「ポッピンラブ!」は“焦れキュン”なラブソング

――「ポッピンラブ!」は大原さんの主演ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」(テレビ東京系)の主題歌ですが、原作や脚本を読まれて、どのように制作されたのでしょうか?

大原 このドラマはマネージャーとタレントの恋愛の話ですが、堂々とは公にできない関係じゃないですか。それって他の人から見たら、なかなか共感しにくいのかなと思ったんです。でも好きという気持ちがあって、それを相手に言えないもどかしさみたいなところはいろんな方が共感できるのかなと思ったので、「言いたいけど言えない、もどかしい気持ち」を軸に考えました。ドラマも“焦れキュン”という言葉をよく使っているので、“焦れキュン”なラブソングになったらいいなと思って書き始めました。

――お気に入りのフレーズを教えてください。

大原 たくさんあるんですけど、「頭の上にどすんと置く 手の温もりで」は、ドラマのポスターでも(大原さんが演じる)千歳の頭に(櫻井海音さん演じる)瀬那くんの腕が置いて撮影したりして、それって親しいからこそで、すごくリアルだなと思って書きました。あと「この場所だけあなたのそばにいるとき ずっとずっと 笑っていられる もっともっと笑っていたい 私が 私を 好きになれたの」は、よく友だちと「好きな人といる自分が好きだと、本当にその人のことが好きだと思う」「誰といて自分が一番笑ってるかがすごく大事だよね」という話をしていて、それを歌詞にしました。

――ミュージックビデオの見どころも教えてください。

大原 今回のミュージックビデオはスタッフさんがかわいいものをたくさん集めてきてくださったので見どころの一つになっています。特に男の子と女の子がキスする直前で「できない!」みたいな仕掛けのあるオルゴールは個人的に一番お気に入りです。あと今回は自分で振り付けをしたので、ダンスも見どころかなと思います。

――ダンスを真似したいと思っている方も多いと思います。ポイントを教えてください。

大原 足のステップも入れていますけど、手の動きだけでもしっかりダンスになる曲なので、まずは手振りを一緒にマネしてほしいです!

――ライブでファンのみなさんと一緒に踊れたら素敵ですよね。

大原 そうですね。お客さんも踊ってくれたらすごい光景だろうな〜。

――ドラマのエンディングでは、千歳としてこのダンスを披露していますよね。

大原 ちょっと不思議な感じでした。しかもエンディングでは(マネージャーの千歳がタレントの)瀬那くんに写真を撮られているから「逆じゃない?」って(笑)。カメラマンさんもドラマのチームの方でしたけど、ドラマの現場というより音楽の現場みたいな感覚でしたね。

――「ありのままの私みて 何を想うかしら?」という歌詞も印象的です。大原さんはありのままの自分を出すことに怖さや躊躇はありますか?

大原 人間は多分、誰でも「ありのままで、自然体でいよう」としていると思うんです。私は正直に自分を出していきたい人で、それに躊躇したり、怖いと思っているつもりはないんですけど、自分でも気づかないどこかで恥ずかしさとか壁があるんだろうなと思うし、出せていないのかなと思う瞬間もあります。特に大原櫻子としてデビューしたときは、別に猫をかぶりたいわけじゃないけど、すごく緊張していました。嫌われたらどうしようと思っていたわけじゃないし、自分をよく見せようとも……でもどこかでそう思っていたんでしょうね。私に限らず、誰にでもある気持ちなんだと思います。

――両A面シングルとして収録される「Greatest Gift」は、「ポッピンラブ!」とは対照的な楽曲です。制作の経緯を教えてください。

大原 「ポッピンラブ!」がこれだけハッピーなラブソングだから、余韻に浸ってそのままもう1曲もラブソングかなと思っていたんです。ドラマの撮影中に「Greatest Gift」を制作していて、あなたの夢を応援するために私は身を引くみたいなシーンがあったんですよ。たとえば恋人が海外に行っちゃうときに「じゃあわかった、私は日本にいなきゃいけないからあなたの夢を応援する」とか、いろんなシチュエーションで応援する立場になったり、友だちに戻ることも少なくないんじゃないかなと思って。ただ失恋ソングにはしたくなくて、「あなたと恋愛してよかった」と思える前向きなラブソングを歌いたかったんです。「ポッピンラブ!」とは対照的だけど、愛情や恋とかの延長線としては同じテーマだなと思って、この「Greatest Gift」を作りました。

――こちらのミュージックビデオについても、ぜひ見どころを教えてください。

大原 2人で行った思い出の場所にいるという設定で撮ったんですよ。だから表情も、イルミネーションがキラキラ輝く中での映像も、「ポッピンラブ!」とは違う魅力が広がっているなと思います。