Contents

初めて脚本を読んだときから、今でも悩み続けている

――『彼女が好きなものは』の脚本を読んで、どんな印象を受けましたか?

前田 どうやって亮平という役と向き合えばいいんだろうと、初めて脚本を読んだときから、今でも悩み続けています。正解がない話だと思うので。僕の周りには、知らないだけかもしれないですがゲイの友達がいなかったので、当事者のことや、どう向き合い、接するのが最適解なのかなど、かなり調べて考えて撮影に臨みました。

――BLの存在は知っていましたか?

前田 高校時代、紗枝みたいにBL好きの女の子がけっこういたので知ってはいたんですけど、自分としてはあまり理解できないジャンルでした。

――役作りではどんなことを意識しましたか?

前田 テーマは重いんですけど、映画のタッチとしてはめちゃくちゃ暗いという感じではないので、そこはすごく意識しました。亮平も普段は明るいキャラクターですけど、シーンによっては話している内容が難しいテーマなので、暗く、重くなりがちでした。それをアウトプットするときに、明るい亮平らしさを出しながらも、亮平の考えが見え隠れするような演技を心がけました。

――純がゲイであることを知る前と後では、亮平の接し方も微妙に変化します。どういうことを意識して演じましたか?

前田 僕自身、亮平と同じようにどうやって純と接したらいいのか悩んでいたからこそ、必要以上に表現しなくても、自然とセリフの言い回しが変化しました。

――生徒同士で同性愛についてディスカッションするシーンは本当の授業のようで生々しかったです。

前田 あのシーンは僕自身、一番好きです。あれがセクシュアルマイノリティを取り巻く今の社会をリアルに表していると感じました。あの状況を客観的に、映画として見るのは本当に大切なことです。撮影が終わった後の映像チェック中に、草野監督と2人で「気持ち悪いシーンになりましたね」というお話をしたんですけど、それぐらい違和感のある空気が流れていて、この映画のテーマについて、ちゃんと考えようというきっかけを与えてくれる、誰の心にも刺さる大事なシーンだと思います。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

前田 撮影現場はめちゃくちゃ明るいというか、学校でのシーンではクラス全員が和気あいあいと喋っていて本当に楽しかったです。草野監督自身が率先して賑やかな雰囲気を作ってくださったので、みんなでワイワイしてましたね。

――主演の神尾楓珠さんにはどんな印象を受けましたか?

前田 楓珠は純という役がぴったりだと思いました。純がしゃべってなくても、純の目を見るだけで、すごく伝わるものがあるというか。抱えているものの重さと、ずっと悩んで苦労してきたことが、楓珠の目を見るだけで伝わってくるんです。ただ意外だったのは、普段の楓珠はめっちゃ明るくて、純とは全然違いました。

――ヒロインを務めた山田杏奈さんの印象はいかがでしたか?

前田 もともと仲が良くて。2020年は3本連続で共演しました。一緒にいるとほっとしますし、安心感があります。お互いに信頼関係もあるので、お芝居をしていてもやりやすいところがたくさんあります。

高校進学を決めるときに役者で頑張るという覚悟が決まった

――前田さんは小さい頃から子役としての活動を始め、小学生の頃にお兄さんの航基さんと「まえだまえだ」というお笑いコンビを組んでブレイクします。当時はどういうモチベーションで仕事に取り組んでいましたか?

前田 小学1年生で「まえだまえだ」としてみなさんに顔と名前を覚えてもらいましたが、自分の中で仕事をしているという感覚がそこまでなかったと思います。お芝居も本当に楽しくて、部活とか習い事みたいな感覚で続けて、そのまま中学生になりました。そのときに両親から「芸能活動を辞めて友達と一緒の高校に行くのもいいし、このまま芸能活動を続けるんだったら、東京の高校に行くのがいいと思う。自分で決めていいよ」と言われました。そこで初めて自分の足でちゃんと歩いていかないといけないんだと気づきました。いろいろ悩んだ結果、お芝居を続けたいと思って、東京に出ると伝えたときに、役者で頑張るという覚悟が決まりました。

――現在は大学で演劇教育をテーマに学んでいるそうですが、大学進学を決断されたのはいつ頃ですか?

前田 高校に入ったときからです。何を学ぶのかは決めていなかったんですけど、大学には行こうと思っていました。

――役者一本でやっていく選択もある中で、どうして大学進学を決意されたのでしょうか?

前田 このまま高校を卒業して役者になったら、これから出会う人が、どうしても役者という職業に関係した人に限られてしまうなと思ったんです。大学に進学すればいろんな人たちと接することができるし、今後、役者という職業をやる上でも、様々な価値観を知るのは大切なことだなと。今の学部はすごく自由で、専攻や必修が少なくて、それぞれが自分の好きなことをやっているんです。そこでできた友達は本当に面白くて、コミュニケーションを取るだけで視野が広がります。もちろん役者という職業は大好きで、ずっと続けていきたいことだったんですが、いろんな職業を知った上で、「それでもやっぱり役者だ」と思えるのは全然違うのかなと。もし大学で役者以外にやりたいことが見つかったら、その道が正解でしょうし、いろんな選択肢や視野を広げるために大学には行っておきたいなと思いました。

――学部はどのように決められましたか?

前田 それぞれが好きなことをやっていて、いろんなことに詳しい人がたくさんいるという環境で、一緒に学ぶのが刺激的だし楽しいだろうなと思って、慶應義塾大学の総合政策学部に入りました。

――最後に進路を検討している高校生にメッセージをお願いします。

前田 高校生のみなさんは、自分の学力や偏差値を基準に大学を選ぶ人が多いと思います。でもせっかく4年間お金を払って大学に行くんだったら、本当にやりたいことを見つけていく方が絶対に楽しいし、自分の身にもなります。自分自身と向き合う経験をして、自分が何をやりたいのかを見つけたほうがいいと思います。たとえば自分の過去を振り返って、昔こんな経験をしたから、こういう職業に興味があるなとか、些細なきっかけでもいいんです。自分のやりたいことや好きなことにしっかり向き合った上で大学、専門学校、もしくは就職を決めてほしいなと思います。

Information


『彼女が好きなものは』
TOHO シネマズ日比谷ほか全国公開中

神尾楓珠 山田杏奈
前田旺志郎 三浦獠太 池田朱那
渡辺大知 三浦透子
磯村勇斗 山口紗弥加 / 今井 翼

監督・脚本:草野翔吾
原作:浅原ナオト『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』(角川文庫刊)
配給:バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース ©2021「彼女が好きなものは」製作委員会

ゲイであることを隠して生きる高校生の純(神尾楓珠)と、BL好きであることを秘密にしているクラスメイトの紗枝(山田杏奈)。思いがけず接近した二人は、紗枝が純のセクシュアリティを知らないまま、“ふつう”の男女としてつき合い始めるが……。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

前田旺志郎

俳優

2000年12月7日生まれ。大阪府出身。2007年から2歳年上の実兄の前田航基とともにお笑いコンビ「まえだまえだ」として活躍。映画『奇跡』(11)では兄とともに主演を務めた。映画『レミングスの夏』(17)では初めて単独主演を務める。NHK連続テレビ小説「おちょやん」(20)にも出演し、注目を集めた。近年の出演作には映画『キネマの神様』(21)、『うみべの女の子』(21)など。2022年1月期「婚活探偵」(BSテレ東)にレギュラー出演。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist: Kyu(Yolken), Hair&Make:TAKEYUKI SATOH(HAPP’S.)