Contents

楽しくキャッチーな『More Fantastic』と決意を示す『Reborn』

――最新の3rdシングル表題曲『More Fantastic』は疾走感ある1曲で、料理に関するフレーズがちりばめられている歌詞もユニークですが、この作品に対する印象や、ティーン世代に聴いてほしいポイントを教えて下さい。

白浜 先日、期末テストが終わったんですけど、この曲は3分くらいなので、聴いている間だけ休憩して「よし、頑張ろう!」とリフレッシュしていました(笑)。どんな場面でも背中を押してくれる曲で、サビの「溢れ出す だす DANCE」とか、メロディーに乗せて自然と歌詞が入ってきます。「自分だけのレシピ探せば」「明日がときめきはじめる」の部分がお気に入りで、「自分のやり方を探せば明日はもっとできる!」と、頭の中で歌詞を置き換えてみたら試験勉強もいっそうやる気が出ました。

青山 グループに3曲ある“料理系”ソングの一つで、料理についてのフレーズがそこかしこにあるのは「おっ!」と思いました。サビの語感がよくて、口ずさみたくなります。最初は「そんなの誰が決めたの?」となっている歌詞が、最後には「私が自分で決めたの」と変化しているところも好きです。

高井 メロディーがキャッチーで、私たちを知らない方でも一度聴いたら耳に残るだろうなって思いますし、ぜひ、フル尺で聴いてほしいです。日常には面白いことや楽しいこと、素晴らしいことがたくさんあると気が付いてもらえると思います。家と学校の往復で毎日に「刺激がない」と考えている学生さんもいるかもしれないけど、考え方をちょっと変えるだけで明日が楽しみになってくる感覚もあるし、私は普段から、そう感じるときがあって。この曲をきっかけとして、ほんの少しでもキラキラした日常を想像してもらえるならうれしいです。

内藤 料理がテーマの歌詞や曲はもちろん、ダンスも踊りやすいんです。主題歌になっているドラマ『ごほうびごはん』のオープニングでも、出演者の方々が踊ってくださっていて。TikTokでも、主演の桜井日奈子さんや私たちのダンス動画が上がっています。ライブで初披露したときも、ファンの方がサビ辺りで一緒に踊りながら盛り上がってくれました。明るく楽しい振り付けなので文化祭や体育祭でも、ぜひ踊ってください(笑)。

――カップリングの「Reborn」は寝る前に聴くと明日への期待もふくらむようなナンバーですね。

白浜 自分の思いが「歌い続けると誓った」などの歌詞に込められている印象です。「強がりすぎて」「掴み損ねたりもした」と過去を振り返りながらも「ひとりきりの夜が強くさせてくれた」と決意する流れが好きで。終盤へ向かうにつれて気持ちが強くなっていくのも好きだし、楽しい事ばかりではないけど経験が自分を強くしてくれると教えてくれます。

青山 表題曲『More Fantasitc』とは異なる曲調で、一つひとつの言葉に共感できるなと思いました。「不安がまた押し寄せるけど置いてかなくちゃ」と励ましてくれるし、強くなろうと思わせてくれる。辛いときや落ち込んだときに、背中を押してくれる曲になっています。

高井 歌詞を読んで、これまでのアイドル活動を振り返ったんです。出会いや別れを経験しながらここまで来たなって。あやちゃんの言っていた「ひとりきりの夜が強くさせてくれた」の部分が私も好きで、悩んでいた夜もあったけど、その経験が今の自分を作ってくれたと感じられる瞬間があります。それぞれの状況に置き換えて、共感できる部分を見つけながら聴いてもらえたらうれしいです。

内藤 今何かを起こせば、未来は作れると気づかせてくれる曲。何かを一歩踏み出すことにとまどっている人の背中を押してくれます。学生のみなさんであれば、これから受験シーズンに向かうと思うので、心配や不安が押し寄せてしまうときに、ぜひ聴いてほしいです。

熱く盛り上がるセットリストに期待の「Luna FESTIVAL 2021」

――2021年12月23日には、内藤さんプロデュースの生誕記念公演「Luna FESTIVAL 2021」(東京・KANDA SQUARE HALL)が開催されます。当日は、どんな内容になりますか?

内藤 公演は2部制で、1部のテーマは「サウナ」です。2部は季節にちなみ「クリスマスパーティー」にしました。サウナをテーマにしたのは、昨年12月23日で20歳になってから一番ハマったのがサウナだったから(笑)。将来は「自分でサウナも楽しめるスパを設立する」という夢もできました。

高井 すごい! そんな夢を持っているとは思わなかった!

内藤 ありがとう(笑)。だから「Luna FES〜」の1部では、サウナっぽく熱く盛り上がれるセットリストを考えています。この1年でシングルやアルバムのリリースにより曲数がだいぶ増えたし、ライブを見たことある方にも「こんなB.O.L.Tの見せ方があったんだ」と驚いてもらいたいなと思います。

高井 るんぱん(内藤)がめっちゃ気合いを入れているんです。先日、地方遠征の行き帰りで乗った新幹線の車内でも、パソコンとにらめっこしながら黙々とセットリストを打ち込んでいて。プロデューサー感あるなと思いました(笑)。今年最後の単独ライブになりますし、1年間の集大成として最高潮のテンションで臨みたいです。あとは、プロデューサー・るんぱんについていくのみです(笑)。

白浜 新幹線で後ろの席からプロデューサー・るんちゃんの頑張りを見ていました(笑)。時折、頭をクシャクシャしながら、パソコンに向かってカタカタカタカタと。熱意がすごく伝わってきましたし、その姿も見ていたから、当日がより楽しみです。どんなステージになるのか今はまだ想像ができないけど、サウナについて色々調べてから臨みたいと思います!

青山 サウナやクリスマスパーティーは、私も全然想像できないので、お客さん目線で楽しめればと思います。誕生日のるんちゃんを主役として応援したいし、目立たせたいなって。新幹線の車内で奮闘している姿には、ひっそりとLINEで「かっこいいですね」と送りました(笑)。1年を締めくくる公演として、カッコいい姿をお見せできればと思います。

“あやなの”の成長とパフォーマンスに精を出した高井&内藤

――2021年も残りわずかですが、今年、中学校へ入学した“あやなの”のお二人にとってどんな1年でしたか?

白浜 小学生から中学生になって、大人への階段を一歩昇ったなと思いました。実際、変化も大きくて、何でもチャレンジしようと考えています。グループでも自分がやろうと決めたことをあきらめず、色々とチャレンジしてみたい気持ちが強くなっています。これまで歌のパートが増えたときは「難しいけどどうしよう」とためらってしまう意識もあったんですが、来年は「勇気は一瞬、後悔は一生」の言葉を心にしまいながら。何でも行動に移していければと思います。

青山 中学生になってから勉強が難しくなったし、中間テストや期末テストは小学校時代になかったので、最初は苦労しました。来年はアイドルとの両立をもっと上手くできればと思います。グループでは、こうした取材でも以前よりは話せるようになったかなって。来年はセンスを磨きたいと思っていて、お洋服とか髪型とかも学んでいきたいです。

――先輩の内藤さんや高井さんからアドバイスをいただくことはありますか?

青山 今回の曲で「衣装に合わせた前髪にしてください」と、ちぃちゃんにお願いしました(笑)。

高井 なのちゃん(青山)の前髪をプロデュースするのは、私の役割なんです(笑)。今回は帽子をかぶっているので、前髪がつぶれてしまい目にかかっていたので、かわいい顔が見えないともったいないと思って「もうちょっと前髪を巻いた方がいいよ」とアドバイスしました。

――内藤さんと高井さんは、ももいろクローバーZ・佐々木彩夏さんプロデュースの浪江女子発組合(JA浪江)としても、積極的に活動していました。この1年を振り返ってどうですか?

高井 昨年よりもあっという間でした。充実していた証拠かなって思います。B.O.L.Tではシングルやアルバムをたくさんリリースできて、曲のバリエーションも幅広くなったのがよかったです。JA浪江はB.O.L.Tとはまた違った表現ができるし、ライブの機会が多く色々な歌に触れられた1年だったと思います。B.O.L.T、JA浪江での活動を通して、自分の歌声を見つめ直す場面も多かったです。以前は、歌への苦手意識もあって精一杯だったんです。でも、今年は自分に合った歌い方を探るようにトライさせていただける機会が多く、歌うこと自体の楽しさを見つけられました。

内藤 2019年7月にB.O.L.Tを結成してから「楽曲に負けないパフォーマンスができるように」とずっと思っていました。ようやく実現できたのが、今年だったなと思います。グループができたばかりの頃は楽曲の勢いについていけず、ライブ中も一歩引いた位置から自分たちを見ている私がいて。ステージからお客さんに向けて「ついてこい!」と自信を持って思いを届けられるようになったし、心から楽しめるようになりました。

2022年に向けてそれぞれが明かした“プライベート”の目標

――メンバーとしての思いを伺いましたが、来年に向けてプライベートで達成したい目標はありますか?

白浜 人見知りを直したいと思っています。学校では新しい友達もできたけど、クラスのみんなと親友になれればいいなと思っています。なのちゃんは私と正反対のタイプでうらやましいんですよ。初めて仲良くなったのはB.O.L.Tへの加入前、初めての演技レッスンで話しかけてくれて。それがあったから、今では親子共々仲良くできるメンバーであり、親友であり、家族みたいになれました。

青山 幼稚園の頃に友だちから話しかけてもらい、仲良くなれた経験を今も覚えていて、そこから自分も話しかけるようになったんです。初めてのレッスンが不安なのは一緒だし、うれしいかなと思ってあやちゃんに声をかけました。

――自分から相手に歩み寄れるのは優しいですね。そんな青山さんが、来年やってみたいことを教えてください。

青山 勉強の時間を増やしたいです。今はお仕事が忙しいときは1時間、お休みの日は5時間ぐらい予習復習していますが、数学が苦手なので力を入れたいです。テスト前に焦らないように、日頃からコツコツと勉強しておきたいです。

――内藤さんと高井さんはいかがでしょうか?

高井 早寝早起き朝ごはん(笑)。あやなのちゃんの話からも思いますけど、学生時代は登校時間が決まっているから規則正しい生活じゃないですか。私も高校時代は6時に起きて7時の電車に乗る生活を続けていたけど、今は、お休みの日にプライベートでやりたいことがあっても寝て起きたら午前中が終わっていることもあって。ちゃんと朝日を浴びれば気持ちもポジティブになれるし、少しずつ朝型に戻そうと頑張っています。

内藤 私はフレッシュさを出していきたいです。学生時代は年齢より若く見られていたんですが、最近は年相応と言われる機会が増えてきてうれしいんですけどね。大人っぽさも出しつつ、あやなのちゃんと同い年に思われるぐらいの雰囲気も出していければと思います(笑)。

Information

<CD>
3rdシングル『More Fantastic』(c/w『Reborn』)
【初回限定盤(CD+Blu-ray)】 価格:¥2,000(税抜き:¥1,818)
【通常盤(CDのみ)】 価格:¥1,200 (税抜:¥1,091)

<LIVE>
内藤るなプロデュース公演「Luna FESTIVAL 2021」
日程:2021年12月23日(木)
会場:KANDA SQUARE HALL(東京)

公式サイト

B.O.L.T

アイドル

2019年7月結成。スターダストプラネットに所属する内藤るな・高井千帆・青山菜花・白浜あやの4人によるアイドルグループ。2020年7月にメジャーデビューアルバム「POP」をリリース。2021年8月〜9月にグループ初のライブツアー「#BOLT関東デマス ~初ライブツアーの巻~」を完走。2ndアルバム『Attitude』を経て、3rdシングル『More Fantastic』をリリース。

Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Syuhei Kaneko