Contents

絶対に主人公の海星役は他の人に渡したくなかった

――佐藤さんは柳内大樹さんの作品を愛読されていたそうですが、『軍艦少年』は今回のオファーがあって初めて読んだとお聞きしました。そのときの印象をお聞かせください。

佐藤 熱くてまっすぐなストーリーだなと思いました。良い意味で昭和の男臭さや仁義を感じ、登場人物に一本筋が通っていて心にグサッと刺さってきました。本当に良い作品に出合えたなというのが読んだときの感想でした。しかも主人公の海星役を僕にまかせたいと言ってくださっていると。もしもオーディションで配役を決めるとしても、絶対に海星役は他の人に渡したくないと思うぐらい漫画に感情移入しました。

――海星というキャラクターに惚れ込んだんですね。

佐藤 Yuki Saito監督との1回目の顔合わせから、僕は啖呵を切るような勢いで参加させてもらえたんです(笑)。その時点では他のキャストさんは決まっていなかったんですけど、まだコロナ禍の前だったので、「現場に入る前に、可能な限り出演する役者さんが集まる本読みの場を作ってください」とお願いして、「本読みまでに全部セリフを覚えていきます。僕がこれぐらい本気でやってますというのを伝えたい」と言いました。

――並々ならぬ意気込みが伝わってきます。漫画原作ならではの役作りはありましたか?

佐藤 僕は漫画や小説が原作の作品に出演することが多いのですが、そういう難しさはあまり感じなかったです。少女漫画の場合は、ファンタジーの要素が多いので、実写化するのに難しい部分もあります。自分が演じる意味を考えながら、夢は壊したくないし、でもリアルさも必要だし、その落としどころに悩みます。でも『軍艦少年』は、一昔前が舞台ですが今にも通じる、どこにでもいる家族、少年たちの話だから、すごくリアルです。感じるものは本物だったので、漫画の実写化という意味での難しさはなかったです。

――どの登場人物もリアルで等身大だなと感じましたが、中でも佐藤さん演じる海星は愛すべきキャラクターでした。

佐藤 海星という役は本当に魅力的で、自分の中で甘えとかはあるんですけど、もがいている過程すらも、ちゃんと筋が通っています。原作の漫画を読んだときの高揚感を、映画を観た人に伝えられるか、それ以上の熱い感情を与えられるかという意味でのプレッシャーはありました。この作品は生身の人間が演じることによって、よりキャラクターに血が通うだろうと感じたので、そこを大事にして演じようと思って参加させていただきました。

――佐藤さんの引き締まった肉体が、ケンカシーンに説得力を与えていましたが、ボディメイクなどはされましたか?

佐藤 筋トレで体重を5キロほど増やしました。海星はケンカの多い役で、ポスターだけを見るとヤンキー気質な感じなんですけど、もともと普通の青年なんです。生まれつきがたいのいい青年に見えるように意識しました。あとクライマックスで対峙する一ノ瀬ワタルさんが相当鍛えていて。ワタルさんとは何回か共演したことがあるんですけど、雰囲気がある人だから、対峙したときに一目見て、「お前こいつには勝てんやろ!」って思われるのは損だなと思ったんです。もともと僕は線が細いので、できる限り鍛え過ぎず、かといってひょろっとし過ぎず、現場に入る前に意識して準備しました。

――バトルシーンが多いですけど、どれも痛みの伴うものというのも本作の大きな特徴かと思います。

佐藤 原作自体がそうなんですけど、『軍艦少年』はケンカをエンタメとして描いていないというか。感情の行き場やぶつかり合いの手段を、ケンカという形で選んでいるだけなんです。お互いに「譲れないものがある」というよりは、「舐められたくない」みたいなちっちゃなことかもしれないけど、この作品に登場する少年たちは、それを大切にしていて、そういうところで力を見せつけてしまう。どんなに人を殴っても何も解決しないやり場のなさ、痛々しさって、25歳の自分にとってはすごく理解できます。人を殴ってスカッとする、かっこいいというアクションじゃなくて、ケンカを通して暴力のやるせなさという負の部分が見えてくるのが、海星を演じる上で大切だったのかなと思います。

父親役の加藤雅也と本気でぶつかり合うことができた

――佐藤さんも小さい頃は『軍艦少年』の舞台と同じく長崎県で暮らしていたんですよね。

佐藤 対馬という島に住んでいました。

――撮影中に懐かしさは感じましたか?

佐藤 とても感じましたね。実際に軍艦島(端島)には行ったことなかったんですけど、今回の映画のために髪を染めてもらった長崎の美容室だったり、宿泊先のホテルだったりで、地元の人たちと話すと方言も出るから懐かしいなぁと。海の近くでの撮影も多くて、ちっちゃいときに育った場所の自然環境に似ていたので親しみやすさもありました。

――父親・玄海役の加藤雅也さんと共演していかがでしたか?

佐藤 加藤さんとのアクションシーンや、親父に感情をぶつけるシーンなど、食ってかかっていくシーンが多かったので、まさに「胸を借りる」という言葉そのままでした。加藤さんとは『HiGH&LOW』シリーズでもご一緒していて、ご飯を食べる機会もあったので、なんとなく人となりは知っていました。でも今回初めてがっつり共演させてもらって、色んなアプローチでお芝居のことを考えていらして、自分にはないものばかりなので勉強になりましたし、面白いなと思いながら共演させてもらいました。加藤さんはテストから本気で掴みかかってくるぐらいの勢いでお芝居をされるので、僕も全力でぶつかっていくことができました。

――母親が亡くなった後の、父子の関係性の変化がリアルに表現されていたと感じました。

佐藤 思春期に母親を亡くして、家に大きなクッションがなくなるというか。父親と仲が悪くなったわけじゃないけど、家族がひとり欠けたことでうまく歯車が回らないみたいな不思議な状況。僕は両親とも健在ですけど、そういう家庭環境は想像でも理解できる部分もあるから、それを自分なりに表現しました。

――海星に共感する部分はありましたか?

佐藤 エネルギーをどこに持っていっていいか分からない。正体は分からないけど自分の中で気持ちが渦巻いているような海星の気持ちは、僕の中学・高校時代と重ね合わせると、よく分かる部分もありました。また、この撮影のときに僕は23歳だったんですけど、役者をやっていく上で、何かにつけて言い訳をしたくなる自分の情けなさ、自分に対しての怒りなどは抱えていたので、それを海星に投影していた気がします。

――撮影から約2年が経っての公開となりますが、改めて観返してみて自分の演技はどのように映りますか?

佐藤 自分が拙かったなと後悔するシーンはありますが、今の自分が演じても、当時の勢いは出せないとも思います。それぐらい23歳の僕は尖っていたし、もっと不器用だったし、そんな自分を出せたのは、そのときに出会ったキャスト・スタッフさんのおかげですし、それをYuki Saito監督に撮ってもらえたのは一生の宝です。

作品を観た人の心を震わせられなかったら俳優を辞めてもいいという気持ちで挑んだ

――学生時代のお話を伺いたいのですが、佐藤さんは高校生の頃から役者を目指してEXPGに通っていたと伺いました。

佐藤 初めて受けたオーディションが「EXPG全国特待生オーディション」で、ありがたいことに合格して、その後に事務所に所属することができました。高校時代は「これからどんな仕事ができるんだろう?」というワクワク感が強かったです。

――実際にお仕事をするようになって、夢と現実のギャップみたいなものはありましたか?

佐藤 あった気がするし、なかった気もします。ただ最近は仕事という言葉の意味を考えるようになりました。

――佐藤さんにとって仕事面で同期と言える存在はいらっしゃいますか?

佐藤 同期という意味では、事務所に同時に所属したTHE RAMPAGEですね。メンバーの16人全員が同期なんですよ。僕が通っていたのはEXPG福岡校で、学生時代から付き合いのあるメンバーもいるので、お互いの地元時代を知っているし、そういう仲間がいるのは心の中の支えです。仕事の話ができる友達が自分の会社にいるのは財産だし、LDH JAPANのいいところだなって思います。

――最後に改めて高校生の読者に向けて、『軍艦少年』の見どころを教えてください。

佐藤 母を亡くした青年と、妻を亡くした父親が周りの人に助けられ、なんとか自分の足で立ち上がって生きていくストーリーです。決してかっこいいだけではない、人間くさい映画ですが、劇場に足を運んでくださった方の心には何かを届けることができると思います。軍艦島でしか撮れない、象徴的なシーンや体当たりで演じたアクションシーンも見どころの一つとなっています。ぜひ、感動を分かち合いたい仲間と映画を観に来てください。よろしくお願いいたします。

Information

『軍艦少年』
12月10日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国公開!

佐藤寛太 加藤雅也
山口まゆ 濱田龍臣 / 赤井英和 清水美沙 / 大塚寧々

監督:Yuki Saito
脚本:眞武泰徳
原作:柳内大樹『軍艦少年』(講談社「ヤンマガKC」刊)
配給:ハピネットファントム・スタジオ
2021年/日本/104分/シネマスコープ/5.1ch/PG12
©2021『軍艦少年』製作委員会

長崎・軍艦島の見える街で暮らす、地元の高校に通う海星(佐藤寛太)と小さなラーメン屋を営む玄海(加藤雅也)。最愛の母を亡くして喧嘩ばかりの息子と幼馴染の妻を亡くして酒浸りの父は互いに反目し、いがみ合っていた。そんなある日、海星は大きな事件に巻き込まれていく──。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

佐藤寛太

俳優

1996年6月16日生まれ。福岡県出身。2015年1月、劇団EXILEに正式加入。俳優としての活動を始め、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍。主な映画主演作に『イタズラなKiss THE MOVIE 〜ハイスクール編〜』(16)、『DTCー湯けむり純情篇ー from HiGH&LOW』(18)、『いのちスケッチ』(19)など。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Masahiro Hiramatsu(Y’s C) , Hair&Make:KOHEY