元ドルヲタの現役アイドルが書いた「アイドルあるある」

「つぼみ大革命」は、今年結成11周年を迎えた吉本興業所属の9人組新感覚コミックアイドル。

音楽とお笑いをミクスチャーした独特のパフォーマンスがウリで、ライブでは崖っぷちの状況を笑いに変えてしまうポジティブ過ぎる楽曲をはじめ、芸人顔負けのクオリティが高いコントも披露。

『女芸人No.1決定戦 THE W』にも決勝進出するなど、アイドルという枠組みにとらわれず、お笑いの世界でも目覚ましい活躍を見せる唯一無二の存在だ。

11月7日には品川インターシティホールのワンマンライブを成功させて、さらなる躍進が期待されている。

そんな「つぼみ大革命」のメンバー・糸原沙也加が、「吉本興業×ブックオリティ 作家育成プロジェクト」の一環として、自らのアイドル活動で発見した愉快な事柄の数々を執筆した『#アイドルあるある推しごと図鑑』を刊行。本書は糸原がアイドル視点・ファン視点それぞれの「アイドルあるある」をまとめたものだ。

「ライブ中に目に入って目が沁みるのをウインクでごまかす」「舞台の暗転に慣れていないと、袖にはける時ヒョロヒョロ歩きになる」という舞台裏を明かしたものから、「私服を全身で投稿したら褒めてほしい合図」といったSNSの投稿目的についても赤裸々に告白。

デビュー前はアイドルの追っかけをやっていて、アイドルファンの気持ちも持ち合わせている糸原だからこそ、推し活のファン心理についても等身大の目線に立って書かれているのが特徴。

プライベートで起こる様々な事情も含めて、本書は267本ものアイドルについての「あるある」が収録という、アイドル本の中でも類を見ない内容となっている。挿絵は同じ「つぼみ大革命」の岡本りんによる描き下ろし。

今回、『#アイドルあるある推しごと図鑑』の発売を記念して、SHIBUYA TSUTAYAのイベントスペースにて、糸原と岡本によるオンライントークショーが開催された。

さらに「つぼみ大革命」の元メンバーで、現在もプロデューサーとして彼女たちをサポートしている「3時のヒロイン」の福田麻貴がMCとして参加した。