Contents

6,017組の中から勝ち抜いた26組による白熱の準決勝

新型コロナウイルスによって客席から笑いが消えた2020年のお笑い界。その厳しい1年を堪えぬいた今年の「M-1グランプリ2021」は、初の6,000組越えとなる6,017組が出場。各予選では、昨年分の笑いをも取り戻すべく、どの出場者たちもしっかりと練り上げてきた渾身の漫才を繰り広げてきた。

その結果、メディアで活躍する芸人たちの敗退、超若手芸人の下剋上、久々に出場する芸人たちの逆襲など、番狂わせが続出。普段の活躍は一切関係なし。結成15年以内の芸人たちがプロ・アマ問わず“とにかくおもしろい漫才”で頂点を目指すべく、計26組が準決勝の舞台で火花を散らすこととなった。

12月2日に開催された準決勝の舞台はNEW PIER HALLで、有観客で行われた。

昨年結成したばかりの女性コンビ・ヨネダ2000は、大舞台を物ともしない自由なボケとスムーズなネタ運びでいきなり爆笑をさらう。4年ぶりの出場となるハライチは、一切ブランクを感じさせないボケとツッコミの応酬を展開。真空ジェシカはネタ中にさまざまな伏線を張り巡らせて観客を笑わせる。昨年初めて決勝進出を果たした東京ホテイソンの独特なツッコミは今年も健在。4年連続の決勝進出を狙う見取り図は、悲願の優勝を見据えた貫禄のコント漫才。決勝7位、5位と順位を上げ、さらに今年は「ABCお笑いグランプリ」優勝と勢いに乗るオズワルドも、堂々のしゃべくり漫才で会場を沸かせる。ダイタクは双子ならではの悲哀を次々と笑いに昇華。2年ぶりの決勝進出を狙うインディアンスは、登場から最後まで破格のボケ数で勝負に出る。3年ぶりの出場かつラストイヤーとなるアルコ&ピースの2人の白熱のやりとりには、客席から思わず拍手が沸く場面も。昨年の決勝進出で一躍脚光を浴びた50歳と43歳のコンビ・錦鯉は“おじさん”感を存分に活かしたボケで会場の老若男女をしっかりと味方につけた。

9組中5組が初の決勝進出となったフレッシュな顔ぶれ

準決勝が終わった約2時間後、決勝進出者発表会見がGYAO!生配信で行われた。司会は麒麟・川島が担当。発表の瞬間を撮影したVTRとともに、名前を呼ばれた決勝進出者たちが順に舞台に登場。

見事決勝に進出したのは、インディアンス、真空ジェシカ(プロダクション人力舎)、モグライダー(マセキ芸能社)、ゆにばーす、ロングコートダディ、オズワルド、錦鯉(SMA)、もも、ランジャタイ(グレープカンパニー)の9組。(発表順。事務所表記の無い出場者は吉本興業所属)。

真空ジェシカ、モグライダー、ロングコートダディ、もも、ランジャタイと、9組中5組が初の決勝進出となった。

2年ぶりに決勝への返り咲きを果たしたインディアンスは、「今年1年、優勝しようと2人で約束してがんばってきた」と感無量の表情。田渕は「うれしいという言葉以上にうれしい。ほかにいい言葉があったら教えてください」と喜びを爆発させる。

顔にイルカの飾りを付けて登場した真空ジェシカ・川北には、川島が「何から触れればいいのか」と困惑。相方のガクは「人力舎で決勝に進出したのはアンタッチャブルさん以来。人力舎にトロフィーを持って帰りたい」と語った。

決勝進出者発表の際に、芸人たちの間からひときわ大きな歓声が上がっていたモグライダーの芝は「ずっと応援してもらっていた自覚はあったんですが、応えられなくて。今年は真摯に向き合ったので、ここまで来れたのかな」と照れながらコメント。ともしげは事務所の先輩でもあるナイツ塙が審査員のため、「塙さんから『調子に乗るとおもしろくない』と言われてるので気を付けたい」と自分に喝を入れる。

「M-1で優勝したら引退」と言い続けているゆにばーす・川瀬は3年ぶりの決勝進出に「また辞める機会をいただけました」と初志貫徹。今大会への意気込みについては、自分なりの過去の教訓として「ここまで来たら運です」と言い切った。今大会で唯一の女性ファイナリストとなった相方・はらは、「(優勝したら)私も辞めようかな」と衝撃発言。「賞金をもらって退社。これがほんとの寿退社ではないでしょうか」とマイクを床に置き、川瀬と川島を慌てさせた。

ロングコートダディ・堂前は念願の決勝進出ながら「ちやほやされると思ったら、初決勝進出のコンビが多すぎて……」とガッカリ。相方の兎は決勝進出直後の密着インタビューでスベってしまったことを後悔し、「決勝でなんとか取り返したい」と、2人とも失意のコメントとなってしまう。

3年連続の決勝進出となったオズワルドは、いつも大人しい畠中が「自分のことのようにうれしい」といきなりボケたため、相方・伊藤が「畠中って知り合いが多いとボケるんですよ」と暴露。また、これまでミルクボーイやマヂカルラブリーら王者の後などネタ順に恵まれていないことに、「元をたどったら6年前に電撃ネットワークさんの後にネタをやっていた」と悲しいジンクスを明かした。

50歳の錦鯉・長谷川は、昨年49歳で最年長ファイナリストとなった自らの記録を見事に更新し、「『50歳からののびしろ』をテーマにやってきました。日本を引っ張っていきたい」と同世代にエール。相方・渡辺は「去年よりうれしい。まさか50歳の相方を連れて決勝に行けるとは思ってなかった」と語り、長谷川が56歳となるラストイヤーまで出場するという野望もほのめかす。

今大会で一番若手のファイナリストとなったのは芸歴5年のもも。見た目がヤンキー風なまもる。は田渕同様「うれしいしか言葉が出ない」と見かけによらずモジモジすると、川島から「成人式で調子に乗って前に出てきた人」とイジられ、その見事な例えに芸人たちが爆笑。一方、相方のせめる。は、「エントリーナンバーが6なんですが、一桁台で決勝進出したのは初めてとのこと。M-1に名前を刻めたので、もう負けてもいい」と堂々のボケっぷり。

ランジャタイは、国崎が「ももとネタが丸かぶり」「準決勝は26組が一斉に出るって聞いてた」などボケ三昧。会見でもネタ同様のランジャタイワールドに川島のみならずファイナリストたちからもツッコミが飛んでいた。

「優勝賞金1,000万円の使いみち」でボケ合戦

生配信終了後の質疑応答では、「優勝賞金1,000万円の使いみち」を聞かれ、「全部500円玉にして増やしたい」(インディアンス・田渕)、「大きなトラを買いたい」(錦鯉・渡辺)、「パレードをしたい」(ランジャタイ・伊藤)とボケ合戦。最後まで笑いが満載の会見となった。

本番のネタ順はおなじみとなった「笑神籤(えみくじ)」方式。毎回クジを引き、呼ばれたコンビがそのままネタを披露。1組ずつネタ順が決定していくことになる。そして昨年同様、笑神籤の中から「敗者復活組の札」が選ばれた時点で敗者復活組を発表。六本木アリーナからスタジオに直行しそのままネタを披露する。

決勝戦は12月19日(日)夜6時34分より、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット生放送。彼ら9組に加え、決勝前に東京・六本木ヒルズアリーナにて行われる敗者復活戦からの勝ち上がり1組も参戦し、計10組で優勝賞金1,000万円と漫才師No.1の称号を競う。

敗者復活戦は午後2時55分からABCテレビ・テレビ朝日系全国ネットで生放送(※一部地域を除く)。司会は陣内智則が務める。決勝進出者は今年も視聴者投票で決定。投票はM-1グランプリ公式サイトにてテレビ、パソコン、スマホから受け付ける。

なお12日(日)昼12時55分からは、特別番組「来週はM-1グランプリ!超お宝映像で振り返るM-1ランキング」を放送。ABCラジオでは決勝と同時刻に「ラジオでウラ実況!?M-1グランプリ2021」を生放送予定。また、GYAO!ともタッグを組み、M-1グランプリを盛り上げる。

Information

「M-1グランプリ2021」
12月19日(日)午後6時34分 ~ 午後10時10分放送
ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送

「M-1グランプリ2021 敗者復活戦」
12月19日(日)午後2時55分 ~ 午後5時25分放送 ※一部地域除く
ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送

「来週はM-1グランプリ!超お宝映像で振り返るM-1ランキング」
12月12日(日)ひる12時55分 ~ 午後1時55分 放送
ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送

制作:ABCテレビ、吉本興業
主催:M–1グランプリ事務局

公式サイト

公式YouTube

公式Instagram

公式Twitter