルール作り

そもそもD.LEAGUEはなぜ発足したのか。その大きな要因の一つに、2012年より義務教育でダンスが必修科されたことが挙げられる。それをきっかけに、若者や部活動も含めた学生のダンス層が急増した。

その流れを受けて、数多くのダンス事業を手掛け、長年にわたって日本のダンスシーンをリードし続けてきた神田勘太朗氏がダンスのプロリーグ化の構想を練り、EXILEのHIRO氏、「踊る経営者」で知られる平野岳史氏の協力を得たことで、実現に動き出した。

前例のないことだったため、ルール作りは難航。それまで行われてきた数々のダンスコンテストを基準に、それをメジャー化、スポーツ化していくにはどうすればいいのかという視点でルールを整えていった。

参加したチームはavex ROYALBRATS、Benefit one MONOLIZ、CyberAgent Legit、FULLCAST RAISERZ、KADOKAWA DREAMS、KOSÉ 8ROCKS、SEGA SAMMY LUX、SEPTENI RAPTURES、USEN-NEXT I’moonの9組。

どのチームも独自のカラーを持っていて、ダンスのジャンルは9者9様。その9チームが、どのような戦いを繰り広げるのか否応なしに期待は高まった。

1stシーズンは2021年1月10日に開幕。しかし記念すべきROUND.1から、新型コロナウイル感染症の感染拡大の懸念から、無観客での開催となった。元々オンラインでの配信を重視していたため、コロナ禍であってもスタートを切ることができた。以前、本サイトで神田勘太朗氏にインタビューした際、コロナ禍に始めるリスクについて以下のように語っていた。

「リモートなどでの在宅ワークが当たり前になってきて、当分はお客さんの目の前でやるのは難しくても、オンライン視聴という形式はD.LEAGUEにとってはチャンスだと思いました。僕はサッカーやF1も好きなんですけど、ほとんどネットを通して見ています。自分の見たいデバイスで、好きなものを見るコミュニティは世界中に広がっていますし、勝算はありました」(神田)

実際、視聴者層は十代、二十代と若者が中心だったが、オンライン視聴に加えて、テレビなどのメディアでも頻繁に取り上げられることで、普段はダンスへの関心が低い幅広い層にもD.LEAGUEの存在は知られていった。