仲村トオルが「万田監督の操り人形になりたい」と考えた理由

映画『愛のまなざしを』の公開を記念し、11月13日に東京・ユーロスペースで舞台挨拶が行われた。

『愛のまなざしを』は、強烈な自我を持つ女性を軸に、狂気ともいえる愛を描いてきた鬼才・万田邦敏監督が、カンヌ国際映画祭にてW受賞した『UNloved』(2001年)、比類なき傑作『接吻』(2008年)に続き、共同脚本・万田珠実と三度目のタッグを組み、人間の性とエゴをあぶり出した愛憎サスペンスだ。

この日は、本編上映後にキャストの仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆり、藤原大祐、万田邦敏監督が登壇した。

仲村がはじめに、「2年前に撮影された作品が、ようやく皆さんに観てもらえる日が来たことをとても嬉しく、感慨深く思っております」と挨拶。

斎藤は「生まれて初めてカメラの前に立ったのは、実は万田さんの作品で、幼少期なんですけれど、いろんな思いが詰まって、今ここに立たせていただいております」と喜びを見せた。

万田監督は「客席の皆さんとお会いできたことをとても嬉しく思っております。観ていたただいた、映っているものすべてを撮りたい、伝えたいと思って映画を作りました。皆さんが帰って、理解できないシーンもあるけど、あのシーンのあの台詞いいよねとか、トータルでいろいろ思い出すと面白かったなと思っていただければ嬉しいです」と気持ちを観客に伝えた。また先ほどの斎藤の話を受けて、「斎藤さん、こんな(手で腰の高さあたりを示し)ちっちゃかったんですよ」と、親戚のおじさんのような微笑みをこぼした。

この作品がデビュー作となる18歳の藤原は、スクリーンの姿が2年前ゆえに、成長した姿を客席に見せる格好となった。「初めてのオーディションで掴み取った役だったんですけど、あれから2年経ちまして、(身体が)大きくなったんじゃないかと思います」と、初々しい笑顔を浮かべた。

万田監督は、仲村を主役に起用した理由について、「『UNloved』のときに初めてお会いして、とてもカッコいい人だなと思って、その後『接吻』のほか、『ありがとう』(2006年)にもゲスト出演していただきました。そういう中で信頼関係も築けたかなと思っていて、映画を作る機会があれば絶対仲村さんには出ていただきたいと思ってました。それで今回、主役をお願いしました」とコメント。

このオファーを受けた仲村はすぐに快諾。「初めて『UNloved』に出演したとき、僕にとっては革命的な出来事だったんですけど、“表に現れるものこそが表現である”というか、自分の意思とか生理とか極力排除した結果、見たことのない世界にいる初めて見る自分というのがとても嬉しい経験でした。『接吻』も大好きな作品ですし、今回も何の迷いもなかったです」と、監督への厚い信頼を語る仲村は、「万田監督の操り人形になりたい」とまで発言した。

その真意について、「20代の頃は生意気で、演出家やディレクターの方に対して『俺は操り人形じゃねぇよ』という意識を持ってたと思うんですけど、自分の心と脳みそだけで身体を動かそうとしていると、できる範囲のことが限られているなという行き詰まりみたいなものを感じ始めて。そんなときに万田監督と出会うことができて、人に操られる。もしくは人に言われたとおりに自分の肉体を操ってみるということがとても新鮮でした。それまでの限界というか、壁みたいなものの外に出られたのかなという感じがあったので、そういう(操り人形になりたい)言い方をしています」と説明した。

熱烈に愛を乞う人・綾子を演じた杉野は、クランクアップ後も「綾子が抜けていなかった」と告白。「皆さん、共感できた方はいらっしゃるんでしょうか?」とおずおずと問いかけて観客を和ませ、「まず脚本を読んだときに、こんな言動の人がいるのかなって思いました。愛をストレートに伝える、言ってみれば子どもっぽいキャラクターだったので、なかなか理解や共感しにくかったんですけど、自分が決めつけるんじゃなく、自分の考えていることを手放して。それで監督の演出について行って、万田節に浸ったほうが綾子を演じる上では正しいのかなと思って演じたんですけど、なかなか綾子を愛せなくて、自分が演じた後も嫌だなという感じが抜けなかった。でも、この2年のコロナ禍を経て、綾子のあの切実さというか、何が何でも愛をもらいたい、認められたい、好きになってほしいという感情って、彼女にとっては生きる術だった、あれをしないと生きていけなかったということだったのかなと思って、この2年で少しずつ消化していったような気がします」と、個性の強いキャラクターと向き合った苦労を振り返った。