Contents

3連勝を狙う「SEGA SAMMY LUX」が独自の世界観で圧倒

開幕戦から2連勝と快進撃を続け、D.LEAGUE史上初の3連勝がかかったSEGA SAMMY LUXによるオープニングパフォーマンスで幕を開けたROUND.3。

トップバッターの「CyberAgent Legit」は、「信念」をテーマに掲げて、Kotoriをセンターに据えてのパフォーマンス。8人全員、つばの大きいハットを被り、赤い炎よりも温度の高い青い炎をイメージした衣装で登場。ポップダンスを主体にした息の合ったパフォーマンスは、絶妙なバランスでクールさとエモーショナルさを表現した。

前回2位だった「KOSÉ 8ROCKS」は、コメント動画でディレクターのISSEIが「『声と身体』をテーマに、ヒップホップカルチャーの原点へと立ち返った作品」と解説した通り、ビートを排した晋平太のラップをバックに、ISSEI曰く「とがりまくりのルーティン」で多彩なブレイキンを見せつける。時に無音状態になるパートでも、しっかりとリズムをキープして踊るスキルの高さを見せ、70.5点の高得点をマーク。

3連勝を狙う「SEGA SAMMY LUX」は、仮面に黒マントという不気味ないで立ちで現れる。曲が始まって仮面と上衣を脱ぎ捨てると、オレンジの仮面に色鮮やかな民族衣装という、これまた強烈なファッション。16ビートのデジタルサウンドをバックに、アフリカの伝統舞踊「ザウリ」にインスパイアされた、プリミティブでありながら現代性もある芸術的なパフォーマンスを展開。ジャッジの黒須洋嗣は「SEGA SAMMY LUXの波が来ている。エンタメ性もばっちりでスキルも高い」と絶賛、73.5点を獲得して首位に躍り出た。

「Benefit one MONOLIZ」は、トレードマークだったヒールを封印して裸足で登場。「ストロンガー(もっと強く)」をテーマに、ドレープのある衣装を翻しながら、寄せては返す波のようなパフォーマンスを繰り広げ、内にある感情を巧みに表現。ジャッジの青山テルマは「悔しさを強さに変えるという思いが作品から見えた」と絶賛するも、得点は65点と伸び悩んだ。この結果に、この日のセンターを務めたNonoka Sudoは涙を流して悔しさを露わにしながらも、「お客さんの前で表現できたことが幸せ」と感謝を述べた。

前回はオーディエンスジャッジでトップを取りながらも、2ラウンド連続で審査員のジャッジポイントが伸び悩んでいる「dip BATTLES」。そんな現状を打破すべく、「既存の価値観や枠組みを根底から破壊」する作品で勝負をかける。SF映画のようにサイバーな黒の衣装とメイクで現れ、ハウスとアニメーションを中心にしたパフォーマンスで、荒廃した未来都市を暗躍するような、ダークな世界観を表現して、得点は70点と初の70点台を獲得した。ジャッジのPInOは「一体感があって、ステップワークの見せ方にバイブスを感じた」と称賛した。

「社会人」をテーマにした「FULLCAST RAISERZ」が面目躍如

前回はゴリゴリのKRUMPで真っ向勝負を挑むも、ジャッジポイントは62点と伸び悩んだ「FULLCAST RAISERZ」。1st SEASONではドラマ仕立てのコミカルな作品を随所に挟んで高い評価を得たが、今回も「社会人」をテーマにした異色の作品で新たな側面を見せた。全員スーツに身を包んで、オフィス内に溢れる電話やパソコン、足音や咳などの音に加えて心音などをアクセントに使用したサウンドをバックに、シンクロ率の高いダンスでサラリーマンの一日を表現。75.5点という高得点でトップに立ち、ジャッジの島谷ひとみは「流れるようなストーリー性が面白かった!」と褒めたたえた。

「破壊と再生」をテーマに掲げた「KADOKAWA DREAMS」は、そのテーマ通り古着をリメイクして今風のテイストに仕上げた衣装で登場。パンクロックの要素も取り込んだヒップホップをバックに、スピーディーかつワイルド、そしてアクロバティックなダンスで不良っぽいクールなオーラを醸し出す。そんなダンサーたちの姿に、ジャッジのZENは「メンバー一人ひとりにスター性を感じた」と語った。

「二面性のあるショー」をテーマに掲げた「SEPTENI RAPTURES」は、デニムとスパンコールにセパレートされたファッショナブルな衣装に身を包み、どこか切なさを感じさせるアーバンなソウルナンバーをバックに7人の女性ダンサーがエレガンスにダンス。そこに男性ダンサーのKANATOが切り込んで、エモーショナルなダンスで空気を一変させる。その後は8人で上半身と下半身で異なる動きをするダンスで圧倒的なスキルを見せつけ、70.5点を獲得した。

前回、「大人なI’moon」という新たな表現で挑むも両ジャッジポイントで最下位と不本意な結果に終わった「USEN-NEXT I’moon」。今回は原点回帰するかのように、Maariをセンターに配して、彼女たちの強みである「キュートさ」を前面に押し出して、「プロのダンサーがTikTokを表現したらどうなるか」をテーマにパフォーマンス。K-POPテイストのサウンドをバックに、指先の動きや豊かな表情など細かなところまで工夫を凝らした華やかなダンスで、他のチームにはない魅力を放ったが、64点と得点が伸びず。

「avex ROYALBRATS」もFULLCAST RAISERZ同様にサラリーマン風の佇まいだが、揃いの緑色のパンツに、色の違うジャケットとネクタイ、そしてダンサーそれぞれの個性を活かしたユニークなヘアスタイルという、インパクトのある衣装で登場。冒頭は並べた椅子に座って新聞を効果的に使いながら、息の合ったコンビネーションを見せたかと思うと、一つのバックをパスしながらステージ中を躍動したり、ジャケットを放り投げて開放的に踊ったりと、まるでコメディ映画のような世界観を作り出す。最後は再び椅子に座ったかと思うと全員が同じタイミングでこけて、「SLOWDOWN」という文字を描き出す。ジャッジのSeishiroが「レベルの高い作品。エンタメ性を追い求めると踊りを無視しがちだが、そこのバランスも良かった」と絶賛し、得点も74.5点で2位につけた。

トリは開幕戦から苦戦が続く「LIFULL ALT-RHYTHM」だが、一貫して「多様性」というテーマを貫く姿勢にパッションを感じさせる。今回の作品は「メンバー間で辛い出来事を共有してダンスで表現した」とコメント動画で解説。顔をメイクで汚して、揃いのエクステンションを振り乱しながら訴えるように激しく踊ったり、床に這いつくばったりと、全身全霊で「無言の怒り」を表現。息苦しいほど切迫感のあるパフォーマンスは唯一無二の魅力を放っていたが、得点は62点と最下位に沈んだ。

ROUND.2で70点台をマークしたのは1チームだったが、今回は実に6チームが70点台を叩き出すというハイレベルな戦い。結果はオーディエンスジャッジでも満点の20点と1位を獲得したFULLCAST RAISERZが、今シーズン初のWINNERに輝き、SEGA SAMMY LUXの3連勝を阻止した。ディレクターのJUNは「1回、2回とSEGA SAMMY LUXが持って行って、お互い男性集団の男気が強いチームなので、絶対に引きずり落としたかった。ラウンドの早い段階で勝つことができて良かったです」と闘争心を露わにした。MVDには悔しさで涙を流したBenefit one MONOLIZのNonoka Sudoが選ばれ、一矢報いた。

回を重ねる毎に、各チームが様々な趣向を凝らすD.LEAGUE 21-22。次回ROUND.4は12月24日とクリスマスイブの開催。2021年を締めくくるに相応しい熱いバトルが繰り広げられるはずだ。

第一生命 D.LEAGUE 21-22 REGULAR SEASON ROUND.2
日時:2021年12月9日(木)
会場:東京ガーデンシアター(東京・有明)
©D.LEAGUE21-22

Information

注目のROUND.4は12月24日(金)18時半からD.LEAGUE公式アプリなどで無料で生配信!視聴方法、詳細は公式サイト、アプリ、SNSをチェック。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

Photographer:Keita Shibuya ,Reporter:Takahiro Iguchi