Contents

曲作りのスタンスはメジャーデビューしても変わっていない

――メジャーデビューされて、ご自身の中で何か変化はありましたか?

川崎 書く内容やコンセプト・歌詞の世界観はあまり変わってないですね。ただメジャーになってからは、アレンジャーさんが付いたり、良いスタジオでレコーディングさせていただけたりするので、クオリティでの変化は大きいと思います。あと「この曲だったら、もっとこういう風にしたら良くなるよね」というのを、僕一人ではなくて、みんなで一緒に考えられるのも良かったところです。でも個人的に大きな変化だと感じるのは、「魔法の絨毯」を聴いていただけるようになったことです。あの曲で僕は人生が変わりました。

――「魔法の絨毯」は2020年8月にTikTokでバズって大きな話題になりました。

川崎 「魔法の絨毯」は2016年に書いた曲で、2018年にリリースしました。その当時の感覚や思っていたことが、2020年になって皆さんに届いた。正解が分からないまま活動してきたんですけど、なんとなくの答え合わせみたいなものが、4年の時を経てできました。だからこそ、あの時の気持ちを変えてはいけないなと自分の中で再確認できたので、曲作りのスタンスに関してはメジャーデビューしても、あまり変わっていないです。

――『カレンダー』の前半は豪華なアレンジが施された曲もありますが、後半は前作のアルバム『I believe in you』に近い肌触りを感じました。構成で意識した部分はありますか?

川崎 構成に関しては、あまり意識はしていないですけど、曲ごとにアレンジを意識しました。たとえば「僕と僕」「あなたへ」に関しては、力強く歌いたいというのがあったので弾き語りにして。「カレンダー」「Young Song」に関しては、よりパワフルに、よりエネルギッシュになるように考えた結果、アレンジャーさんに付いてもらいました。曲順に関しては、世界観で曲順を選んでいる訳ではなくて、これまで僕がやってきたステージだったり、30分や1時間のライブを組み立てた時に、どういう順番で歌おうかなと考えた曲順という意識が一番強いかもしれないです。

――どの曲も最初の息遣いを大切にされている印象を受けました。

川崎 そうですね。バンドだと、いろんな音数があり、伝えるべきことがたくさんあって、何度も聴いて、より深くなっていくと思うんです。それに対してアコースティックギターの弾き語りは、ギターと歌詞とメロディーを一発で伝えることができる表現です。だからこそ言葉の前のブレス、音の置き方、息の使い方、語尾の伸ばし方や切り方など、全てにこだわります。このアルバムに関しては、全曲弾き語りで成り立つのを大前提でやっていて、アレンジをしていただいたことで、よりかっこよくなっている曲もあるんですけど、それがなくても一人で立ち上がれる曲というスタンスは一貫しています。

――年齢に応じた感情や考え方は曲に色濃く出るものですか?

川崎 色濃く出るどころか、それしかないと思いますね。僕は苦しい時代を長く過ごしてきて、いろんな人と出会って、いろんな経験もして、大変なことや腹が立ったこともあるし、裏切りなども経験している。そんなことを自分で振り返りながら、言葉を紡いでいった結果、この9曲になったという感じです。

――負の感情から生まれたものを曲にすることもありますか?

川崎 負の感情で書くこともなくはないですが、それをどうポジティブに変化させるかという書き方の方が強いです。たとえば「僕と僕」や「ヘイコウセカイ」はネガティブな部分や苦しかった時のことを歌っています。いろいろ選択してきた中で、諦めたことや辞めたこともあります。でも結局、選んだ道は自分次第なので、どっちの道を選んでも良いんです。選んだ後、自分がどう思うかということをプラスに変換して、前向きになれるように描いたのがこの2曲です。

――「魔法の絨毯」は10代からも絶大な支持を集めていますが、その世代に響くと想定していましたか?

川崎 驚きでした。10代の皆さんに聴いてもらいたいと思って書いてないですからね。もっと言うと、ある世代に向けてとか、日本中の皆さんに分かってほしいいう気持ちもないんです。一貫して僕は自分の大切な人のために書いていて、それは今でも変わりません。本当に大切な人、信じられる人に届くものがベストだと思っています。だからこそ「魔法の絨毯」がTikTokでいろいろな方に聴いていただけるようになったのは不思議な感覚でした。もちろん「魔法の絨毯」は以前からライブで歌っていましたけど、お客さんが2人ぐらいで誰にも聴いてもらえない中、ステージで本気で歌っていました。それが「なぜ今頃?」という気持ちと、自分がやってきたことは間違っていなかったという気持ち、いろんな感情が沸き起こりました。

――どうして若い世代に響いたと思いますか?

川崎 若い世代にヒットしたのは、なるべくしてなった訳じゃなくて、時代の流れや流行っている音楽もあるだろうし、社会がどういう音楽を求めているのかというのも影響していると思います。いろんなタイミングがカチッとハマったときに初めて「魔法の絨毯」が響いたという結果論だと思います。特に確信もないですし、あくまで僕の信じるものを生み出し続けるべきだと思うし、そこに一喜一憂はしていないですね。10代の皆さんに向けてバズるようにとか、フックのある言葉を使ってとかやり始めると上手くいかないでしょうし、そうすると自分がブレますから。

歌手になろうと思ったきっかけは高校3年生の文化祭

――キャリアについてお伺いします。お父さんがライブバーを経営されているそうですが、小さい頃から身近に音楽があったということでしょうか?

川崎 ライブバーの営業は夜中なので、自分が寝ている間にお父さんが仕事に行って、僕が学校へ行っている間にお父さんは家に帰ってきてと、すれ違いの生活でした。なんとなくライブバーというもので働いているというのは分かっていましたけど、そこに小学生の僕が行くこともなかったですし、音楽が身近にあるという感覚はあまりなかったかもしれないです。音楽に関しては、兄貴の影響が大きいですね。小さい頃から、兄貴が見つけてきた音楽のおさがりを僕が聴くみたいな。

――たとえば、どんな音楽でしょうか?

川崎 昔から兄貴は「マキシマム ザ ホルモンさんを日本で最初に見つけたのは俺だ」って訳の分からないことを言っているんですけど(笑)。マキシマム ザ ホルモンさんを始めとしたロックだったり、ゆずさん、秦基博さん、さらには東方Project系、歌ってみた系、初音ミクなども聴いていて、いろいろな音楽がバックグランドとしてあるんです。それは、たぶん兄貴の影響で。高校生になると、僕の本当に好きな音楽って何だろうと考えるようになって、清水翔太さん、Mr.Childrenさん、AIさん、Superflyさん、エレカシさんなど、力強い歌声の方々にどんどんのめり込んでいきました。僕のマネージャーは高校時代からの仲間なんですけど、そういう音楽を一緒に聴いていました。

――そういうアーティストの方々に影響は受けているんですか?

川崎 直接的な影響はないと思いますが、やっぱり聴いてきた音楽は少なからず染み付いていますし、メロディーの取り方や言葉の詰め方に関しては、いろんなジャンルからもらっている部分はあるんじゃないかなと。

――歌うこと自体は昔から好きだったんですか?

川崎 小さい頃から家ではよく歌っていましたし、兄貴とお風呂に入った時に一緒に歌うこともありました。高校生になると、バイトで稼いだお金で遊べるようになるので、マネージャーとカラオケに行くことも多かったです。大勢の人前で歌うということに関しては、高校3年生の文化祭が初めてです。マネージャーと2人で「366日」(HY)と「真夏の果実」(サザンオールスターズ)を歌いました。

――高校時代には音楽で生活していきたい気持ちはあったんですか?

川崎 ありました。親が音楽の仕事をやって、自分も歌うのが好き。やりたいことをやりたい。だったら音楽でご飯を食べられるようになったら幸せだよな、みたいなことはなんとなく思っていました。ただ具体的に「歌手になりたい」って思うようなったのは、マネージャーと文化祭で歌った日でした。

――大学に行って就職するという道もある中で、音楽を選んだのは、自分の中で表現したいという欲求が強かったからでしょうか?

川崎 単純に想像できる未来に進んでいくのが嫌なだけで、表現したいっていう気持ちはなかったです。大学に行って、就職して、20代後半になったら部下がついて、30代になったら役職が上がって、でも給料はそんなに上がってなくて、そのまま定年退職して、子どもに向かって「父ちゃんも若い頃はな」と話して……。そんなところまでリアルに未来が想像できたので、何にも見えない世界に飛び込みたいというのがありました。その中で好きなものが音楽だったというだけです。

――ご家族の反応はいかがでしたか?

川崎 高校3年生になるまで音楽をやりたいなんて言ったこともなかったので、お母さんは驚いていました。でもお父さんは、「甘い世界じゃないし、自分で責任を負う世界だけどチャレンジしてみたら?」みたいな感じでした。

音楽番組や人のライブを観るのも嫌だった

――18歳からギターを始めたとのことですが、それまで手にしなかったのはなぜですか?

川崎 あくまで歌うことが好きだったから、ギターを弾きたいという考えに行き着かなかったからですね。東京に出てきて、音楽の専門学校に入って、作詞作曲をするとなって初めてギターが必要だと気づいたんです。それでギターを始めました。

――すぐにギターには熱中しましたか?

川崎 そうですね。ギターを覚えるのも楽しかったんですけど……いや、どちらかというと悔しい気持ちが強かったです。初めてライブハウスに出た時に、一人30分間で5曲ずつライブをやりました。一緒に出たメンバーは同級生3人で、彼らもアコギ1本で曲はすべてオリジナル。僕は1曲だけオリジナルで、4曲はカバー、しかもギターは全然弾けない。そんな初ライブを経験して、世の中にはすごい奴がたくさんいるって現実を目の当たりにして。それから2年間、死にもの狂いで練習しまくりましたね。僕の原動力は楽しさよりも悔しさの方が大きいので、いい経験になりました。

――専門学校時代から、今のヴォーカルスタイルだったんですか?

川崎 専門学校の2年間は、音楽面だけではなく体作りとか、いろいろ学ぶことがたくさんありました。でも歌は歌い続けないと形にならないので、喉で歌っていましたし、力任せで雑ですし、今の形には到底なっていなかったです。

――今の力強い歌声は卒業後に出来上がったということでしょうか?

川崎 専門学校を卒業して、ライブをたくさんするようになってからです。ここ最近だと思います。最近たまたまマネージャーが持っていた2018年ぐらいの動画を観ましたけど、3年前でも今と違いますからね。たくさん大きいステージに立たせてもらって、テレビでも歌わせていただく機会が増えて、そのプレッシャーや覚悟、向き合い方がそれまでと全く違って。関わる人も多いですし、何十台ものカメラを構えられている中で何を残せるかっていう一瞬の勝負をしている世界。そういう現場を経験していく中で、少しずつ成長して、それまでは無理して喉に力を入れないと出なかったところも楽に出せるようになりました。「魔法の絨毯」なんてまさにそうで、曲を作ったばかりの頃は結構きつかったんですよ。当時の音源を聴くとまあひどい。常に歌声は今がMAXと思っていますけど、年々変化して、ずっと更新されていくと思っています。

――先ほど世に出るまで時間がかかったというようなお話もありましたが、音楽を辞めようと思ったことはありましたか?

川崎 音楽を辞めて、地元の栃木に帰ろうと考えたことは何度もあります。でも、たとえ2人とか3人しか来てくれないライブでも、その人たちが僕の曲を口ずさんでくれたり、笑ったり、泣いたりしてくれて。弾き語りは距離が近いのでお客さんの反応がリアルに見えるんです。その人たちと話して、いろいろなバックグラウンドを知り、僕の音楽で助けられたということを聞くと、続けていて良かったなと思うんです。でもライブとライブの合間は地獄のような日々で、何も信じていなかったですし、音楽番組や人のライブを観るのも嫌でした。

――そこまで追い詰められた時期もあったんですか。

川崎 だいぶヤバかったですね。変な自信やプライドがあったんでしょうね。テレビで音楽番組を観るのも嫌でした。今でも他のアーティストのライブは悔しいと思うので、あまり観ないです(笑)。もちろん学ぶべきもの、勉強できることはたくさんあります。でも戦いじゃないけど、一緒に高め合っていくもの同士として、そこの気持ちがなかったらいけないと思うんですよね。

――馴れ合いではなく、そうした緊張感が成長を生むのかもしれません。最後に、進路を検討している読者にメッセージをお願いします。

川崎 やりたいことは探すものではなくて、たぶん自分の中にあると思っています。いろいろな方から「やりたいことが分かりません、見つかりません」って声を聞きます。でも僕がやっている音楽は探したものではなくて、自分の好きなこと、楽しいこと、これをしているときは時間を忘れられるものでした。そういうことがきっとやりたかったことなんだろうなと過去を振り返って思います。それを仕事にするかはまた別の話なんですけど、自分の好きなように生きている人ってアクションを起こし続けた人なんですよね。悩んでいる時間は間違いなくもったいない。だったらやってみて、違ったら辞めればいいだけ。みんなアクションしたから笑えるし、その間、もちろん楽しいだけじゃなく、それ以上に辛い思いをしてきたので、笑えていると思うんです。なので悩んでいる暇があったら、まずはアクションを起こして欲しいなと思います。

Information

2ndアルバム『カレンダー』
2021年12月15日リリース

○通常盤(CD)価格¥2,600(税抜価格¥2,364)
○初回限定盤(CD+DVD)価格¥3,200(税抜価格¥2,909)

<収録曲>
M1.カレンダー
M2.僕と僕
M3.Young Song
M4. ヘイコウセカイ
M5.あなたへ
M6. ありがとう、ありがとう
M7. 明日未来
M8.ぼくのきもち
M9.道しるべ

◇初回限定版特典映像
・「カレンダー」Music Video
・JKT/MV Shooting Making Movie
・Special Acoustic Studio Live
含む映像収録

川崎鷹也

シンガーソングライター

1995年、栃木県生まれのシンガーソングライター。2018年、アルバム『I believe in you』をリリース。一度聴いたら忘れられないハスキーな歌声と美しいビブラート、癖になるメロディーラインが魅力。2020年8月、TikTokで「魔法の絨毯」が人気となり同曲を使った動画が27,000本以上アップされ、トータルの再生回数は約3億回再生中。総ストリーミング回数も現在1億回を超え、日本レコード協会から「プラチナ認定」を授与。また、Spotify「バイラルTop50」で1位を獲得や、LINE MUSIC「アルバムトップ100」で1位にランクイン等々各配信チャートを席巻中。更には、新生のアーティストを見つける指標となっているBillboard Heatseekers Songsで、「魔法の絨毯」が通算15回の首位獲得で2021年上半期1位に。2021年12月15日、メジャーオリジナルアルバム『カレンダー』をワーナー・ミュージックからリリース。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi