アンダーグラウンド感とポップさの融合

――甲田さんはジャズピアニストとしてキャリアをスタートし、2018年のデビュー作『PLANKTON』もピアノ・トリオ編成のアルバムでした。縮小傾向にある日本のジャズシーンで、当時17歳、しかも正攻法のジャズでデビューしたのは驚きでした。

甲田 私自身、ジャズのアルバムを出すつもりはなかったんです。ジャズはストイックな世界で、年齢を重ねれば重ねるほど技術が上がる音楽だと思っています。なので、最初は若い年齢で作品を残すことに抵抗があって。でも、お話をくださった方が、すごく私を評価してくださったのと、ドラムで参加していただいた石若駿さんに相談させていただいたら、「若いときしか出せない音が自分にもあったから、作品を残しておくという意味でもいいんじゃないか」と言ってくださって。そこで私も17歳の記録として残そうという考え方に変わりました。

――ジャズは”うるさ型”のリスナーも多いですが、リリース後の反応はいかがでしたか?

甲田 面白がってくれました。ジャズ好きの方は、私が主にやっていたジャンルのビバップ好きが多いと思うんですが、しっかりとジャズの基礎的な部分を真正面からやっているのがいい、すごく聴きやすいという感想をいただけました。

――『PLANKTON』には「プランクトン」「マイ・クラッシュ」と2曲のオリジナル楽曲が収録されていますが、後者はヒップホップ的な要素も感じました。

甲田 当時はヒップホップにハマり始めた時で、ロバートグラスパーなど、生の演奏にヒップホップを落とし込んでいるアーティストたちもよく聴いていました。自分も音楽活動をしていく上で、今やりたいこと、今後やりたいこと、どちらも取り入れないとリリースする意味がないと思い、意識的にヒップホップの要素を取り入れました。

――ジャズのサンプリングを多用したトライブ(ア・トライブ・コールド・クエスト)も好きなんですよね。

甲田 めちゃめちゃ影響を受けています。セカンドアルバムの『ロウ・エンド・セオリー』は特にジャズ要素強いですよね、革命的なアルバムだと思います。

――トライブに代表される90年代のヒップホップに惹かれる理由は何でしょうか?

甲田 ジャズに出会ったときも、きれいな演奏をするピアニストよりも、セロニアス・モンクやバド・パウエルなど、尖った演奏をするピアニストに惹かれました。録音状態が悪いものや、ピアノを弾くときに思わず出る声なども人間味があって好きで。90年代のヒップホップのいなたさ、異様な音圧の出方などもドンピシャでした。もちろん新しい音楽も好きですけど、やっぱり90年代のヒップホップに戻っちゃうところはあります。

――今回リリースしたシンガーソングライターとしてのデビュー作『California』の表題曲も、トライブや、その一派であるJ・ディラに通じるスモーキーな音が印象的でした。

甲田 歌をやりたいってなった時点で、ファッションとか見た目もポップにして、それに合ったポップな音楽をやりたいと思っていました。でもそれをど頭からやっていくと客観的にみた時に逆効果なのではないかと思い、自分が好きな煙たさがありつつ、いかに今までとは違うことができるのかを考えました。マイナーなサウンド、アンダーグラウンドが好きという根底は残しつつ、歌詞やコード感はポップな部分があったら面白いのではないかなと思って、どちらの要素も取り入れました。

――「California」はK-POP的なポップさも兼ね備えていますが、K-POPを聴きはじめたのはいつ頃ですか?

甲田 ここ1年です。昔からK-POPブームでしたけど、特に最近はすごいじゃないですか。市場もすごいし、最先端の音楽なので、無意識に聴いて「かっこいい」なって。アイドルであり、攻めた音楽をやっていて、それがウケていて、一気にハマりました。いろんなアーティストを聴くんですけど、aespa やBLACKPINK、TWICEなどは曲もめちゃめちゃいいので、常に楽しみにチェックしてますね。

――曲の中盤ではラップも披露しますが、以前からラップもやっていたんですか?

甲田 フリースタイルの練習とかはしたことなかったんですけど、Q-Tip やカニエ・ウェストが好きだったのでラップ自体はひたすら聴いていました。だから自分がやることに違和感はなかったし、曲を出すときは絶対にラップはやりたいと思っていました。

――カップリング曲の「Love My Distance」は、どのように生まれたのでしょうか?

甲田 去年書いた曲なんですけど、最初にイントロの短いベースのループから思いついて、そこにコードを置いて。そのときは二十歳になる手前だったので、そういう心情を残しておきたくて英語で歌詞を書きました。そして今回、『California』の制作をする中で過去に作ったデモを聴き直して、「Love My Distance」の雰囲気が一番合うなって思ったんです。ただ今の気分だと“二十歳”というテーマが今さら?と思ったので、もともとあった英語の歌詞に合う日本語を探すうちに、「ひっぱる」という冒頭の歌詞が浮かんで、そこから「赤い糸」という単語が思いついて、“距離”をテーマにした歌詞に繋げていきました。

――今回プロデュースを手掛けたGiorgio Blaise Givvn氏は、どのような経緯で起用したのでしょうか?

甲田 元々数年前にオカモトレイジ君(OKAMOTO’Sのドラマー)が私のことをGivvnに話していて、数年前に実際に紹介してくれたんですけど、Givvnとは音楽の趣味が合い、すぐに意気投合しました。彼自身がミュージシャンでラッパー、もともと外に出る側の人間なので、自分で作るサウンドはオリジナリティがあって今っぽいんですけど、90年代のヒップホップマニアという根底にあるものが共通していて。私は『PLANKTON』をリリースしたときから、「歌をやりたい」って言い続けていたんですけど、1人でビートを完成させる作業はやったことがなかったんです。でもアコースティックでやりたい訳じゃなかったので、誰かと一緒に作りたいと。それで彼に「歌って踊れる曲をやりたい」と何気なく伝えたら、何の違和感もなく「ああ、いいじゃん。やろう」みたいな感じで最初から乗り気だったので、「理解してくれる人がいるんだ」ってすごく嬉しくて。そこから準備を進めていくうちに、自然と共同作業をすることになりました。