Contents

一匹狼だった時期が長かった

――メジャーデビューから約1年が経過しました。どんな1年でしたか?

Novel Core 昨年10月にBMSG(※SKY-HIが立ち上げたマネジメント/レーベル)が設立されて、最初は日高さん(日高光啓=SKY-HI)と僕の2人からスタートしました。この1年間でBE:FIRST、Aile The Shota、トレーニーの皆…と仲間が増えて、めまぐるしく環境が変わりました。仲間が増えたことによって感じる刺激もありますし、いろいろな取り組みが枝分かれしていって吸収することが多い1年でした。

――以前、本誌でSKY-HIさんをインタビューした際、Coreさんについて「自分に似た境遇を感じるアーティスト」と仰っていました。それはCoreさん自身も感じることですか?

Novel Core きっとお互いに孤独と向き合う時間が多いタイプなんじゃないかなと思います。以前、日高さんがインタビューで「胸を張って仲間だと言い切れる人は、決して多くはなかった」みたいな話をされていましたが、僕も同じで。友人は沢山いても、色々な感情を分かち合いながら歩いていく 〝仲間〟 という存在は今までほとんどいませんでした。一匹狼だった時期が非常に長かったので、そこは似ているかもしれません。

――インディーズからメジャーに変わることで意識の変化はありましたか?

Novel Core いろいろなフィールドを経験させていただく中で、メジャーレーベルだから、インディーズだからというよりは、一人の人間として、チームのスタッフさんたち一人一人の目を見て向き合うようにしていて。そこはメジャーデビュー後も変わらず意識し続けていることなので、インディーズとメジャーを行き来している中で自分のスタンスとして大きなズレはないですね。

――MCバトルに積極的に参加していた頃は、メジャーな仕事をすることについて相手からディスられることも多かったと思います。当時はどういう心境だったのでしょうか?

Novel Core 当時はかなり気にしていました。それこそまだ十代半ばで、単純に身体と心の成長が追いついていなかった時期だし。あまり心のバランスも良くなかったので、言われたことに対して深く傷ついたり、逆に噛みついたりしていました。今は自分のスタンスとして、自分がやりたいことを一生懸命やっていくという明確な意思を軸にしながら、自分と同じように周りの人たちにも守るべきものな譲れないものがある訳だから、それもリスペクトしたいと考えるようになりました。だから、最近は何を言われても、「1曲作れるやん」ぐらいに済ませられるようになりました(笑)。

――ラップのスタイルやリリックも大きく変化している印象です。

Novel Core MCバトルに出ていた時期は、スカしているかっこよさみたいなものに憧れていたし、人前で涙を流すことも避けていました。MCバトルから離れたくらいのタイミングから、自分に素直に生きるほうが、長い目でキャリアを見たとき、絶対に健康的だなと思い直して。僕が素直になったら、周囲の人たちも壁を作らずに接してくれるようになって、気持ちの変化と共に音楽のスタンスも大きく変わりました。自分から変に壁を作っていたことを後悔して、素直に思ったことや感じたことを歌うようになりました。

――楽曲もヒップホップという枠にとらわれず、いろんな方向性にチャレンジされています。

Novel Core BMSGに入ってからは、常に日高さんが近くにいるのが大きいと思います。日高さん自身がいろんなジャンルをオールラウンドにこなす方だし、どの側面も 〝圧倒的にプロ〟 なので、日高さんが近くにいると、今の自分に慢心することは絶対になくなる。必然的にクオリティーを上げることや、ボーカルの種類を増やすことなど、課題を見つけてチャレンジしていくようになりました。

――もともとはどのような音楽を聴いていたんですか?

Novel Core ロックもクラシックもJ-POPもK-POPも、オールジャンルです。昔からめちゃめちゃ音楽が好きでした。でも、その数のインプットに対し、アウトプットする機会が少なかったので。BMSGに入ってからはその機会を増やしていただいているので、いろいろ試してみています。

――メジャーになってから歌モノも増えています。

Novel Core 自分で聴いていても、今回のアルバム『A GREAT FOOL』と、インディーズで自主制作した前回のアルバム『WCMTW』とでは明確に差が出たと思っていますし、クオリティー面に関しての意識が圧倒的に上がりました。歌詞の聴き取りやすさやピッチの安定感など、根本的な部分を含めて、大きく成長できました。この1年で少しずつ色んなスキルがついて、できることが増えたので、その喜びは大きいです。

逆境に立たされたときに真価が発揮されるタイプ

――新しいスタイルに挑戦する上で、参考にしたことはありますか?

Novel Core BMSG主催のオーディション「THE FIRST」が放送されていた期間に、参加者のみんながボイトレの先生や日高さんからディレクションを受けている様子を番組上で見ていて、それをとことん盗んでいったという感じです。

――視聴者として盗んでいたんですか(笑)。

Novel Core そうなんです(笑)。自分はボイトレ等はまだ完全未経験なので、番組をひたすら見て、巻き戻したりして「なるほど、ここからこう声を出すんだな」とか「こういう意識で声を出しているんだな」と勝手に盗んで、レコーディングした自分の声と何回も聴き比べて、自宅でトライアンドエラーを繰り返していました。「ここは巻き舌が少し入るといいな」「意外と自分はファルセットの音域が広いな」など、いろいろな発見がありました。

――『A GREAT FOOL』のコンセプトを教えてください。

Novel Core ちょうど20歳になったタイミングから制作がスタートして、21歳になるまでの1年間を切り取ったアルバムで。子どもから大人になっていく瞬間、その境目で制作したアルバムという感覚があります。絵空事で腹を抱えて笑えていた子どもの頃のまま生きていたい気持ちもあるし、大人としての協調性みたいなものが必要になる瞬間もあって…子どもと大人の狭間の感情を素直に描写しました。「A GREAT FOOL」というタイトルは「恐れを知らない大馬鹿者であれ」というコンセプトに基づいたものです。僕達人間って大人になっていくにつれ、少しずつ賢くなっていって、身の丈以上の夢は見ないように、自分らしさを押し殺すように、諦めて生きていくことに慣れていく。でも僕は、馬鹿を見てもいいから、常に根拠なき可能を掲げて生きていきたい。そして皆にもそうあってほしいという思いを表現した作品です。

――豪華なアーティストとコラボされていますが、どのような基準で選ばれたのでしょうか?

Novel Core 後にも先にも「1st」が付く作品はこれが最後です。何年か経って改めて聴き返したときに、一緒に作ったことに意味があったなと思える人たちとやっておきたいという気持ちから、SKY-HIさんやAK-69さん、SG(ソギョン)くんに声をかけさせてもらいました。

――先行シングル「PANIC! feat. SKY-HI」は、どういう経緯でコラボしたんですか?

Novel Core 『WCMTW』のときに日高さんと「Doze Off」という曲でご一緒させていただいて。そのときは先輩後輩という感じで、まだレーベルの話は出ていなかったので、お互いがお互いのインディペンデントな車に乗って、ブレーキを踏まずにレースをしている感覚でした。それから1年経って、今は共に人生を歩んでいく関係になり、2人で同じ車に乗っかって、いろんな感情を味わいながら生きている。それを改めて楽曲にしたかったんです。それで日高さんに「また1曲やりたいんですけど、どう思いますか?」と言ったら、二つ返事で「やろうやろう」とOKしていただきました。これも日高さんと僕の共通点の1つなんですが、痛み、苦しさ、焦りみたいな負の感情を、アトラクションとして楽しむ性質があるというか、逆境に立たされたときに真価が発揮されるタイプで。それを曲にしてみたという感じですね。

――AK-69さんはヒップホップ界のレジェンドの一人です。

Novel Core AKさんはまさにヒップホップシーンのキングという認識です。緊張感がありながらも、いつも優しく接してくださって。世代間のヒップホップに対する向き合い方の違いはありますが、お互いの世代に圧倒的なリスペクトがあるので、刺激が多くて楽しいコラボでした。

――ちなみにMCバトルに出ていた頃、先輩たちと戦うのはいかがでしたか?

Novel Core やっぱり、やりづらいですよ(笑)。バトルはエンタメというか、プロレス的な要素もあって。でもお客さんたちは本気で戦っているところを求める性質もあります。長い間MCバトルシーンにいると、仲良くなっちゃうんですよね。でも、いざステージで対面したときには、相手を迷いなく斬りにいく必要があって、、そこに最初は抵抗感もありました。ただMCバトルで強い先輩方、たとえば呂布カルマさんなんかを見ていると、迷いなく相手を斬っていくんですけど、そこにはリスペクトがあるんですよね。自分にない一面だったので、すごく刺激をもらいます。

――当時はCoreさんも迷いなく先輩方を斬っているように見えていました。

Novel Core バトルのときはできるだけスイッチを入れるようにしていました。ただ今年10月9日に日本武道館で開催された「戦極MCBATTLE 第24章」に出場して、それが2年ぶりのMCバトルだったんですけど、今の僕には「むずいな」と思いました(笑)。違うフィールドで音楽と向き合い続けた2年だったので、一対一で戦う難しさを感じました。

多方面から影響を受け日本語ラップの道へ

――この世界に入るまでのことについてお伺いします。ヒップホップに惹かれたきっかけから教えてください。

Novel Core 最初はYouTubeで出合った海外のラッパーのインストでした。レゲエとかR&Bとかいろんなジャンルのミックスで、単純に音が面白いなというところから始まって。その後はKendrick Lamar、Logic、J. Coleみたいな、コンシャスなラップをするラッパーたちの作品を聴いて、社会性があって、メッセージが強く前面に出る音楽だなと思って惹かれていきました。

――トラックメイカーではなく、ラッパーを選んだ理由はありますか?

Novel Core はっきりと自己主張がしたかったんだと思います(笑)。ラップを始める前にのめり込んでいたクラシックに出合った時も、中学校の合唱コン(合唱コンクール)で指揮者に立候補したのがきっかけで。体育祭だと、いわゆるヤンキーっぽい子たちが目立ってしまうけど、合唱コンはそういう子たちが前に出てこないですよね。だから目立とうと思って立候補した!みたいな。生まれつき自己顕示欲が強いタイプでしたね。

――周りにラップをやっている方はいましたか?

Novel Core それが一人もいなくて。最初は自宅でずっと音楽を流しながら、壁に向かってラップをし続けるみたいなことをやっていました。今思えば、当時は恭一郎さんとか、ニコニコ生放送なんかでラップをやっている人の真似をしてみたりしていました。僕が人生で初めて買ったCDも、ぐるたみんさんという歌い手の『EXIT TUNES PRESENTS る 〜そんなふいんきで歌ってみた〜』というアルバムで、次に買ったのがDr.Dreですからね(笑)。本当に多方面から影響を受けています。

――Coreさんのラップはフリースタイルでも言葉が明確で聴き取りやすいですが、歌い手の影響もあったんですね。

Novel Core 歌が歌える人たちのラップには、やっぱりキーが合っている気持ち良さもあるし。歌詞の聴き取りやすさも、確かに当時から意識していたかもしれません。

自分の人生を一本の映画にたとえる

――高校は何年生のときに中退したんですか?

Novel Core 1年生で中退しました。その時期は渋谷の路上に週4日ペースで繰り出して、スクランブル交差点のTSUTAYA前でスピーカーを置いて、ドラム、ビートボクサー、当日に乱入してくる人などと一緒にフリースタイルセッションやサイファーをやっていました。

――高校を中退した理由は?

Novel Core ラップを頑張りたかったので退路を断ちたかったというか、専念したかったのと、あとは当時いた彼女との関係で荒んでいたこともあって、ちょっと疲れていた時期で。このまま無理して学校に通い続けるよりも、自分の今やるべきこと、やりたいと思っていることに集中したほうがいいんじゃないかということで、母親に相談して中退しました。

――お母さんは理解してくれましたか?

Novel Core 相談をしたときに、母親は「そう言うと思っていた」と。「高校を出ていないと、仮に音楽の道を諦めて違う仕事に就くとなったときに大きなデメリットになるし、それは覚悟した上で、それでもやりたいと思うんだったら思う存分やりなさい。どこまで行ってもあなたの人生だから」という風に背中を押してくれました。

――いい親子関係ですね。反抗期はなかったんですか?

Novel Core 生まれつき反抗期だったんじゃないかな(笑)。でも家族とは根本的に仲が良くて。学校であったこととか、ちょっと嫌なこととかでも包み隠さず話すぐらい距離が近かったんです。ケンカすることもありましたが、お互いに近い距離で常に感情を吐露し合っていました。

――ご自身の決断に自信はありましたか?

Novel Core 根拠なき自信だけが武器でした。サイファーをやっていた当時は、いつか絶対に大勢の人の目に触れる機会があると信じていました。実際、少しずつ路上パフォーマンスが注目されるようになっていって、改めて本腰を入れてやるべきことなんだと自覚しました。そしたら「高校生RAP選手権」に初出場する半年前ぐらいにZeebraさんから声がかかったんです。

――それはすごいですね。

Novel Core Zeebraさんがある中学校のハロウィンイベントでライブをされたんですが、前座に若くてフリースタイルが上手い子を探されていて。ラッパーの先輩伝いで僕のところに連絡が来たんです。それで「ぜひ!」ということで中学校に行ってラップしたら、その日にZeebraさんが連絡をくださって、「お前マジでヤベーから、うちの事務所に1回遊びに来いよ」と。それで翌週、事務所に行って、レーベルに入ることが決まったんです。

――急展開だったんですね。傍目にはとんとん拍子に見えます。

Novel Core 高校を辞めたり、自分を追い詰めたからこそ今があると思います。ただ高校の残りの2年間は貴重な青春時代で、人生において大事な期間だったとも思います。それが空白になったことに悔しさを感じるときもあって。なので失った青春を音楽で取り戻しに行くみたいなものも活動をしていく上で大きなテーマです。

――最後にティーンの読者にメッセージをお願いします。

Novel Core アルバムの中に入っている「THANKS, ALL MY TEARS」という曲の中でも歌っているんですけど、長い自分の人生でつらいことがあったときとか、悩んでどうしようもなくなったときって、自分の人生を一本の映画にたとえるんです。エンディングを華やかに、感動的なものにするためには、挫折したり、絶望したり、悩んでどうしようもなくなっちゃうシーンも撮影しなきゃいけないという風に捉えるようにしています。進路で悩んでいる子たちも悩み始めるとキリがないと思いますが、今はそういう悩むシーン、挫折するシーンの撮影中なんだと思って、エンディングに向けて胸を張って生きていってほしいです。

Information

Major 1st Album
『A GREAT FOOL』
12月15日(水)リリース
CD+DVD¥5,500(税込)
CD¥3,300(税込)

01: intro
02: A GREAT FOOL (Prod. Takuya Yamanaka from THE ORAL CIGARETTES)
03: DOG -freestyle- (Prod. Yosi)
04: PANIC! feat. SKY-HI (Prod. Matt Cab & MATZ)
05: WIN feat. AK-69 (Prod. Yosi)
06: WAGAMAMA MONDAIJI (Prod. KM)
07: LOVE SONG feat. SG (Prod. Yackle)
08: 2021 (Skit)
09: PERIOD. (Prod. Yackle)
10: THANKS, ALL MY TEARS (Prod. UTA)

公式サイト

Novel Core

ラッパー

「BAZOOKA!!! 第12回高校生RAP選手権」での優勝、Zeebra主宰のレーベル 「GRAND MASTER」との契約、SKY-HIのミックステープ「FREE TOKYO」への参加など、着実に結果を残し続け、その名を全国へと広げる。2020年1月、ABEMAの大人気恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』への出演がきっかけとなり、ティーンを中心に絶大な支持を獲得。同年4月にリリースされた1st Album『WCMTW』はiTunesをはじめとする多数のチャートで首位を独占、大きな話題となった。2020年10月、SKY-HIが立ち上げたマネジメント/レーベル「BMSG」 に第一弾アーティストとして移籍、BMSGとavexが共同で設立する音楽レーベル「B-ME」からメジャーデビューを果たす。音楽のみならず、様々なシーンでの活躍に大きな期待が集まる最注目のアーティスト。

Photographer:Yusuke Kusaba,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Yuji Yasumoto, Hair&Make:Asami Harano
衣装協力
ニット ¥74,470 WE11DONE / NUBIAN HARAJUKU
パンツ ¥38,720 Needles / NUBIAN HARAJUKU
金額はすべて税込