Contents

新体制の船出を祝福するように無数のペンライトで会場が埋め尽くされた

今年6月より新メンバーオーディション「Brand New ukka!~令和のシンデレラ誕生!?~」を開催、9月25日に新メンバーの葵るりと結城りなの2人を迎えたukka。6人体制になって初となるワンマンライブ「ukka New Style LIVE2021 “WHEEL of FORTUNE”」は、千葉の舞浜アンフィシアターで開催。この会場は半円形のステージと階段状の客席というパフォーマーと観客の一体感が感じられる会場で、開演前から新制ukkaのパフォーマンスを心待ちにしているファンの熱い熱気で包まれていた。

スクリーンには時計が映し出されて、開演までのカウントダウンが行われて否応なしに期待感が高まる。ステージには階段のセットが組まれ、赤いじゅうたんが敷かれた上に2つのガラスの靴が。オーバーチュアが流れ、新メンバー2人が舞台下からリフトアップされた後、川瀬あやめ、村星りじゅ、茜空、芹澤もあが登場。4人それぞれがガラスの靴を持って、それを新メンバー2人に授与しライブがスタート。1曲目は舞浜というロケーションに相応しいドリーミーなイントロと清らかなコーラスが美しい「WINGS」。6人は白いドレスを翻しながら、「さあ、行こう 誰かのために歌う歌がある」と、ライブの始まりを華やかに告げる。

続く「キラキラ」では、マリオネットのようなダンスで愛らしく舞い、「何度でも 何度でも 立ち上がれ 歌え 声を上げ、響け」と聴く者を鼓舞するようなメッセージを伝えて、川瀬あやめのエモーショナルなボーカルが縦横無尽に冴えわたる。

「時間。光り輝く螺旋の球。」では茜空の伸びやかな歌声が天空を舞うように響き渡り、新メンバー2名を迎えて、より奥行きの増した多彩なフォーメーションダンスがステージ全体を使って繰り広げられる。

ここで一旦メンバーがステージを去り、スクリーンに紹介ムービーと、新メンバー加入からこの日までの軌跡を振り返る映像が流れた後、ピンクを基調にした衣装に着替えた6人がリフトアップで登場し、観客を煽りながら「ファンファーレ」で高揚感を高める。新体制の船出を祝福するように、客席では無数のペンライトで埋め尽くされた。

ファンクナンバー「急なロマンティック」ではステージがピンクに彩られて、メンバーは2人ペアになって、軽快なステップで魅了。「214」では新メンバーの2人もしっかりと溶け込んで、寄せては返す揺らぎのようなダンスを舞う。ハイトーンのコーラスから始まる「Shining City Lights」では、村星りじゅのキラキラした清らかな歌声がディスコティックなサウンドで鮮明になる。

新メンバーが涙を流し感動的なシーンを作り上げる

最初のMCでは、新メンバー初の自己紹介で、葵るりと結城りなのフルネームが公表。芹澤もあに初ライブの感想を聞かれた2人は、緊張を露わにしながらも、喜びを真っすぐに伝えた。

中盤は、新メンバー2名が一旦ステージを去り、4人体制で「ねぇ、ローファー。」からスタート。オーロラのように幻影的な照明で照らされたメンバーは、アトラクションのように回転するステージで訴求力のある歌声を届ける。

「恋、いちばんめ」では客席にクラップを煽り、階段を効果的に使ったファンキーなパフォーマンスで躍動、芹澤もあのエモーショナルな歌声がぐっと際立つ。勢いそのままに芹澤もあのソロから始まる「Party goes on.」では、4人それぞれのソロダンスでキュートさを表現。「ウノ-ウノ」ではシンクロ率の高いダンスで、チーム―ワークの良さを存分に発揮する。

MCを挟んでからの「こころ予報」では、エッジのきいたギターサウンドに乗せて情熱的なボーカルをリレーして、「ガールズナイト」ではパーティー感のある洒脱なサウンドに乗せて、セクシーな一面を垣間見せ、茜空の弾んだ歌声が曲に彩りを与えた。

ここで新メンバー2人も合流して、キラーチューン「それは月曜日の9時のように」に突入。観客のクラップが鳴り響く中、6人は華麗にステップを踏み、川瀬あやめのシャウトが天空を舞うように心地よく響き渡る。

ラストは疾走感のあるロックナンバーで「エビ・バディ・ワナ・ビー」でステージ中を駆け回り、コミカルなマイクリレーを繰り広げて、盛大なステージを作り上げてステージを去った。

パーティーの余韻冷めやらぬ中、アンコールが巻き起こり、Tシャツ姿でカジュアルに再登場した6人は回転するステージで文字通りの「まわるまわるまる」を歌い、「タリルリラ」では抜群のリズム感を共有する観客のクラップに乗せてピースフルなパフォーマンスを繰り広げた。

MCを挟んだ後は、新曲「MORE!×3」を初披露。ファルセットを交えた巧みな歌唱で「もっと 踊ろう一緒に!」と観客を煽る歌詞を届ける。この曲では新メンバー2人もフレッシュな歌声を響かせて存在感をアピール。ラストは代表曲「リンドバーグ」でポジティブなメッセージを発信した。最後のMCでは、感極まった葵るりが「今日のライブが楽しかったと心の底から思えました」と涙を流し、感動的なシーンを作り上げた。

最後にukkaから会場のファンに嬉しいお知らせ。6人体制での初の新曲「MORE!×3」の配信リリースと、東京、大阪、愛知の3箇所を回るツアーukka New Style LIVE TOUR2022「MORE!×3」の開催が発表。会場は大きな拍手で包まれた。

本公演の模様は、ニコニコ生放送にて独占生中継が行われ、12月23日(木)23時59分までアーカイブ視聴ができる。ぜひukkaの新たな船出を見届けてほしい。

ukka New Style LIVE2021 “WHEEL of FORTUNE”
日時:2021年11月23日(火)
会場:舞浜アンフィシアター(千葉・舞浜)

Information

<アーカイブ配信>
ukka New Style LIVE2021 “WHEEL of FORTUNE”
アーカイブ公開中(12月23日(木)23時59分迄)

ニコ生

<リリース>
各配信サイトで絶賛配信中!
ukka『MORE!×3』
作詞:ペンギンス/中村崇人/Mikey
作曲:ペンギンス/中村崇人/Mikey
編曲:高野勲

視聴はこちら

<LIVE>
ukka New Style LIVE TOUR2022「MORE!×3」

・東京
2022年4月2日(土) ヒューリックホール東京

・大阪
2022年4月3日(日) Takara Osaka

・愛知
2022年4月10日(日) DIAMOND HALL

公式サイト

ukka

アイドル

ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学を擁するSTARDUST PLANET発の6人組。私立恵比寿中学の後輩ボーカル&ダンスグループとしての確かな歌唱力と楽曲性に加え、浅見北斗(Have a Nice Day!)、ONIGAWARA、sasakure.UK、ヤマモトショウなど独自のコラボレーションも展開。2019年の1stホールコンサートで「桜エビ~ず」から「ukka」に改名。2021年9月に結城りな、葵るりの2名が加入。