MINIの前で初パフォーマンス

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』の勝者11人(池﨑理人、尾崎匠海、木村柾哉、後藤威尊、佐野雄大、許豊凡、大夢、田島将吾、西洸人、藤牧京介、松田迅)によって6月13日にグループは結成。テレビ出演やYouTube配信はあったものの、実際にMINI(※INIファンの総称)の前に立つのは今回が初。ボルテージがマックスまで高まっていたのは会場に集まった6000人のファンや視聴者のみならずメンバーも同様だったようで、最年長の西はMC中も「ステージ裏で泣きそうになっていた」と感極まった表情で告白していた。

プデュ(※「PRODUCE 101」の略)で奮闘するメンバーの様子がモニターに写されたあと、ステージに現れた11人は挨拶代わりに「Brighter」を披露。いきなり展開される一糸乱れぬキレのあるダンスに、ファンは熱狂しながらも息を飲むようにステージを凝視する。

「会場にお越しのみなさん!配信をご覧のみなさん!こんにちは!」と歌い終えたばかりのリーダー・木村が第一声を発すると、それに呼応するように他の10人も「Log in to US!INIです!」と声を揃える。初めてファンを目の前にしたことで興奮した様子を隠せないメンバーたちは「うおー!」「すげぇ!」と目を輝かせながら自己紹介。

ここからは番組でお馴染みの課題曲を連続して披露。「RUNWAY」ではステージを大きく使いながらポジティブなメッセージをMINIに届けていく。爽やかなメロディが、夢に向かってスタートダッシュする彼らの立ち位置とシンクロするような印象を与えていた。続いて披露された『ONE』では、アダルトでクールな一面をアピール。会場のムードもシリアスに引き締まっていく。