Contents

ドラマから抜け出したかのような3人の姿に会場が熱狂

MBSドラマ特区枠で11月18日(木)より放送スタートした話題のドラマ『美しい彼』。

物語の主人公は、思うように言葉を発せない「吃音症」を持ち、幼い頃から周囲に馴染めず“ぼっち”を極める高校3年生・平良一成(萩原利久)と、学校のカースト頂点に君臨する圧倒的カリスマ・清居奏(八木勇征)。高校3年の春に2人が出会い、平良は清居をひと目見た瞬間から恋に落ち、クールで美しい清居のことを密かに王(キング)と崇拝し、昼食の調達に使いっぱしりにと忠誠を尽くし続けていく。

月日が経過し、大学編からは小山和希(高野洸)も登場。「性」の概念を超えて、もどかしくもキュンとするストーリーが展開する。

放送日の前日に行われた第1話先行試写&完成披露トークイベントでは、試写が行われた直後にW主演の萩原利久、八木勇征、共演の高野洸が、ドラマから抜け出したかのように劇中と同じ衣装で登壇、女性客のテンションが一気に上がって会場は熱気に包まれた。

──萩原さん演じる平良一成は、吃音症があって自己表現が苦手という難しい役柄だと思いますが、演じられていかがですか?

萩原 準備をして臨みました。平良は言葉で感情や気持ちを表現できず、心の声で自分を表現するので、対面すると、目線や表情で平良の感情を出さないといけないので、そこが難しかったです。でも、清居という存在が平良にとっては絶対だったので、清居が言葉を強く投げてくれますし、清居がトップでいてくれたので、僕は、ただただ美しいものに見入ってました。

──八木さん演じる清居奏は、平良が一目惚れしてしまうほど魅力的で、まさに「美しい彼」という存在ですが、演じられていかがでしたか?

八木 タイトルが『美しい彼』というインパクトのある作品なので、立ち居振る舞いも含めて美しい存在でいようと思って演じました。平良に会えたからこそ変わってくる、清居の心境の変化も意識しながら、今回は作品に取り組ませていただきました。微妙な感情を表現するのが難しかったです。

──高野さんが演じる小山和希は大学編からの登場で、平良に惹かれていく役どころですが、演じられていかがでしたか?

高野 実際に平良のことを本当に好きになって演じました。平良と清居は、高校生活で描かれていく中では近いようで距離があるというか、お互いの気持ちをわかりきれてなかった部分がありながら大学生活に入って、そこで平良にとって小山という距離感の近い友達ができたという流れで。

初恋のエピソードを赤裸々に告白

──この作品は男子学生の初恋がテーマですが、皆さんの初恋のエピソードはありますか?

八木 僕は保育園の先生です。すごく優しいのはもちろんなんですけど、僕が泣いているときに、僕だけをあやしてくれたんですよ。そのときに、好き~ってなってました(笑)。

萩原 小学1年生くらいかな。いつも一緒に下校している友達がいて、彼と僕の初恋の子が同じで、その子を意識していて「今日は俺の方がかっこよかったと思う」とか張りあったり、励ましあったりましたね。

高野 俺は、中学1年生くらいの時にガラケーを持ってたんですけど、GREE(グリー)がはやってて。好きな子のGREEのページを毎日チェックしてました(笑)。

──最近、プライベートでキュンと来たことやものはありますか?

八木 耳かきです。それも、ただの耳かきじゃなくて、ライトがつくんです。その耳かきから携帯に電波を飛ばしてつなげると、自分の耳の中を見ながら耳かきできるんです。でも、いまだに僕の携帯が1回も電波を受信したことがなくて(笑)、ただの耳かきになってます。一目惚れして買ったけど、裏切られたという、恋と失恋の両方を経験しましたね。

高野 僕は今期のサンマですね。見た時、一目惚れしました(笑)。お店に食べに行って、サンマのメニューがあった時点で嬉しいですね。

萩原 キュンとしたエピソード、今、急に思い出しました。突然(撮影中に)2時間くらい空き時間ができて、八木君と肉を食べようって、行く機会があったじゃん、覚えてる?

八木 行った!

萩原 山盛りのライスと、300グラムくらいのハンバーグをおかずに、パクパク食べてるのを見てました。弁当を食べたはずなのに、気持ちいいくらい口に吸い込まれていくの、肉が。

──細いのに、そんなに食べるんですか?

八木 おいしいものを食べたいから、ちゃんと(太らないよう)トレーニングもしています。

萩原 (高野に)見てほしい。キュンとするよ。

八木 あれにキュンとするの?(笑)

ドラマにちなんだ企画で露呈した3人の素顔

──ドラマにちなんで「〇〇な彼」という企画を用意しました。あらかじめ皆さんにはフリップに書いていただいております。まずは、高野さんにまつわる「〇〇な彼」を萩原さん、八木さんお願いします。

萩原 「ニコニコキラキラひょっこりな彼」。いつもニコニコしてるんですよ。で、キラキラしてて。ふとした時に横を見たりしたら、ひょこっといるんですよね。なんか小動物みたいな瞬間があるんですよ。後ろからついてくる小動物みたいな。

八木 「こんなにオーバーオール似合う人いる!??な彼」。似合いすぎですよね。(ホンジャマカの)石塚さんを見たときと同じくらいの衝撃を受けました。

高野 単にオーバーオールしか着てないからでしょ(笑)。

八木 でも、「ニコニコキラキラひょっこり」ってのもわかるし、いろんな魅力があるんですよ。

高野 まあいいですよ、ひょっこりしときますんで(笑)。

──続いては萩原さんにまつわる「〇〇な彼」です。

高野 「Cherryな彼」。玉置浩二さんのファンクラブの名前がCherryなんですよ。利久はずっと楽屋で玉置浩二さんの曲流すんですよ。「どこまでファンなの?」って聞いたら、「俺Cherryだから」って言ってて。

萩原 すみません、とにかくCherry仲間を増やしたかったんですよ。

高野 めちゃくちゃプレゼンされました(笑)。

八木 僕は、「吸いこまれる瞳の彼」。平良って目がすごく印象的だと思ったんですけど、利久も目が印象的で。初めて会ったときも、マスクの上に目が見えて、瞳に吸い込まれる感覚があったのが印象的だったので。

萩原 嬉しいですね。目に関しては、平良を演じる上でもすごく意識していたところなので、そこを褒められるとキュンとしますね。

──最後は、「美しい彼」こと清居を演じる八木さんにまつわる「〇〇な彼」です。

高野 「ぷるっぷるな彼」。マスクをしててもマスク越しにお肌のぷるぷる感がわかるんですよ。マスクを外したら唇がぷるっぷるでしたね。

──八木さんはメンテナンスというか、何か肌のお手入れは?

八木 朝の水洗顔だけですね。洗顔フォームは肌がきゅってなるからあんまり好きじゃなくて。化粧水と乳液は基本使わない。

高野 それでぷるっぷるはすごいなぁ。

萩原 じゃあ僕は、「美しい彼」。これしかないんじゃないですか?

高野 いいねいいね(笑)。

萩原 立ち方からして違うんです、スッと綺麗で。清居君も美しいけど、本人にもその美しさがあって、現場でも清居だなーと思える瞬間がたくさんありました。

八木 タイトルに恥じないように、「美しい彼」を意識してます。2話以降も皆さん楽しみにしていただけたらと思います。

──3人それぞれ全く違うキャラクターを演じられていますが、ご自身が一番仲良くなれそうなキャラクターはどなたでしょう?

八木 (高野演じる)小山。

萩原 うん、小山でしょ。優しいもん。

八木 優しいし、とっつきやすいし、オーバーオールが似合うし(笑)。

高野 たしかに俺も小山かも。

萩原 (高野は)平良か清居だったらどっち?

高野 清居かなー。でもどっちとも仲良くなれると思うよ。

八木 どっちにも良さがあるよね、うん。

──では最後に、本作の見どころをお願いします。

高野 原作も本当に面白いストーリーで。複雑な感情が交じり合っていて。恋することの美しさが描かれている中で、すれ違いとかもどかしい気持ちとかも描かれていて、面白い展開が続きます。映像も綺麗なので、最終回まで僕も楽しみにしているので、皆さんも楽しんでいただけたらと思います。

八木 僕も作品の完成がすごく楽しみです。映像美を始め、監督やスタッフで試行錯誤していろいろな思いが込められた作品になっていると思います。僕自身も展開が楽しみですし、皆さんにもぜひ見ていただきたいなと思います。

萩原 2人が言ったとおりで、スタッフキャストみんなで、とてもこだわって丁寧に作りました。同じ出来事でも、平良や清居、小山の違う目線で切り取ったりしているので、1回目と2回目で見た時に違う印象を持てて、多角的に楽しめる作品かなと思います。3人ともクセの強いキャラですが、不器用で人間味のあるところも、皆さん感じたままに見てもらえたらと嬉しいです。今日はありがとうございました。

Information

ドラマ特区『美しい彼』

MBS:11月18日スタート 毎週木曜 24:59~
テレビ神奈川:11月18日スタート 毎週木曜 23:00~
とちテレ:11月25日スタート 毎週木曜 22:30~
テレ玉:11月25日スタート 毎週木曜 23:30~
群馬テレビ:11月25日スタート 毎週木曜 23:30~
チバテレ:11月19日スタート 毎週金曜 23:00~

原作:凪良ゆう『美しい彼』(徳間書店 キャラ文庫刊)
出演:萩原利久 八木勇征
高野洸 坪根悠仁 櫻井健人 桃果 マーシュ彩 中村守里
監督:酒井麻衣(「荒ぶる季節の乙女どもよ。」ほか)
脚本:坪田文(「コウノドリ」「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」「RISKY」ほか)
オープニング主題歌:もさを。「カラメル」
エンディング主題歌:ロス「Follow」
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
幹事会社:MBS、カルチュア・エンタテインメント
製作:「美しい彼」製作委員会・MBS
配信:TVer、MBS動画イズム 見逃し配信1週間あり

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

Reporter:Takehiko Sawaki