Contents

新たな世界観を提示して高得点を記録した「SEGA SAMMY LUX」

開幕戦で同率1位だった「KADOKAWA DREAMS」と「SEGA SAMMY LUX」によるオープニングパフォーマンスで幕を開けたROUND.2。

トップバッターは、「LIFULL ALT-RHYTHM」。初戦は11位と悔しい結果に終わり、雪辱を晴らすべく臨んだ今回のショウケース。「既存にはないダンスの動きを、みんなで探していく。同時多発的にいろいろなことが起こり、共時性ができて絵になっていく」というテーマを表現した。前半は黒いマスクをした6人のダンサーが、盲目と思われる男性を導き、美容師と思われる男性が彼のヘアや洋服をデザインしていく。椅子、鏡、白杖、ホウキなどの小道具を巧みに使いながら、流れるように踊り、後半は白い衣装に着替えした盲目の男性が、鮮やかに舞い、それを祝福するように他のダンサーがヘアスプレーを浴びせる。まるでアート作品を観ているような、立体感のある構成に、ジャッジの長谷川達也は「多様性を体現した作品。盲目の男性が自由を獲得していく様が感動的で、視覚的に面白かった」と評した。


©D.LEAGUE21-22

前回は10位と不本意な結果に終わった「dip BATTLES」は、その悔しさをバネに、闘志を剥き出しにした作品で勝負。ディレクターのSHUHOの他に、3人のアシスタントディレクターを擁するdip BATTLESだが、今回の作品を手掛けたのは数多くのダンス大会で優勝経験を持つWAPPERで、ウエストコーストのカルチャーを存分に詰め込んだ。プリミティブなメイクを施したダンサーたちは、ステージをストリートさながらの自由さで躍動し、緩急きいたダンスを展開。ジャッジのCHIHARUは「楽しめたし、グルーヴを感じられた」と評価しながらも、「1つの作品として良かったが、優勝するにはもっとメリハリや攻める箇所があるといい」とアドバイス。


©D.LEAGUE21-22

前回優勝の「KADOKAWA DREAMS」は、ブルーのベンチコートでカジュアルに登場。ベンチコートを颯爽と脱ぎ捨てると、赤と青を基調にしたスポーティーな衣装が現れ、アスリートさながらの戦闘態勢を感じさせる。「とにかく練りに練って、ゴリゴリに攻めていく!」というオープニング映像での言葉通り、多彩なフォーメーションを繰り広げながら、どこか不良っぽさを感じさせる不敵なダンスで突き進み、メンバーのHINATA.Mはダンクシュート以上に高いジャンプを華麗に決めて、68点という高得点をマークした。


©D.LEAGUE21-22

「FULLCAST RAISERZ」は、主役をKID TWIGGZに据えて、彼がKRUMPの世界大会で優勝したときの「Graviz」というKRUMPのスタイルを取り入れた作品で勝負。赤い手袋とキャップをポイントにして、いくつもの赤いキャップを階段のように駆け上がる斬新な技など、矢継ぎ早に大技が飛び出す立体的なパフォーマンスを展開。しかし得点は62点と伸び悩み、その要因をジャッジのUCHIKOは「前半に挑戦した技がしっかりと決まれば、もっと爆発したと思う」と分析した。


©D.LEAGUE21-22

「天使と堕天使の争い」をテーマに掲げた「Benefit one MONOLIZ」は、青とオレンジのボディコンシャスな衣装で色分けした4人ずつの2チームに分かれて登場。「ボール・ルーム」と呼ばれるヴォーギングの技を競い合うコンテストをモチーフにした作品で、2チームが覇権を争うかのごとく熱いバトルを繰り広げる。ステージ全体を使って青とオレンジが入り混じるカラフルな構成で、柔軟性を活かした軟体技が随所に飛び出した。その美しさにジャッジのテリー伊藤は「美と退廃が同居している」と絶賛した。


©D.LEAGUE21-22

前回優勝の「SEGA SAMMY LUX」は、オープニング映像でTAKIが「期待を超える作品を用意する!」と宣言。黒い布で全身を隠してステージに登場し、その布を取り払うと、同チームで初めての女性ダンサーとなるRAARA(らあら)が現れる。無数の突起物をあしらった赤いエナメルのボディスーツを着た彼女は、これまで不動の8人メンバーで闘ってきたSEGA SAMMY LUXが初めて投入するSPダンサーだ。7人の男性メンバーはRAARAと同じ衣装の黒バージョンを身にまとい、RAARAをセンターに据えながら、サイバー感のある、それでいてセクシーさも兼ね備えたパフォーマンスで魅了。ジャッジの向井地美音は「世界観にのめり込んだ」と語り、得点も75点と前回に引き続き70点台を記録してトップに躍り出た。


©D.LEAGUE21-22

「dip BATTLES」がオーディエンスジャッジで最高得点

開幕戦は出場しなかったリーダーのAIRIが主役を務め、「可愛いを捨てて、ダークな部分を見せる大人なI’moon」をテーマにした「USEN-NEXT I’moon」は、黒と赤の鮮やかな衣装で登場。メンバーそれぞれが美を競い合うように、狂おしく、艶めかしい、パッションを感じ察せるダンスを繰り広げたが、58点という厳しい結果に。ジャッジのSTEZOは、「まさに僕がI’moonで見たかったショウケースで、妖艶でクールで素敵だと思った」と評価しながらも、音の取り方やスピード感が失速した後半の構成などを課題に挙げた。


©D.LEAGUE21-22

「お客さんを巻き込んで見せていきたい!」という意気込みで臨んだ「avex ROYALBRATS」は、イントロの波のように寄せては返す動きから一転して、高速ラップに乗せて、スピーディーかつ複雑なダンスを流麗に決めて、見事に静と動を表現した。69.5点と、この日2番目の得点をマークして、コメントを求められたKooDaは「出せるものは全て出しました。楽しかった!」と満足げな表情を浮かべた。


©D.LEAGUE21-22

「SEPTENI RAPTURES」はメンバー全員がアフロのウィッグを被り、70年代風のファッションで登場。ビートのきいたディスコサウンドに乗せて、令和版「サタデーナイトフィーバー」とも言うべきファンキーなダンスでステージを彩った。途中でウィッグを外すと、それぞれ色の違う現代的なカラフルなヘアとなり、弾けんばかりの笑顔を浮かべて音に乗りまくった。


©D.LEAGUE21-22

「CyberAgent Legit」は、オープニング映像でメンバーの地獄が「言葉」と「身体」だけで「ありのままの自分たちを表現」と語った通り、音楽の一切ないラップのみをバックにパフォーマンス。自分たちの置かれた状況や、他チームへの思いなどを綴ったリリックに合わせて、様々な表現を駆使して身体能力の高さを見せつけた。まさに言葉と身体だけというシンプル極まりない表現でありながら、重層的な景色が繰り広げられた。


©D.LEAGUE21-22

前シーズンを通じて、初のトリを飾った「KOSÉ 8ROCKS」。開幕戦で3位という好成績を残した勢いそのままに、今回も目が回るほど怒涛の勢いで大技を繰り出していく。中でもISSEIとRyo-spinは重力を無視したかのようなアクロバティックなブレイキンをこれでもかと見せつけ、68.5点という、この日3番目の高得点を獲得した。


©D.LEAGUE21-22

70点台をマークしたのは1チームという、厳しめのジャッジが下されたROUND.2は、オーディエンスジャッジを加算した点数でも「SEGA SAMMY LUX」が他を圧倒して、見事に2連覇。ディレクター兼リーダーのCanDooは「RAARAのおかげで優勝ができました。近未来からRAARAを連れて来たBOBBYさんに感謝です」と前ディレクターにリスペクトを捧げ、「これからもビックリさせますし、スペシャルなエンターテイメントとダンスを盛り込んでいきます」と今後の意気込みを力強く語った。MVDにISSEIが選ばれた「KOSÉ 8ROCKS」もトータルランキングで2位と好位置につけている。また審査員のジャッジは10位と伸び悩んだものの、オーディエンスジャッジが20点と最高得点を獲得した「dip BATTLES」の健闘も頼もしかった。


©D.LEAGUE21-22

まだまだ始まったばかりのD.LEAGUE 21-22、次回ROUND.3は12月9日開催。どんなショウケースが繰り広げられるのか期待は膨らむばかりだ。

第一生命 D.LEAGUE 21-22 REGULAR SEASON ROUND.2
日時:2021年11月25日(木)
会場:東京ガーデンシアター(東京・有明)
©D.LEAGUE21-22

Information

注目のROUND.3は12月9日(木)18時半からD.LEAGUE公式アプリなどで無料で生配信!視聴方法、詳細は公式サイト、アプリ、SNSをチェック。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

Photographer:Keita Shibuya ,Reporter:Takahiro Iguchi