多方面から影響を受け日本語ラップの道へ

――この世界に入るまでのことについてお伺いします。ヒップホップに惹かれたきっかけから教えてください。

Novel Core 最初はYouTubeで出合った海外のラッパーのインストでした。レゲエとかR&Bとかいろんなジャンルのミックスで、単純に音が面白いなというところから始まって。その後はKendrick Lamar、Logic、J. Coleみたいな、コンシャスなラップをするラッパーたちの作品を聴いて、社会性があって、メッセージが強く前面に出る音楽だなと思って惹かれていきました。

――トラックメイカーではなく、ラッパーを選んだ理由はありますか?

Novel Core はっきりと自己主張がしたかったんだと思います(笑)。ラップを始める前にのめり込んでいたクラシックに出合った時も、中学校の合唱コン(合唱コンクール)で指揮者に立候補したのがきっかけで。体育祭だと、いわゆるヤンキーっぽい子たちが目立ってしまうけど、合唱コンはそういう子たちが前に出てこないですよね。だから目立とうと思って立候補した!みたいな。生まれつき自己顕示欲が強いタイプでしたね。

――周りにラップをやっている方はいましたか?

Novel Core それが一人もいなくて。最初は自宅でずっと音楽を流しながら、壁に向かってラップをし続けるみたいなことをやっていました。今思えば、当時は恭一郎さんとか、ニコニコ生放送なんかでラップをやっている人の真似をしてみたりしていました。僕が人生で初めて買ったCDも、ぐるたみんさんという歌い手の『EXIT TUNES PRESENTS る 〜そんなふいんきで歌ってみた〜』というアルバムで、次に買ったのがDr.Dreですからね(笑)。本当に多方面から影響を受けています。

――Coreさんのラップはフリースタイルでも言葉が明確で聴き取りやすいですが、歌い手の影響もあったんですね。

Novel Core 歌が歌える人たちのラップには、やっぱりキーが合っている気持ち良さもあるし。歌詞の聴き取りやすさも、確かに当時から意識していたかもしれません。