Contents

『We Just Don’t Care』は僕たちが歩んできた道をなぞっているかのような構成

――12月15日にDigital Single『We Just Don’t Care』がリリースされます。どういったテーマの曲になるのでしょうか?

HAYATO いろんな人の背中を押してあげたいという思いで作った曲です。人生は選択の連続だと思うんですけど、そういう選択の時はチャレンジするのが怖くなったり、つい周りと比べて不安になってしまう。大きな夢を持っていても逃げてしまいそうになることはあると思います。僕たちも夢を追っているなかで、挫折や迷いを感じることがあるので、僕たち自身もこの曲に背中を押してもらって、皆さんにも勇気や希望を与えられたらという曲になっています。

HAYATO

――バラード調の楽曲ですが、曲に込めたメッセージがストレートに伝わってきました。

HAYATO ボーカル3人の歌声がすごく効いていると思います。ラップでは自分の弱いところだったり、弱気な心情を歌っているところがポイントです。「ボヤけ始めた夢」とか、自分を隠してきたから自分を知らなかったとか、自分の心に対して歌っています。逆にサビはみんなの背中を押すような前向きな歌詞になっているので、その対比やストーリー性が聴きどころです。

EIKU これまでサビでファルセットを使う曲はあまりなかったんですけど、今回は全部ファルセットになっています。歌詞も「ずっと変わらないことをWe trust」「誰かに試されても」という感じで、HAYATOも言ってくれたようにいろんな方たちに選択肢を言われても、自分の意志だけは曲げずに頑張ってもらいたいというメッセージが込められているので、そういったところもポイントだと思っています。

EIKU

REI 今回はメロディーラインもにぎやかで、しっとりと聴かせつつ、励ますような歌。今までは強い曲調の楽曲が多かった分、こういった二面性を見せることで大切なことを伝えていけるかなと思っています。

――本作は作詞・作曲・編曲を『I’M SWAG』からおなじみのJUNEさんが手掛けています。

TETTA JUNEさんからは毎回、レコーディングの時に細かい歌い方や技術を学ばせていただくことが多いです。プライベートで一緒に食事にも行きますし、優しいお兄さんです。

――公私含めていろいろとサポートをしてくれているんですね。パフォーマンスに関しては、どういったところを見せていきたいと考えていますか?

NAOYA 僕らはさとり少年団とEBiSSHが合体してONE N’ ONLYになりました。この曲のパフォーマンスもそういった僕たちが歩んできた道をなぞっているかのような構成になっています。だからこそ感情が入れやすく、曲の世界観に入り込みやすいものになっているので、そういうところは注目してほしいです。あとはバラードで皆さんの背中を押すような楽曲なので、構成もシンプルでありながら繊細に動くところがポイントになるかなと思います。

NAOYA

TETTA 一人ひとりがフォーカスされている曲で、構成の面でいうと演技の要素も入っていて、ストーリー性があります。その部分にこだわったのは多分初めてなので、パフォーマンスは見ていて飽きないものになると思います。

TikTokでバズらせる秘訣は?

――そしてグループとしては現在、TikTokにおいて380万人超という日本人音楽アーティストグループ1位(※取材時点)のフォロワー数を誇っています。昨年末から急激に数字が伸びましたが、実感としてはいかがでしょうか?

NAOYA 自分たちも誇らしいですし、やってきてよかったと思っています。

TETTA 僕らのTikTokを特集してくれる機会があるのも感慨深くて。過去にアップした動画を取り上げてもらっているのもうれしいです。

NAOYA 「1回は絶対見たことある」「おすすめにも出てきます」というような声も多くいただくようになりました。

――10代の方はもちろん、ブラジルなど南米や国外のフォロワー数も増加中ですが、何かバズらせる秘訣はあるのでしょうか?

HAYATO 僕らって特殊で、日本よりも圧倒的に海外のフォロワーが多いんです。だから日本のTikTokerとは少し違って、海外の方に見てもらっていることがここまで伸びたきっかけなのかなと。

KENSHIN 仲が良くて、素の感じがすごく出ているんです。バズらせようと意気込んでやっているよりも、本当にメンバー6人が楽しくやっているだけです。TikTokを見ていると、高校生もみんな仲良さそうにやっているじゃないですか。そういうのって見ていて面白いし、もっと見たくなります。

KENSHIN

――確かに映像からもラフな感じが伝わってきます。

NAOYA めちゃくちゃラフですね(笑)。

EIKU ダンスの振りを全力でやるっていうのは、僕は誰よりもやっています。全力でやった方がいろんな人に見つかりやすいかなって思っているので。

REI EIKUは動きが面白いです。「このEIKUちゃんやばいです!」ってコメントされたり、それで結構引き寄せている部分も多いので(笑)。

KENSHIN 南米もそうですけど、僕らの東南アジアでの人気に火をつけたのは多分EIKUです(笑)。

この1年でプライベートで成長したこと

――現在はTikTokをはじめ、グループ、個人としても活躍の場を広げつつありますが、この1年で皆さんがプライベートで成長したと思うことを教えてください。

REI 引っ越してから部屋が広くなったので、ベッドをセミダブルに変えたり家具を新調して空気清浄機を買ったりして、日頃の生活のクオリティを上げました。家にいる時間が多いので、家の空間をどんどん良くしていきたいんです。アロマも結構買っていて、今は10個くらいあります。

REI

KENSHIN 僕は休みの日は遅くまで寝てしまいがちだったのを、少し早起きするようになりました。仕事が忙しい時、次の日に何もないとどうしても昼過ぎまで寝ちゃうじゃないですか。でもそれはもったいないなと思って早起きするようにしました。

――TETTAさんは?

TETTA ストレッチと筋トレをルーティン化させました。前は結構ムラがあって、やらない時もあったんですけど、今は、朝と夜、必ずヨガマットを敷いて体幹トレーニングやストレッチをしています。いい感じで習慣になってきて、やらないと身体が落ち着かないです。これが成長かどうかはわからないんですけど、パフォーマンスにもつなげていきたいと思っています。

TETTA

NAOYA 僕は衝動買いをしなくなりました。洋服が好きで、今までは可愛いと思ったらすぐにほしくなって買っちゃうタイプだったんですけど、最近は考えてから買うようになりました。

REI このあいだも秒で買ってなかった?(笑)

NAOYA あれは買いたくて買ったから衝動買いじゃない!(笑) 今までは、買ったのに結局、着ないような服がたくさんあったんですけど、そういうことをしなくなりました。絶対に着ると決めて買っています。

――NAOYAさんのお兄さんである超特急のタクヤさんも同じように新しい服をどんどん買うことで有名ですよね。

NAOYA もうそういう血筋なんです(笑)。でも、今年は明らかに新しく買った服が少ないです!みんなからしたら買っている方なのかもしれないですけど、そこはちょっと成長したなって。それに美容とか、違うものにもお金をかけるようになりました。

HAYATO 僕は一人暮らしをしているんですけど、前の家が半地下って言われていて(笑)。まず電波が悪くて、コロナ禍で配信をたくさんやるのに、家でできなくて。あと湿気もすごくて、日の当たりも悪いからすぐカビてしまったり。そういう家に住んでたから、みんなにずっとイジられ続けていたんです。でも、そこからやっと引っ越しました。

TETTA 半地下から地上に出てどう変わったの?

HAYATO 朝起きて日の光が当たるっていいなって(笑)。心も穏やかになりますし。ちょっとおしゃれな家になったんですよ。そして憧れていた夢の独立洗面台を獲得しました!

EIKU 僕はこの1年で一人でご飯に行けるようになりました(笑)。昔は一人で食事もできない……いや、食事はできるんですけど。お店に入って一人で食事をすることができなくて。だから、この1年でだいぶ変わりました。

REI 最初会ったばかりの時は、無駄なことをしゃべらない寡黙な子で、この子は一人行動が多いんだろうなって思っていたら、真逆でびっくりしました。

HAYATO 今は一人で買い物も行けるんでしょ?

EIKU 買い物は行けないですね。一人で行こうとしたんですけど、その状況に耐えられなくて。一緒に行った方が楽しいじゃないですか。「この服どう?」「可愛くない?」とか言い合えるので、それがないのがつらいんです。

人間関係を大切にしてほしい

――来年4月でワンエンは活動4年目に入ります。グループとしての目標を教えてください。

HAYATO 今はTikTokをきっかけに海外の方にもすごく応援していただいているので、実際に現地に行ってライブがしたいです。ワールドツアーをして、ブラジルに行ったりインドネシアに行ったり。夢は広がります。コロナの状況によると思いますけど、やっぱり世界にも行きたいし、日本でももっと大きな会場に行きたい。知名度を上げていきたいというのは常にあります。

――それでは最後に、夢を追いかけている読者のティーンにメッセージをお願いします。

EIKU 「こっちの方がいいよ、あっちの方がいいよ」みたいに、いろんな意見があると思うんですけど、何事にも挑戦して本当に自分のやりたいことをまずはやってほしいということが一番。あと、友達を大切にしてほしい。学校を卒業してから友達への思いがより強くなりましたし、今でも地元の友達と連絡をとっています。コロナで大変だった時にもビデオチャットや電話をして、勇気と希望をもらっていたので、人間関係を大切にしてほしいです。

Information

<CD>
12/15(水) リリース
Digital Single 「We Just Don’t Care」

<LIVE>
「ONE N’ ONLY〜X’mas Live 2021〜」
12/23(木) 東京:Zepp Haneda (TOKYO)
OPEN17:30 / START18:30
全席指定 ¥7,000(税込)
※入場時ドリンク代必要 ※小学生以上チケット必要

公式サイト

ONE N’ ONLY(ワンエンオンリー)

ダンス&ボーカルユニット

2018年結成。スターダストプロモーション所属の6人組ダンス&ボーカルユニット。YouTube上に公開された7曲のMusic Videoは世界各国で注目され、特にアジア・中南米・欧州からのアクセスが殺到し、合計再生回数は1600万回を突破。さらにTikTokのフォロワー数は380万人を超え(※取材時点)、日本人音楽アーティスト1位。動画の総再生回数は1億5千万回以上!日本国内だけでなく、アジアや中南米など海外からも注目度も高い。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi