1年ぶりの有観客で開演。MCにはお笑い芸人のぺこぱが登場

オープニングステージには、司会・進行を務めるお笑い芸人・ぺこぱのシュウペイさんと松陰寺太勇さん、テレビ朝日のキャスターである栗田朝理さんが登場。栗田さんが久々の有観客開催について触れると、松陰寺さんも観覧している大勢のティーンを見て「やっぱりお客さんがいるのは素晴らしいですね」と、感慨深そうに語った。

また、「NewMake」のステージでモデルを務めた三原羽衣さん、とうあさん(ウチら3姉妹)もゲストとして参加。「MISSONI」をアップサイクルしたアイテムを身に着けた三原さんは「リメイクされたとは思えないくらいすごく可愛くて、新鮮でした」とコメントし、「Coleman」を同様にアップサイクルした衣装のとうあさんは「変わった素材がつなぎ合わされていて、テントのような生地感。こういったものを着たことがないので新鮮で面白いと思いました」とその魅力をアピールした。

続いては「女子高生ミスコン2019」全国ファイナリストであり、シンガーソングライター・SHIMAさんによるライブステージ。雑誌『I LOVE mama』のテーマソングにもなった『ベスト・フレンド』や、SHIMAさん自身が上京した時の思いなどを込めて作詞作曲し、「ミスコン&ミスターコン2021」にも起用された『東京』の2曲を歌い上げた。観客もSHIMAさんの歌に合わせて手拍子を送りつつ、等身大のシンガーが放つ情感豊かな歌声に聞きほれていた。

消費者庁による「成年年齢引下げ」に関するステージでは、お笑いコンビ・土佐兄弟の卓也さんが先生役として教壇に立ち、同じく土佐兄弟の有輝さんのほか、石川翔鈴さん、雨宮由乙花さん、木村伊吹さん、池田陽音さんたちが生徒役として出演。来年4月より民法上の大人として扱われる成年年齢が現在の20歳から18歳に引き下げられることから、それに伴うリスクに加え、どういったことに気を付けていけばいいのかをわかりやすくクイズ形式で解説していく。例えば、「痩せると話題のサプリメントが安く買える商品広。注意しなければいけないことは?」「二重まぶたの施術に伴う契約のリスクについて」など、ティーンにとっても身近な話題を中心に出題。生徒役の出演者たちが自らの体験談を交えたトークを展開し、万が一トラブルに巻き込まれそうになったときのための消費者ホットライン・188(いやや)を紹介するなど、危険を避けるために注意を払うことの重要性を強調した。

ヘアメイク、メイクアップ、ネイル、エステティック、ファッションなど幅広い美容を学びながら業界のプロを目指せる学校である「ヴィーナスアカデミー」のステージでは、「NERDY」や「IMADA MARKET」、「WONDER VISITOR」などのブランドファッションに身を包んだ伊藤桃々さん、三原羽衣さん、中野葉月さん、近藤実優吏さん、ばんばんざいのみゆさんと流那さん、加えてこの学校の生徒でもあり、10月に開催された「ヴィーナスフェス」にて「TGC teen 2021 Winter」への出演賞を受賞した、斉藤あやめさんがランウェイに登場。白川さんは「(ヴィーナスアカデミーの)友達がヘアメイクを全てやってくれて、今日はくすみの色を使ったメイクで揃えてくれました」とメイクのテーマやこだわりに触れた。斉藤さんは将来について聞かれると「ヴィーナスアカデミーで学んだ経験や資格を活かして、将来は自分のお店を立ててオーナーになりたい」と夢を語った。

海外からも高い評価を受けている静岡県沼津市出身のラッパー・Elle Teresaさんは、バックのDJとともに『KIRA KIRA』、『baD bitch』、『6 AM』、そしてラストのメジャーデビュー曲『Bby girlll』までノンストップでたたみかけ、会場の空気を一気に支配。日本人離れしたスタイルとキュートなルックスから放たれる高い表現力とステージングで、観客に強烈な印象を植え付けた。