ジャズピアニストのビル・エヴァンスにインスパイアされて書いた「debbie」

――にしなさんの最新楽曲「debbie」は映画『ずっと独身でいるつもり?』の主題歌ですが、映画はご覧になりましたか?

にしな 観させていただきました。原作のコミックも読ませていただき、登場する女性たちに共感する部分もありましたし、最終的にはそれぞれが、それぞれの意志を持って道を選んでいく映画で、背中を押してもらえると感じました。「debbie」の制作中に主題歌のお話をいただいたのですが、「もしかしたらこの映画に合う楽曲になるかもしれない」というような流れで、主題歌に決まりました。

――映画ありきではなく、曲が先にあったんですね。

にしな 曲を書いたきっかけは、コロナ禍で制作がうまくいかなくて苦しいなと感じていたときに、ジャズピアニストのビル・エヴァンスのアルバム『Waltz for Debby』(1961年作)を聴いたことです。どんな人がこの曲を作ったんだろうとビル・エヴァンスについて調べたら、制作に苦しみながら、姪っ子に向けて「Waltz for Debby」を書いたと知りました。そこでビル・エヴァンスと自分を重ね合わせて、制作する中での孤独や難しさ、その中でも「自分の中にあるピュアさを大切にしたい」という感情を描いたのが「debbie」です。

――ビル・エヴァンスにシンパシーを抱いたということでしょうか?

にしな 100%理解できる訳ではないですが、私も曲を作る身として、産みの苦しみが繋がる部分はあると思って、ビル・エヴァンスの曲をなぞらえるように自分自身を描きました。

――サウンド面ではどんなことを意識しましたか?

にしな ジャズピアニストの方からインスパイアされた曲だったので、ピアノの繊細さと力強さのような部分を大切にして作りました。ギターで作曲をしたんですが、制作段階でピアノが合うだろうなと思いました。

――「debbie」のように他のアーティストにインスパイアされて曲を書くことは以前からあったのでしょうか?

にしな 独特な雰囲気を持っている楽曲を参考にして制作することはあります。大好きな曲を基にして、こういう曲を作りたいみたいなこともありますね。

――歌詞はテーマを決めてから書くんですか?

にしな 楽曲にもよりますが、「この言葉を言いたい」とフレーズから作るときもありますし、「これを表現したい」とテーマを決めて書くこともあります。逆にメロから作って、メロに合う母音を拾っていくこともあります。ただメロから作ると、作詞に時間がかかってしまうパターンが多いです。音楽面での気持ち良さを取るのか、言いたいことを優先するのか、みたいな部分で迷ってしまうんです。煮詰まったときは、他の人に聴いてもらって意見を聞きますが、聞くだけ聞いて、最終的に取り入れないパターンも多いかもしれません(笑)。

――にしなさんの歌詞は、70~80年代の日本のシンガーソングライターを彷彿とさせるようなポエジーを感じさせます。

にしな その年代の楽曲も好きですし、もちろん同世代の方が作る楽曲も好きで、歌詞も意識して見ますね。

――歌詞がすごいと思うミュージシャンは誰ですか?

にしな 椎名林檎さんやRADWIMPSの野田洋次郎さんは自分の色を持っている方々だなと思いますが、影響を受け過ぎてはいけないという気持ちもあります。