Contents

開始から4曲で全速力の盛り上がりを構築

記念すべき10周年、そして2018年に行われた「BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH」以来のSSA公演ということもあり、客席は多くのファン(8号車)で埋め尽くされた。

開演前、リョウガによる恒例の場内アナウンスが流れると会場全体がその声に耳を傾ける。新型コロナウイルス感染症対策のため、今回のライブも以前のようなコール&レスポンスはできないのが現状だ。しかし、そういった状況でも今日という日を思いきり楽しもうという8号車の熱が伝わってくる。

開始時刻を過ぎると会場に発車ベルが鳴り、大型スクリーンにメンバーの2011年デビュー当初から現在までの写真が映し出される。そして最新アルバム『DANCE DANCE DANCE』収録の『Dance Dance Dancing!』で開幕すると、メインステージ中央にある円形のミラーボールから5人が登場。白シャツに黒ジャケットという衣装のメンバーが曲に合わせてきらびやかにライトアップされる。メンバーの後ろには33名のスターダストに所属しているキッズたちがバックダンサーとしてステージに上がり、メンバーとともにパフォーマンス。彼らが生み出すグルーヴに会場全体が飲み込まれていく。

ニューカレドニアをモチーフにしたポップス曲『Magnifique』では花道を通ってセンターステージに移動。ライブ初披露ながらそれを感じさせない5人の一体感はさすがの一言。さらにその勢いをたもったままハイテンポナンバー『超えてアバンチュール』へ。リョウガの「ヘドバンタイムですよー」の掛け声とともに8号車も大きく頭を揺さぶり、会場のボルテージを一気に上げていく。畳みかけるように人気曲『OVER DRIVE』が久々に披露され、カイの「8号車―!」という呼びかけに対し8号車もペンライトで応え、開始から4曲で全速力の盛り上がりを構築する。

その後メインステージに戻り、おなじみの自己紹介へ。リョウガは「本来なら笑いたいのに、死ぬ気で我慢している気持ちが手に伝わってきます」と8号車の気持ちを代弁。また、CSテレ朝チャンネルから生中継を視聴している8号車にも画面越しで呼びかけ、現地に来られないファンへの配慮も忘れない。

カイが「今日という一日を最高の日にしていきましょう!」と声を上げると、超特急流のスイングジャズ『Table Manners』でキュートかつコミカルなステージングを見せたかと思えば、ジャケットを脱ぎすて、『You Don’t Care』、『霖雨』と極上のバラードを紡いでいく。タカシの美しい歌声とダンサーたちによる隅々まで洗練された感情表現は、これぞ超特急、と改めて実感させてくれる。

『Добрый день(ドーブリジェン)』は、ダンサー4人メインのロシアンテイストの楽曲だ。こちらはボーカルとしてタカシの出番はないものの、終盤に4人の後ろで腕を頭上に上げ三角形を作り左右に揺れるという動きを無表情で披露。これには8号車からもつい笑い声がもれる。

そしてレーザーライトが飛び交うサイバー感あふれる演出の『Time Wave』から、超特急がこの地で黄金時代の幕開けを告げた『Time of GOLD』へ、ダンスを中心としたパフォーマンスが続く。

超特急は人生そのもの

続くブロックからはタクヤがプロデュースした特攻服風の衣装を纏った5人が登場。その衣装をよく見るとこれまでのシングルタイトルが刻まれている。ここからは「10th Anniversary Special Medley」という、ステージ中央にすえられた巨大な“10”のロゴをバックに2012年発売の1stシングル曲『TRAIN』から歴代シングル曲をノンストップで披露していく。

可愛さとコミカルさという彼らの根源的な魅力が詰め込まれた『SHAKE BODY』や、カイが「サルゲッチュ」のピポサルよろしくランプが付いたヘルメットを頭に被った『POLICEMEN』、芸術的な変顔が炸裂する『Believe×Bilieve』、久々に披露した『スターダスト LOVE TRAIN』など、定番曲はもちろん、懐かしの楽曲まで、これまでの彼らが歩んできた歴史を途中下車なしで駆け抜ける。

また、2020年に脱退したユースケのセンター曲だった『ikki!!!!!i!!』が流れると、ステージ上にある“10”のロゴがユースケのメンバーカラーである黄色にライトアップするなど、思わずグッとくる演出も。

メドレーの中盤も、リョウガやユーキたちのシャウトが聴く者のテンションをいやがおうにも高める『バッタマン』で一体感を煽ったかと思えば、続く『Beautiful Chaser』ではまったく別のドラマチックな世界を見せつける。このふり幅の広さもまた心地がいい。『a kind of love』は、タカシのアカペラでしっとり始まったかと思えば、後半は相変わらずのワチャワチャ感と底抜けの明るさを振りまき、没入感を高めていく。8号車も超特急との出会いを振り返るかのように、一曲一曲に盛り上がりつつも感慨深く聞き入っていた。

メドレーのラストは、2020年12月発売の19thシングル『Asayake』。未来へと繋げていくような前向きなポップチェーンで締めくくった。全21曲にわたるメドレーは約20分、リミッターを解除したかのような怒涛の展開。全ての楽曲をハイクオリティにこなすスタミナとテクニックに裏打ちされたパフォーマンスはもちろん、楽しさの追求も忘れないメンバーの姿勢には感服させられる。

MC終わりで「超特急超突撃インタビュー」と題した映像がスクリーンに流れ始める。ユーキがレポーターに扮し、メンバー5人にとって超特急という存在や思い出を語ってもらうというものだ。リョウガは「超特急は人生そのもの」と語り、ライブの思い出としてツーショット撮影会に父が参加したというエピソードを披露。カイは、自身の初センターについて「今までと違う雰囲気の曲だから、引っ張っていけたらいいなという気持ちだった」と心情を吐露。タカシは昔と比べて「中身はそこまで変わらないけど、気の持ちようが変わった」と自身の変化について触れた。タクヤは「昔よりも角が削れてきて丸くなったと思う」過去を振り返りつつ、「10周年を迎えられたのは皆さんのおかげ。どんなことがあっても支え合って一緒に壁を乗り越えていけたらなと思っておりますので、応援よろしくお願いします!」と8号車に向けてコメント。最後にユーキも「僕たちにとってはどんなときもひとつひとつが特別な宝物。みなさんとも引き続き一緒に楽しんでいきましょう!」と意気込んだ。

ライブ終盤は『Keyward』から『Burn!』、そして日本語と英語、韓国語が盛り込まれたダンスミュージック『같이 가자(カチカジャ)』へ続く怒涛の展開。カジュアルな衣装に着替えた5人がステージせましと跳ね回る姿から、ユーキの言葉通り、この瞬間瞬間を全力で楽しもうという気概が大きく伝わってくる。『Burn!』においてメンバー全員で歌うサビ部分ではタカシが「声を出せないと思うけど、心のなかで一緒に歌いましょう!」と大きく声を上げると、8号車も全力の“バッテンマーク”で応えるなど、ラストスパートに向けて会場の一体感も最高潮に。本編のラストは『Party Maker』。よそ見する暇を与えないアクロバティックなパフォーマンスと、伸びやかで心地のよいボーカルが調和する、5人の真骨頂を見せつけた。

8号車がいるからこれからも走り続けることができる

アンコールはリョウガのセンター曲でもあり、これまた初披露となる『激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ~るど』からスタート。続く『Te quiero mucho』では「一緒に踊りましょう!」とメンバーが呼びかけると、8号車もメンバーの動きを目で追いながらと一緒に振付を踊っていた。

曲が終わるとリョウガは「今年で10周年を迎えられたのは8号車のおかげ」と改めて感謝の思いを口にし、メンバーとともに頭を下げると会場からも温かい拍手が送られた。「思い返せばいろんなことがありました。まさに山あり谷あり。だけど、いままで来られたのは8号車のおかげだし、8号車がいるからこれからも走り続けることができると思っております。どうか、これからも一緒にいつまでも走っていきましょう!」と決意を強くにじませると、最後は『走れ‼‼超特急』で全てのパワーを使い果たすかのようにフィニッシュ。ユーキは涙をみせながらも「この先も一緒に笑顔で突っ走っていきましょう。最高だ、愛してるよ!」とメッセージを送った。

最新アルバム『DANCE DANCE DANCE』収録曲からファン待望の懐かしい楽曲に至るまで新旧織り交ぜた構成で、10年分の感謝を届けた超特急の5人。来年には活動11年目へ突入する彼らだが、いかなる道を進もうとも、8号車とともに一緒に走り続けていける。そう確信できたライブだった。

BULLET TRAIN 10th Anniversary Super Special Live 「DANCE DANCE DANCE」
日時:2021年11月23日(火・祝)
会場:さいたまスーパーアリーナ(埼玉・さいたま市)

Information

<LIVE>
BULLET TRAIN 10th Anniversary Super Special Live “DANCE DANCE DANCE” 大阪公演
会場:大阪城ホール
日時:2021年12月25日(土)open 16:30 / start 17:30
指定席:¥9,800(税込)

各種プレイガイド受付中

公式サイト

超特急

メインダンサー&バックボーカルグループ

2011年12月25日結成、2012年6月10日にシングル『TRAIN』でCDデビュー。12thシングル『超ネバギバDANCE』(2017年4月26日発売)では、オリコンウィークリーランキング&ビルボードTop100で初の1位を獲得。2021年7月配信楽曲「CARNAVAL」が1400万回再生突破。曲ごとにセンターが変わる高いエンタテイメント性、驚きに満ちた自在なダンスフォーメーション、そして<8号車>との一体感溢れるライブパフォーマンスが話題となり、単独公演のチケットは全公演秒速で完売。2021年11月23日(火)、結成10周年記念となるアニバーサリーライブ『BULLET TRAIN 10th Anniversary Super Special Live “DANCE DANCE DANCE”』を、超特急最大規模のさいたまスーパーアリーナ、2021年12月26日(日)大阪城ホールで行うことが決定している。