2人が揃った書店イベントは「ピカルの定理」のハイタッチ会以来

多彩な才能を発揮し続けているお笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が、9月28日にエッセイ集の第二弾『どうやら僕の日常生活はまちがっている』を発売。前作『僕の人生には事件が起きない』以来2年ぶりとなる新刊。

11月10日、本書の大ヒットを記念して、ピース・又吉直樹を招いて東京・八重洲ブックセンター本店でトークショーが行われた。

一緒に書店を訪れるのは、2013年までフジテレビ系で放送されたバラエティー番組「ピカルの定理」のハイタッチ会以来、7年ぶりだと振り返る。

岩井 あの頃から、テレビ局でも又吉さんは連載中のエッセイをケータイで書いてましたよね。

又吉 うん。岩井はまだ書いてなかった?

岩井 僕が書くようになったのは4年くらい前からです。

又吉 岩井の1冊目に入っているエッセイを連載中に読んで、メイク室で会ったときに「面白かった」って話をしたのは覚えてる?

岩井 覚えてます。

又吉 今回の本は、同じ連載の続編だよね。岩井らしいというか、岩井そのものというか、嫌なことも言うし、優しいところもあるし、ほんま岩井っぽい。読んでて岩井を好きになっていく仕組みになってる感じがした。

岩井 1冊目を出したときに又吉さんに報告したら、「とりあえず5万部売るんやで」って言ってくれたじゃないですか。10万売れました。

又吉 思ってたよりだいぶ売ってますね。

岩井 いえいえ、又吉さんには及びません。