Contents

どんな役がきても、あまり気負いたくない

――初めて『彼女が好きなものは』の台本を読んだ印象はいかがでしたか?

神尾 主人公の心情や葛藤、人間関係が丁寧に描かれているなという印象を受けました。ナイーブな内容ですが、真摯に当事者と向き合って書かれていて、まったく嫌味もないし、茶化している感じもないので、誠実な作品だと思いました。

――神尾さん演じる高校生・安藤純は、周囲にゲイであることを隠して、妻子ある年上の男性・誠(今井翼)と付き合い、自分に思いを寄せるBL好きの女子高生・三浦紗枝(山田杏奈)とも交際します。相手によって違った顔を見せる純を演じる上で苦労したことはありますか?

神尾 最初は目線とか仕草をちょっと意識しましたけど、役が馴染んできてからは、クラスメイト、紗枝、誠さんという区別も自然とできるようになりました。実際に相手の芝居を見て掴めるものがたくさんあったなと思います。

――神尾さん自身、学生時代に同性愛者の方は身近にいましたか?

神尾 隠していただけかもしれないですけど、周りにはいなくて、自分とは遠い存在だと思っていました。演じているときは、「本当に自分で良かったのかな」という思いもありましたが、純を通じて価値観が広がったなという感覚がありました。

――主演のプレッシャーはありましたか?

神尾 特になかったです。基本的にどんな役がきても、あまり気負いたくないというのはあります。主演といっても、自分一人の力で作り上げるものではないですしね。

――共演の山田杏奈さんの印象はいかがでしたか?

神尾 初めて共演したのは中学3年生のときで、今回が3回目になります。会うたびに洗練されて進化を感じます。お互いのことを知っているからこそ、相手の出方やアプローチの仕方も理解できていて、現場もスムーズに進みました。

――今井翼さんの印象はいかがでしたか?

神尾 役に向き合って監督と議論して、すごく真面目な方でした。でも本番以外のところではフランクに話しかけてくださりました。

――前田旺志郎さん演じる亮平は、何があっても純を支える明るいキャラクターで、救いを与える存在でした。

神尾 亮平は当て書きって聞いたんですけど、役そのままに、現場の明るいムードを作ってくれました。

――共演者は同世代が多いですが、ライバル意識はありましたか?

神尾 同じくらいの世代でも、自分にないものをもっていたりするので刺激をもらえましたし、単純にすごいなって思いました。昔から周りと自分を比べて悔しいみたいな感情はないほうなんです。ただ、同じく高校が舞台だったドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(2019年)のときは、ライバル心がありました。たぶん当時は、そこまで自分のスタイルが確立されていなかったからで、今は自分に合うスタイルが分かってきたのかもしれません。

――草野翔吾監督の演出はいかがでしたか?

神尾 こうしてほしいというのが明確にあるので分かりやすかったです。世の中に対して諦めがあるところや、相手に応じて雰囲気を変えるなど、純に対しての解釈も僕と草野監督で一致していたので、うまくできたかなって思います。

――純はすごく繊細な性格ですが、神尾さん自身はいかがですか?

神尾 あまり自分のことが分からないんですよ。友達からも、「人格がいっぱいある」「現場で会うときとプライベートで会うときが全然違う」と言われます。でもそれは意識している訳ではなくて、自分の居やすい状態でいるだけなんです。もしかしたら現場の雰囲気に左右されるかもしれないです。うるさいメンバーと一緒だったら逆に静かにしていますし、誰もしゃべらないんだったら、率先して盛り上げようみたいな。人や相手のテンションによっても変わります。常に自然体でいたいという気持ちがあって、自然体でいられるポジションを無意識に探しているのかもしれません。

引っ込み思案で人に注目されるのが好きじゃなかった

――この世界に入ったのはいつですか?

神尾 高校2年生で入りました。ずっと打ち込んできたサッカーに限界を感じて、サッカー部を辞めて。そしたらやることがなくなっちゃったんです。

――限界というと?

神尾 中学までは全国大会を目指していましたけど、このまま高校・大学とサッカーを続けても結果を残すのは難しいだろうなと。ただサッカーを辞めてから、勉強以外、何もしていないのがもどかしくて。何かしらやろうと思ってオーディションを受けました。周りからはイケメンキャラ扱いをされていたので、ずっと「芸能界に入れば?」って言われてました(笑)。

――それまで芸能界に興味はあったのでしょうか?

神尾 まったくなかったです。自分でも何を思って受けたのか分からないです。周りに芸能関係の仕事をしている人もいなかったんです。むしろいなかったからこそ、受けたのかもしれません。最初は思い出作り的な気持ちが大きかったですし、親からもどうせすぐに辞めるだろうと思われていました。仕事を続ける中で、大学は行かない選択をして、そしたらこの仕事だけになりました。

――その頃から役者は自分に合うお仕事だと思っていましたか?

神尾 いや……今も全く思っていないです(笑)。

――にも関わらず続けられているのはどうしてでしょうか?

神尾 なんでなんですかね。もともと引っ込み思案で、人に注目されるのがあまり好きじゃなくて、ひっそり生きていたいタイプなんです。目立ちたいと思ったのはサッカーだけでした。でもこの仕事を始めてからは、ちょっと目立ちたいみたいな気持ちも出てきました。ただ今でも注目されると困りますね。こういう取材でも、いっぱい人がいたりすると恥ずかしくて何もしゃべれなくなってしまって、声が小さくなるんです(笑)。ファンの方がいる場は大丈夫なんですけど、大人ばかりだとちょっと……。

――学生時代に印象に残っている行事はありますか?

神尾 けっこうイベントごとは好きだったので、体育祭も文化祭も張り切ってました。中学時代も目立ちたくないのに、なぜか体育祭実行委員みたいなものに入って、先頭に立って運営していました。変なタイミングでそういうスイッチが入ったりするんですけど、そのときはみんなに楽しんでもらいたいという気持ちがありました。

――仕事と学校の両立はいかがでしたか?

神尾 高校時代は、事務所に学校メインで活動させてくださいとお願いしていたのもあって、特に大変さはなかったです。高校を卒業したら仕事も辞める予定だったから、仕事がなくなってもいいやと。でも高校卒業後は、この仕事一本だったので、他にもっとやりたいことが見つかるかもしれないけど、まずは仕事を頑張ろうという気持ちでした。

――いつ頃から仕事にやりがいを感じるようになりましたか?

神尾 二十歳くらいです。実は19歳のときに芸能界を辞めて親の仕事を継ごうと思って、事務所にも伝えたんです。そしたら「これからだから」と説得されて、「じゃあもうちょっとやります」と。そんなときに先ほどもお話に出た、「3年A組」があって、同世代から刺激を受けて、負けず嫌いなところが出てきて。サッカーに打ち込んでいたときと同じような気持ちが生まれました。

――神尾さんにとって「3年A組」は重要な作品なんですね。

神尾 みんなギラギラしていて、「俺はこう思うんだけど」みたいな議論もするから、いろいろな価値観をもらえたし、自分の立ち位置も分かるし、言語化することによって自分を冷静に分析できたんです。ただ、負けたくない気持ちが強すぎて、熱い男だから面倒くさいみたいなポジションでした(笑)。今は脳内で気持ちを整理できるから、そんなこともなくなりましたけど。

――最後にティーンに向けて、『彼女が好きなものは』の見どころを聞かせてください。

神尾 自分らしく生きるとはどういうことなのか、自分のあり方を伝えられている映画になっています。結局は自分らしく生きられたら、それが幸せなんじゃないかなと思います。この作品はゲイと腐女子にフォーカスしていますが、学生時代は誰しもいろんな悩みがあるし、それを否定してくる人もいて余計に悩むこともあるかと思います。そうした身近な悩みに重ね合わせて『彼女が好きなものは』を観たら、価値観も広がるのではないでしょうか。

Information

『彼女が好きなものは』
TOHO シネマズ日比谷ほか全国公開中

神尾楓珠 山田杏奈
前田旺志郎 三浦獠太 池田朱那
渡辺大知 三浦透子
磯村勇斗 山口紗弥加 / 今井 翼

監督・脚本:草野翔吾
原作:浅原ナオト『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』(角川文庫刊)
配給:バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース ©2021「彼女が好きなものは」製作委員会

ゲイであることを隠して生きる高校生の純(神尾楓珠)と、BL好きであることを秘密にしているクラスメイトの紗枝(山田杏奈)。思いがけず接近した二人は、紗枝が純のセクシュアリティを知らないまま、“ふつう”の男女としてつき合い始めるが……。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

神尾楓珠

俳優

1999年1月21日生まれ。東京都出身。2015年、24時間テレビドラマスペシャル「母さん、俺は大丈夫」(NTV)で俳優デビュー。2019年にはTVドラマ「左ききのエレン」で連続テレビドラマ初主演。話題となったドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」への出演以降、映画『HiGH&LOW THE WORST』(19)、『転がるビー玉』(20)、『私がモテてどうすんだ』(20)、『ビューティフルドリーマー』(20)、『樹海村』(21)など多数の出演作が続く。公開待機作には、『20歳のソウル』(22年公開)がある。

Photographer:Yuta Kono,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Ken Sagae, Hair&Make:Ayaka Sugai