音楽を通してジェンダー問題を描いたミュージカルドラマ

―湯川さんが主演を務めるWOWOWオリジナルドラマ「FM999999WOMEN’S SONGS」の内容を教えてください。

湯川 最近、ジェンダーが社会問題になっていますが、「FM999」もジェンダーが大きなテーマになっています。私が演じる16歳になったばかりの女子高生・清美の目線で、「女性とは?」という疑問を持ちながら社会を見ていくストーリーです。ただ、堅い内容ではなく、問題定義をしつつ、音楽を効果的に使ったオムニバスドラマです。テーマは社会的ですが、気軽に楽しめるエンタテインメントに仕上がっています。

―ミュージカル的な要素も入っているんですよね。

湯川:はい、そうです。毎話、3曲が用意されていて、ゲストの方が歌を披露します。歌詞は脚本・総監督を務める長久允監督が書かれています。3人ずつゲストがいらっしゃって、清美が「女って何?」と呟いたら、脳内のDJと繋がって、それにまつわる曲を紹介する構成です。いろいろな分野で活躍されている方々がゲストなので、その方によって曲の表現方法、セリフの言い方、キャラクターの作り方も全然違っていて、それぞれの個性が出ています。

―ゲストは俳優、モデル、お笑い芸人、アーティストなど多岐にわたりますが、中でも印象的なゲストを教えてください。

湯川:私は宝塚が大好きなので、元宝塚の真矢ミキさんとご一緒させていただいたのが印象的でした。役作りの過程が魅力的で勉強になりました。

―宝塚のどういうところに魅力を感じるのでしょうか?

湯川:宝塚は厳格な規律の中で、並々ならぬ努力をしないと役をもらえません。そうした努力の上で演じる姿に感動します。女性が男性を演じても違和感を抱かせない完璧な世界観もすごいと思います。

―長久監督とは3回目のお仕事になりますが、どういう演出をされる方でしょうか?

湯川:よく長久監督が仰るのは、「誰がその役をやるかが重要で、その人に頼んだ時点で、ほぼ演出は終わっている」ということです。もちろん絵的に、こうしてほしいという指示もありますが、基本的にその人の持つ魅力が際立つような演出をされます。そこがとても面白いです。

―現場の雰囲気はいかがでしたか?

湯川:過密なスケジュールで、カット数もすごく多いのですが、面白いものを作るぞ!というワクワク感があって、とてもいい現場でした。