Contents

1年ぶりの有観客で開演。MCにはお笑い芸人のぺこぱが登場

オープニングステージには、司会・進行を務めるお笑い芸人・ぺこぱのシュウペイさんと松陰寺太勇さん、テレビ朝日のキャスターである栗田朝理さんが登場。栗田さんが久々の有観客開催について触れると、松陰寺さんも観覧している大勢のティーンを見て「やっぱりお客さんがいるのは素晴らしいですね」と、感慨深そうに語った。

また、「NewMake」のステージでモデルを務めた三原羽衣さん、とうあさん(ウチら3姉妹)もゲストとして参加。「MISSONI」をアップサイクルしたアイテムを身に着けた三原さんは「リメイクされたとは思えないくらいすごく可愛くて、新鮮でした」とコメントし、「Coleman」を同様にアップサイクルした衣装のとうあさんは「変わった素材がつなぎ合わされていて、テントのような生地感。こういったものを着たことがないので新鮮で面白いと思いました」とその魅力をアピールした。

続いては「女子高生ミスコン2019」全国ファイナリストであり、シンガーソングライター・SHIMAさんによるライブステージ。雑誌『I LOVE mama』のテーマソングにもなった『ベスト・フレンド』や、SHIMAさん自身が上京した時の思いなどを込めて作詞作曲し、「ミスコン&ミスターコン2021」にも起用された『東京』の2曲を歌い上げた。観客もSHIMAさんの歌に合わせて手拍子を送りつつ、等身大のシンガーが放つ情感豊かな歌声に聞きほれていた。

消費者庁による「成年年齢引下げ」に関するステージでは、お笑いコンビ・土佐兄弟の卓也さんが先生役として教壇に立ち、同じく土佐兄弟の有輝さんのほか、石川翔鈴さん、雨宮由乙花さん、木村伊吹さん、池田陽音さんたちが生徒役として出演。来年4月より民法上の大人として扱われる成年年齢が現在の20歳から18歳に引き下げられることから、それに伴うリスクに加え、どういったことに気を付けていけばいいのかをわかりやすくクイズ形式で解説していく。例えば、「痩せると話題のサプリメントが安く買える商品広。注意しなければいけないことは?」「二重まぶたの施術に伴う契約のリスクについて」など、ティーンにとっても身近な話題を中心に出題。生徒役の出演者たちが自らの体験談を交えたトークを展開し、万が一トラブルに巻き込まれそうになったときのための消費者ホットライン・188(いやや)を紹介するなど、危険を避けるために注意を払うことの重要性を強調した。

ヘアメイク、メイクアップ、ネイル、エステティック、ファッションなど幅広い美容を学びながら業界のプロを目指せる学校である「ヴィーナスアカデミー」のステージでは、「NERDY」や「IMADA MARKET」、「WONDER VISITOR」などのブランドファッションに身を包んだ伊藤桃々さん、三原羽衣さん、中野葉月さん、近藤実優吏さん、ばんばんざいのみゆさんと流那さん、加えてこの学校の生徒でもあり、10月に開催された「ヴィーナスフェス」にて「TGC teen 2021 Winter」への出演賞を受賞した、斉藤あやめさんがランウェイに登場。白川さんは「(ヴィーナスアカデミーの)友達がヘアメイクを全てやってくれて、今日はくすみの色を使ったメイクで揃えてくれました」とメイクのテーマやこだわりに触れた。斉藤さんは将来について聞かれると「ヴィーナスアカデミーで学んだ経験や資格を活かして、将来は自分のお店を立ててオーナーになりたい」と夢を語った。

海外からも高い評価を受けている静岡県沼津市出身のラッパー・Elle Teresaさんは、バックのDJとともに『KIRA KIRA』、『baD bitch』、『6 AM』、そしてラストのメジャーデビュー曲『Bby girlll』までノンストップでたたみかけ、会場の空気を一気に支配。日本人離れしたスタイルとキュートなルックスから放たれる高い表現力とステージングで、観客に強烈な印象を植え付けた。

ファッション、アーティスト、Dリーガーなど多様なキャストがイベントを彩る

第二部の始まりを彩ったのは、“BLACK FOR LIFE”をテーマに最先端のB系ストリートレディースファッションを展開する「Baby shoop」、そしてメンズライクなスタイルをベースとし、男の子アイテムを女の子アイテムとしてドレスアップ。そこに自由でクリエイティブな要素と流行を取り入れる「RODEO CROWNS WIDE BOWL」のステージ。多様なファッションの価値観が入り混じるランウェイでも、モデルたちはその服の持ち味を活かしながらしっかりと自己の存在感を示していた。

ジャンルや知名度・価値観などのボーダーを超えた次世代のカルチャー発信基地として新たなムーブメントを育てることを目的に、昨年11月、原宿にオープンした施設「UNKNOWN HARAJUKU(アンノン原宿)」のステージには、ゲストに石川涼楓さん、大塚萌香さんが登場。アンノン原宿は古民家をイノベーションした施設でもあり、大塚さんは「個性的な要素もあって、ぜひ行ってみたいです」と興味津々。新進気鋭なクリエイターやアーティストたちの交流の場としてもこれからますます注目が集まること必至のスポットだ。

4組目のアーティストライブは、人気YouTuberのYapp!(やっぴ)と米村海斗がプロデュースする、“現在(イマ)を生きる王子様(プリンス)達”をコンセプトにした6人組メンズアイドルグループである9bic。開幕からキュートな振付の『klaxon』で会場の熱を高めると、メンバーである双葉小太郎さんの「今日は10代の力で『TGC teen』を盛り上げていきましょう!」という言葉とともに2曲目『U.F.O GAME』へ。アイドル性満載のステージングで観客を魅了すると、そのまま最後は一体感を煽る応援ソング『Hero』でフィニッシュ。結成2年足らずでSNSの総フォロワー数が150万人を超えるなど、話題に事欠かない9bic。この日も短時間ながらグループとしての個性を余すところなく表現した。

ここで唐突にぺこぱの師匠でもある芸人・TAIGAさんがステージに現れ、2014年の「R-1グランプリ」で決勝戦に進んだときのロックンロールな歌ネタを披露。その後のぺこぱとのトークで、昔はぺこぱがTAIGAさんの単独ライブの前説をやっていたが、今では立場が逆転、ぺこぱの営業の前説をTAIGAさんがやっているというエピソードで会場の笑いを誘った。

さまざまなジャンルにおいて圧倒的なパフォーマンスで活躍する「SUPER teen STAGE」では、当時13歳で「X Games」のビッグイヤーに出場し、史上最年少で優勝したほか、10月にスイスで行われたワールドカップで初優勝するなど、来年の北京オリンピックでのメダル獲得が期待されているスノーボーダーの村瀬心椛さんをはじめ、日本発のダンスのプロリーグ「D.LEAGUE」に参加しながら、国内外多くの大会で優勝するなどの結果を残しているヒップホップダンサーのMiYUさん(SEPTENI RAPTURES)が紹介された。

また、日本、韓国、中国の少女たちが繰り広げる、注目のグローバルガールズグループデビュープロジェクト・「Girls Planet 999(以下、ガルプラ)」に出演していた比屋定和さん、桑原彩菜さん、久保玲奈さん、藤本彩花さん、山内若杏名さんの5人がステージに登場。比屋定さんは「ガルプラ」の「日本人だけじゃなく、韓国人や中国人の子達もいて、新しい環境でいい刺激をもらいました」と当時の厳しいオーディションを振り返った。今後の目標について聞かれると、山内さんは「これからボストンにある音楽大学に留学するので、そこで本場の音楽を学んで、ダンスや歌のスキルはもちろん、作詞作曲など、みなさんに提供できるようになりたい」と意気込んだ。

2022年は東京・大阪・福岡での開催が発表

アーティストライブのトリを飾るのは5人組アイドルグループ・豆柴の大群だ。アップテンポナンバー『-お送りするのは人生劇場-』で会場を一気に自分たちの色に染め上げると、ハナエモンスターの「今日一日、一緒に楽しんでいきましょう!」の掛け声とともにデビュー曲である『りスタート』を披露した。結成から約2年経った今でも、圧倒的なポテンシャルは健在。まだまだ変化を続ける彼女たちからは目が離せない。

毎週月曜夜10時からABEMAで放送中の恋愛リアリティ番組『今日、好きになりました。』のステージでは後藤聖那さん、植村颯太さん、西川樹里さん、木村伊吹さん、河本景、雨宮由乙花さん、石川悠人さん、一ノ瀬将飛さん、増田小春さん、千葉亜月さん、黒沢実未さん、佐藤もえさん、みゆさん、増田彩乃さん、新塘真里さんたち出演メンバーが一同に会した。初めてランウェイを歩いた増田小春さんは「とても緊張したんですけど、たくさんの方々が笑顔で観てくださったのでその緊張が和らいで、楽しいランウェイになりました」と喜びとともに振り返った。現在ドラマの方は新シーズンである花梨編が放送中であり、そちらの続きも気になるところだ。

「TGC teen SPECIAL GUEST ARTIST」には、今年6月にデビューした韓国の11人組男性グループ・OMEGA XがVTRで出演。まずは、中毒性の高いダンスナンバー『BAILA CON OX』で、VTR越しでも迫力が伝わってくるカリスマ性あふれるパフォーマンスを観客に見せつける。

続いて場面が変わり、メンバーによる自己紹介のあと、日本のファンからの質問コーナーに。「メンバー全員で何か一つやり遂げるなら、何をしてみたいか?」という質問には、ハンギョムが「新人賞と1位を獲って、それを記念してメンバーで旅行に行きたい」と答えると、イェチャンが「僕はその旅行で得たインスピレーションを元にメンバーみんなで曲作りをして、アルバムを出したいです!」と返し、それに呼応するようにジェヒョンが「そうしたら僕は新人賞と1位を取ってから一緒に旅行に行って、インスピレーションを得てメンバーと作った曲でOMEGA X単独コンサートをします!」とたたみかけた。また、「長期休暇にメンバー全員で行きたいところは?」という質問に対して、ケビンが「僕はメンバーと一緒に遊園地とウォーターランドに行きたい」と回答すると、メンバーから「可愛い!」と声が上がった。それら寄せられた質問にメンバー全員で丁寧に答えていき、最後にセビンが「僕たちはこれからも頑張って活動する予定なので、僕たちの魅力にもっとはまってください!」と熱く訴えた。

そして続く映像で『OMEGA X』を披露。黒い衣装に身を包んだメンバーによる力強く刺激的なステージングには一切のスキがない。各々の個性と魅力が炸裂し合う圧倒的な雰囲気で、「TGC teen」を見事に締めくくった。

来年の「TGC teen」は東京・大阪・福岡という全国三都市で開催されることが発表され、ますますの盛り上がりが期待される。

TGC teen 2021 Winter
日時:2021年11月20日(土)
会場:恵比寿ガーデンホール(東京・恵比寿)

©TGC teen 2021 Winter
Reporter:Tetsu Takahashi