エモーショナルな1曲『STUPiD』のフレーズで客席の心を突く

ステージ正面には、グループのロゴ「BiS」と描かれたフラッグが飾られている。定刻通りの15時に開演。ネオ・トゥリーズの「初めまして。BiSです! 学生のみんな、よろしくお願いします。行けますか? 行くぞ!」という煽りで勢いを付けたオープニングナンバーは『teacher teacher teacher』だった。

イトー・ムセンシティ部、チャントモンキー、ネオ、トギ−の4人は、曲中で両手を高く掲げる。食らいつく観客たちの手元ではサイリウムの光が輝き、ステージの動きとシンクロ。頭上のスポットライトがめまぐるしく切り替わり、場内のボルテージは1曲目で早くも高まる。

メッセージ性が強くエモーショナルなナンバー『STUPiD』は、メンバーの笑顔とは裏腹に<Yeah 人間なんて馬鹿ばっかでもLove,Love,loving you><ありきたりのマニュアルをも捨てて そしてクソみたいなうた歌うよ>と、力強いメロディと歌詞が心を突く。曲中ではチャントモンキーがロングトーンを響かせ、グループは真紅のスポットライトを浴びながら曲を締めくくった。

客席との一体感をさらに高めナンバー『LET’S GO どうも』では、腕を掲げたメンバーの動きと客席の動きがシンクロする。そこからにじむのは“WACKイズム”。スピード感あるギターリフが、心を躍らせてくれる。

MCの第一声を務めたのはトギー。「『BiSの学園天国に』にお越しのみなさん。初めまして、私たち」の掛け声を合図に、メンバー揃って「新生アイドル研究会“BiS”です」と挨拶。それぞれの自己紹介を済ませたグループは、マイクを離して地声で「よろしくお願いします!」と威勢よく叫んだ。