Contents

僕たちの世代はSNSど真ん中の世代なので人ごとじゃない

――『スパゲティコード・ラブ』の脚本を読んで、どういった印象を持たれましたか?

清水 群像劇というか、いろんな人が出てきてそれぞれの独立したストーリーがある作品に出させてもらうことがこれまでなかったので、新鮮な気持ちでした。完成までほかの人の芝居を見ることが一切なかったし、現場でもほとんどお会いしていなかったので、そういった意味でもどうなるのかわからない楽しみというか、わくわく感がありました。僕の役は現代ならではの孤独感みたいなものを抱えているキャラクターで、特に僕たちの世代はSNSど真ん中の世代なので人ごとじゃないなと思いましたね。

――清水さんが演じた慎吾について、どういった部分で「人ごとじゃない」と思われたのでしょうか?

清水 彼のSNSにはフォロワーが何千人といるんですけど、いざというときに助けを求めたら全員が手を差し伸べてくれるかというと、そうではない。今の時代はいわゆる人の目につく仕事をしている人ではなくても、普通の大学生が5万人、10万人フォロワーいることだってあるじゃないですか。だから人との繋がりがたやすくなってきているというか、ハードルが低くなってきている部分もあると思っていて。繋がりが広がったり、コミュニケーションやコミュニティを広げるという部分ではすごくいい時代だとは思うんですけど、それがゆえに関係性の軽薄さみたいな部分が浮き彫りになることも多い。そういった部分で、彼を見ていると露骨に時代が出ているのかなと感じました。

――ノマド生活をしているなど、慎吾のバックグラウンドについてはどう捉えていましたか?

清水 「何にも執着しない」という、彼の人生のテーマのようなものが前提にあったんです。例えば何かを失ったり思い通りにいかなかったときに喪失感を得たり、自分に負担になるなら、ハナから執着しなければイヤな思いをしなくて済むからだと思います。ただ心のどこかではそういった理屈っぽいところに反発する感情があって、それゆえの孤独感を感じていて。でもそれを認めたくないから理屈で壁を作っているわけで。そういう細かい感情の流れみたいなものは、分析じゃないですけど考えるプロセスがありました。

――監督と役について話すことはあったのでしょうか。

清水 慎吾は性格的に気難しい人間で、でもネガティブすぎてもよくないなと思ったし、彼の理屈っぽいところだったり、理屈じゃどうしようもならないみたいな部分をどこかでわかっている、そういう塩梅みたいなものはその都度、監督と相談しました。あとは「ここで立ち上がって」「このタイミングで歩き出して」という基本的な指示もあれば、手の寄りのときに「この指を動かしてほしい」という細かい動きまでディスカッションをしながら、丁寧に作っていったという感覚です。

――そういった細かい動きへの指示で、役を掴んだ部分もあるのでしょうか?

清水 身体的な動きに関しては画(え)的な問題もあるだろうと、ある程度割り切っている部分が演じる側としてはあるんです。でも慎吾だと特に、顔に出ない部分があると思うんですよ。ちょっとした手の震えだったりとか、そういった部分に彼の本当の感情のようなものが表現されていたりするのかなと思います。

――慎吾の元恋人・心を演じた三浦透子さんとのシーンが多かったですが、共演はいかがでしたか?

清水 すごく楽しかったです。もともと面識はあったんですけど、がっつり共演するのは初めてでした。年上の先輩なので胸を借りる思いでしたね。現場でもすごく気さくだったし、芝居の温度感も心地よかったので楽しくやらせてもらいました。

――慎吾と心の関係はどう感じられましたか?

清水 難しいですよね、あの2人も。結局、好きなんでしょうね。忘れられないというか、不思議な関係性だなとは思いますけど。2人は結局、ずっと近くにいる関係性ではあるのかなとは感じました。ただの元カレ・元カノという関係性だけではない部分があるんじゃないかなと思います。

――たくさんの登場人物がいてそれぞれにエピソードがある中で、見る人によって刺さる部分は違うと思います。清水さんはどのキャラクター、エピソードが印象に残りましたか?

清水 僕の職業柄もあると思うんですけど、カメラマンの翼ですね。ちょっと立場は違いますけど、同じ業界を描いていて、夢は持っているけれども報われない人間もたくさんいて。僕は、東京という場所は夢がたくさん詰まっているけれど、その分たくさんの夢が踏みにじられている残酷な場所でもあると思うんです。そういう街に僕も生きているという意味で、人ごとと思えないというか。生々しいなとは思いつつも、自分もどこかで気付かないうちに人の人生に関わっている可能性だってあるし、すぐそばにこんな人生があってもおかしくないんだろうなというのは感じましたね。だからリアルな刺さり方をしたのかなと思います。

――完成した作品をご覧になって、台本を読んだときとは印象が変わった部分はありますか?

清水 例えばストーリーが切り替わる瞬間があるじゃないですか。群像劇だからどういう風に飛んでいくんだろうとはずっと思っていたので、映像のギミックも活用しつつ、ちゃんと作品に落とし込まれていたので、見ていて新鮮でしたし、イチ観客として面白いなと思いました。もちろん台本は読んでいましたけど、現場では三浦さんと香川沙耶さん以外は誰ともお会いしなかったので、どんな画が撮れていたかも一切知らなかったから新鮮で。本当に観客みたいな感覚で見ていました(笑)。

――今作では慎吾と友人たちとのSNSでの繋がりが描かれていましたが、清水さんご自身はSNSで縁や関係性が広がったことはありますか?

清水 ありますね。僕は結構音楽を聴くので「どんな音楽を聴くのか知りたいです」と聞かれることがあって、SNSで共有したりするんです。そしたらその海外のアーティストからリアクションがきて、「ありがとう、映画見るね」とやりとりしたこともありました。そういう意味ではリアルタイムでやりとりができるわけで、国境って関係ないじゃないですか。それはこの時代ならではだし、これまでだったら絶対できないことで。人との繋がりのハードルが下がっている以上、軽薄さみたいなものが露呈する部分もありますけど、今だからこそのできることだなとすごく感じます。

自分で選択をしないで後悔するのがイヤ

――清水さんが学生時代に夢中になっていたことはありますか?

清水 バスケットボールをやっていました。仕事するようになってからは部活に出られなくなっちゃいましたけど。あとは今と変わらず音楽は好きだったので、学生時代もずっと聴いていましたね。

――当時はどんな音楽を聴いていましたか?

清水 高校生のときは軽音部でバンドを組んでいたのでロックも聴いていたし、学生のときからヒップホップが好きで、今もそれは変わらずです。今はいわゆる流行りのポップスも聴くし、TikTokで流行っているような音楽もいったん聴いてみるし、そこに隔たりはないと思っていますね。YouTubeに出てくる関連動画から広がって、新しいラッパーやアーティストを知ることは今もあります。暇なときはずっと音楽を流しています。

――曲を聴いて、当時のことを思い出すことはありますか?

清水 めちゃめちゃあります。音楽のライブ映像を見て、当時のこととかフラッシュバックします。久々に聴くと、「あの時こんなことしてたな」「こういう服を着てたな」とかだんだん思い出してきて。いろいろな曲には沢山の思い入れがあります。

――「学生時代といえば?」という問いで想像するアーティストや楽曲は?

清水 ぼくのりりっくのぼうよみは、彼が音楽作りを始めたくらいから知っていて。同級生とCDの貸し借りをしていたんで、学生時代はわりと聴いていたかもしれないです。あと今は活動していないんですけど、PAGEというアーティスト。もともと閃光ライオットというフェスで優勝してデビューした人なんですけど、ずっと好きで聴いていました。

――最後に、ティーンの読者たちにメッセージをお願いします。

清水 僕は頑固なところがあって、親にも「あんたはよくも悪くも人の言うことを聞かないから、自分の好きにしなさい。どうせ私が言っても聞かないんだから」とずっと言われてきて、そういう部分は自覚していて。僕は自分で選択をしないで後悔するのがイヤなんですよ。そこで親や周囲の人の言うことにしたがってうまくいけばいいけど、うまくいかなかった場合は絶対人のせいにしちゃうと思うんです。人のせいにするのは何事においてもよくないので、どう転ぶにしても、自分で意思決定をすることはすごく財産になることだと思います。ただ自分の意見を突き通すだけだと、それはただのわがままですよね。そうじゃなくて、それなりの代償や責任を自分でちゃんと持って、「その後の人生を生きていくのは自分だ」と自覚した上で、どうしたいのかを今一度ちゃんと考えるべきだろうなと思いますね。あと難しいのは、何がしたいかわからないという子が多いことですよね。

――確かに多い印象です。

清水 僕は大学に行くかどうかを迷って、別にやりたいことがなかったら行かなくてもいいなと思ったんです。でも社会にはある程度の学歴がなければ新卒で採用してもらえないとか、自分の都合だけじゃ突き通しきれないことがあるじゃないですか。抗いきれない圧力で自分の思っていない方向に流れちゃったとしても、どこかで自分の意思というか「自分はこうしたい」みたいなものは強くあったほうが仕事とは関係ないところでもエネルギーになると思うので、そういう部分は常に持っていてほしいなとは思いますね。今はいろいろな情報が目に入る時代だし、いろんな立場での有名な人がいっぱいいて、自分が信頼している人の言葉に流されがちだと思うんです。これを読んで「尋也くんの言うとおりにしたら失敗しました。尋也くんのせいです」と言われるのもイヤなので(笑)、僕の言うことなんて聞かなくていいんです。僕も人の言うことを聞かないですし。ただ、「こういう考えの人もいるよ」ということと、「自分次第なんじゃないの」ということです。

Information

『スパゲティコード・ラブ』
11月26日(金)渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー

倉悠貴 三浦透子 清水尋也 八木莉可子
古畑新之 青木柚 xiangyu 香川沙耶
上大迫祐希 三谷麟太郎 佐藤睦
ゆりやんレトリィバァ 土村芳
監督:丸山健志
脚本:蛭田直美 撮影:神戸千木
主題歌:三浦透子「Never」(EMI Records/UNIVERSAL MUSIC)
©『スパゲティコード・ラブ』製作委員会

愛を模索する13人の若者たちの生き方が複雑に連鎖していく様子を、エモーショナルでスタイリッシュな映像で描いた青春群像劇。フードデリバリーの配達員として働く羽田天(倉悠貴)は、大好きなアイドルへの思いに区切りをつけるため、配達1000回を目指している。シンガーソングライターの夢を諦めた桜庭心(三浦透子)は、苦手な友だちとダラダラ過ごしている。大森慎吾(清水尋也)はフェイスブックの友だちが5000人を超えるが、本当の友だちはいない。東京をさまよう13人の若者たちの行動が複雑に絡み合い、物語は思いも寄らぬ方向へと転がっていく。出演は「夏、至るころ」の倉悠貴、「ロマンスドール」の三浦透子、「ホットギミック ガールミーツボーイ」の清水尋也。ミュージックビデオやテレビCMなどを手がけてきた映像クリエイターの丸山健志が長編初メガホンをとった。タイトルの「スパゲティコード」は、それを組んだプログラマ本人以外には解読不能なほど複雑に絡み合ったプログラミングコードを指す俗語から。

公式サイト

公式インスタグラム

公式Twitter

清水尋也

俳優

1999年6月9日生まれ。東京都出身。主な出演作に、映画『渇き。』(14/中島哲也監督)、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(15/成島出監督)、『ちはやふる 上の句・下の句/-結び-』(16/20/小泉徳宏監督)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19/山戸結希監督)、『甘いお酒でうがい』(20/大九明子監督)、ドラマ「インベスターZ」(18/TX)、「サギデカ」(19/NHK)、「アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜」(21/TX)など多数の話題作に出演。最新作に、連続テレビ小説「おかえりモネ」(21)、声優初挑戦にして主演の座を射止めた劇場アニメ『映画大好きポンポさん』(21/平尾隆之監督)、映画『東京リベンジャーズ』(21/英勉監督)等がある。待機作にドラマ「となりのチカラ」(2022年1月スタート/EX系列)、映画『さがす』(2022年1月21日(金)公開)等がある。2019年、第11回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Sonoko Tokairin, Stylist:Shohei Kashima(W), Hair&Make:TAKAI
衣装協力
shirt ¥36,300、pants ¥47,300/共にYUKI HASHIMOTO(Sakas PR)。
shoes ¥26,400/ASICS RUNWALK(アシックスジャパン株式会社  お客様相談室)、その他スタイリスト私物
お問い合わせ先
Sakas PR
TEL 03-6447-2762
アシックスジャパン株式会社  お客様相談室
TEL 0120-068-806