イラストレーターloundrawによる初監督映画

オリジナル短編アニメーション映画『サマーゴースト』の公開記念舞台挨拶が、11月14日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された。

本作はイラストレーターのloundrawによる初監督映画で、脚本は安達寛高(乙一)が担当した40分作品。

花火をすると若い女性の幽霊が現れるという、都市伝説“サマーゴースト”。噂によると、外見は二十歳前後の女性で、髪が長くて黒い服を着ており、自殺したのだという。これに影響を受けた3人の高校生、杉崎友也、春川あおい、小林涼が、夏休みにこの幽霊を探すために集まった──。

映画の上映後に杉崎友也役の小林千晃、春川あおい役の島袋美由利、小林涼役の島崎信長、幽霊・佐藤絢音役の川栄李奈、そしてloundraw監督が登壇し、満場の拍手で迎えられた。

小林は「アフレコしたのが2、3カ月前で、公開まで短かったんですけど、今日という日を待ちわびていました」と感慨深げに挨拶。

島袋は「今日これだけの方に来ていただいて、『サマーゴースト』が着々といろんな方に届いているのだなぁというふうに感じられて大変嬉しいです」と笑顔で挨拶。

島崎は「小林涼役の島崎信長です。皆さん、どうでした?」と向けると、満員の観客席はスタンディングオベーションさながらの大きな拍手でアンサー。「ありがとうございます!」と返した島崎は、「アフレコ用に資料として台本とVTRをいただくんですけど、僕すごい好きなやつだと思ってわくわくしてアフレコに向かいました。できあがったのは、アニメーションで新しいことをもっとできるんじゃないかと思わせるような作品で、非常にテンションが上がっております」と、熱量たっぷりに語った。

川栄は「私、(キャストの)皆さんとお会いするのが今日が初めてで」と、コロナ禍もあってアフレコがそれぞれ個々で行われたことを伝え、「皆さんの声がよすぎて、さっきから聴き入ってました。短い時間ですが、楽しくお話しできればなと思います」と、客席を見渡して満悦の表情。

loundraw監督は緊張の面持ちで、「正直、やっと今日という日が来たなと思っています。今日という日は一日しかないので、こうして初めて映画を観てくださった方のお顔を見られたというのが僕は嬉しいです」と興奮を隠せない様子だ。

この作品に込めた気持ちについて、loundraw監督は「“生きている”ということに対して疑問を持っている子たちが、幽霊と会って、ひと夏でいろんなことを経験するというお話です。決して強いメッセージを押しつけたいわけではなくて、この映画を観て、何か一歩前に進むきっかけになったらいいなと思っています。4人のキャラクターの心の動きをすごく意識していて、観ている人が『これ私だな』『これ僕だな』と思える要素がどこかに入っているようにと気をつけて作りました」と説明した。