Contents

地元に根付いている、地元に愛されている「ハワイアンズ」を舞台に

--本作はオリジナルアニメですが、総監督の構想から生まれたのでしょうか?

水島 フジテレビが東日本大震災の被災者支援として展開しているプロジェクト「ずっとおうえん。プロジェクト2011+10...」の一環で、「福島県を舞台にフラダンスをやっている女の子たちのお話を作ってほしい」というところまでは決まっていて、具体的なストーリーはまだない状態で声をかけていただきました。

--そこからフラガールのことを調べたりされましたか?

水島 実写映画「フラガール」を観ていましたのでフラガールの存在は知っていました。映画制作がスタートしてすぐに「取材に行きましょう!」ということで、舞台となったスパリゾートハワイアンズに行きました。若い方は知らないと思うんですけど、スパリゾートハワイアンズって昔、「常磐ハワイアンセンター」という名前で、「日本のハワイ」というTVCMが流れていました。子供の頃、気にはなっていたものの行く機会に恵まれず。で、今回行ってみたら、非常に地元愛あふれる素敵な施設だと思いました。

--どんなところに地元愛を感じましたか?

水島 温泉施設があるので、地元のおじちゃんおばちゃんが、日々のお風呂として利用していたり。湯本駅からハワイアンズまで無料送迎バスが出ているんですよ。そのバスは主に遠方から来た人たちがハワイアンズに行くために乗るんですけど、直通ではなく途中のバス停にも止まるんですよね。不思議に思っていたら、途中でおじちゃんとかおばちゃんが乗ってくるんです。従業員の方かな?と思ったら、普通にお風呂に入りに来る人たちで。従業員の方とも親しくて、仲良くお話をしていて。地元に根付いているんだと感じました。

ダンサーとか職員も地元の方が多く、地元の企業に就職する形としてスパリゾートハワイアンズで働いている。昔、常磐炭鉱が閉山になる時に雇用を生み出すために常磐ハワイアンセンターが作られたという経緯があるから、長い間地元に根付いていて、それが守られているんですね。

--雇用が都市部に集中してしまう中、理想的な形ですね。

水島 この映画の情報が解禁になった際、東北出身の仲間からも結構反応をもらいました。柏原くん(陸上選手・柏原竜二)が福島いわき出身で「僕もハワイアンズには子どもの頃から行っていました」と連絡をくれて。それ以外にも仕事仲間が「子どもの頃から行っていた場所がアニメの舞台になるのはすごくうれしいです」って言ってくれています。

--キャスト陣の中でも、蘭子を演じた富田望生さんだけは出演が最初から決まっていたそうです。

水島 せっかくなので福島ゆかりの人とか、東北出身の方にやっていただけたらいいよねという話がありました。富田さんに関しては伊藤プロデューサーが「蘭子というキャラクターを作っていく中で、とてもピッタリな女優さんがいる。しかも福島出身だからアタックしたい」と言われて、それが富田さんでした。

僕もその後に彼女が出ているドラマや映画を拝見して、すごく明るくて雰囲気ある女優さんだから素晴らしいなと思いました。ディーン・フジオカさんも福島生まれで快く引き受けていただきました。普段のアニメ作品でしたら、キャラクターに合った声の人を自分のわかるところからオーディションかけたりして選んでいくという感じですが、今回は全体で東北を応援するためにも、ゆかりの人が入ってくれて、それが力になっていると思います。

徹底したリアリティ 福島で撮影した写真を基に作ったシーン

--どのキャラクターもすごく素敵でした。

水島 いわゆる俳優さんを使ったことで、アニメから声が浮いているみたいなことにはなっていないと思います。僕は過去の作品でも小栗旬さんとか勝地涼さんとも一緒に仕事をしているんですが、そういうところで培ってきた、「馴染みながらも、ちょっとだけ違和感というか引っかかりが残る存在感」ってすごく大事だなと思っていて。そういったバランス感を大事にキャスティングしたこの映画は、僕のキャリアの集大成みたいなところはあります。お芝居に寄せて絵を作ることも徹底してやりましたし、観ていただいた方にすっと入っていける温度感みたいなものも、かなり意識もしています。

--キャラクターたちの会話がすごくリアルで、可愛らしい部分、共感してしまう部分がたくさんありました。キャラクター描写はどんなことを意識されましたか?

富田 僕が作ってきた作品の中でも「鋼の錬金術師」とか「機動戦士ガンダムダブルオー」がよく知られていて、ハードな作品を作る人だと思われがちなんですけど、もともとは周防正行監督とか矢口史靖監督の作品が大好きなんです。三谷幸喜さんが昔作られた「やっぱり猫が好き」も大好きで。

本作では脚本を吉田玲子さんに書いていただいたのですが、僕が書いた「こういう映画ににしたい」というメモは、もうちょっとコミカル寄りだったんです。吉田さんが書いたシナリオの初稿を読んだ時に、ちゃんと地に足のついた女の子たちの物語になっていたので、吉田さんの脚本を指標に、行間をどう膨らませてこの映画においてのキャラクターを着地させていくか、そのために必要な声ってどういう声だろうと考えながら、オーディションをしたりとか、キャラクター作りをしていく感じでした。

--リアリティーのあるシーンが多くて、アニメファンの方はもちろん、映画好きも引き込まれる世界観だなと感じました。

水島 描写一つひとつに対してのリアリティーは、日常的に見ている人が「そうだよね」と思ってもらえるものになっていないとダメ。スパリゾートハワイアンズの描き方も、取材して実際にそのまま使っていい場所と変えてほしいという要望を事前にお聞きして、美術スタッフに頑張ってもらいました。

他にも主人公・日羽の自宅の周りは、震災被害を受けた地域の写真を参考にして描いています。被害を受けた場所が復興して堤防が出来ていたりとか、その内側に新築の家が建っている部分もよく見るとわかるようになっています。

--地元の方が見たらすぐにわかりますか?

水島 わかると思います。実際に僕が撮った動画を元に、そのシーンを担当してくれた演出スタッフがもう一回現場に行って検証し、画を作っています。コロナ禍で大変な時期に制作することになりましたが、スタッフの作品への愛情も非常に強かったのでありがたかったです。

「フラの進化形」を提示したいと思ったダンスシーン

--大会で日羽たちがフラを踊るシーンは意表を突く演出でした。

水島 この映画全体のテーマを考えたときに、「新しいフラの形」を提示できたら素敵だなと思いました。みんなが思い描いているフラの姿ってあると思いますが、じゃあフラってどういう風に発展していくんだろう?というのを取材しながら考えていく中で、新人たちがやるから、飛び抜けてたことやらせた方が絶対フックになるよな、と考えました。

いろいろな音楽を聴きながら考えて、でんぱ組.incの「サクラあっぱれーしょん」にいきついて。この歌って和の要素とお祭り感があって、その振付が土着的な人の営みを物語っていたり、とかなりアカデミックで。フラダンスも豊穣を祝ったり人の営みを表現している事から、この関連性を軸に持って行ければ上手くハマると思って。そこから、玉屋2060%さん(「サクラあっぱれーしょん」の作曲を担当)に曲作りをお願いして、振り付けも「サクラあっぱれーしょん」の振りを付けたYumiko先生にお願いして。これならば映画の全体の構成が自分の思い描いたとおりになると確信して、そこからは早かったですね。

--音楽面のこだわりでいうと、フィロソフィーのダンスによるエンディングテーマ「サンフラワー」も映画にピッタリの楽曲になっています。

水島  フィロソフィーのダンスも昔から好きで。何年か前からライブを観に行ったりしていたんです。「サンフラワー」は仮の状態でもうあの歌詞で、映画の内容に100%寄せてくださっていて、なおかつフィロのスらしい歌で、光栄でした。

--エンドロールの余韻も素晴らしいかったです。

水島 エンドロールにまでアニメーションをつけると制作としては結構カロリーが高いので、今まで自分の作品では出来たことがなかったんです。今回、伊藤プロデューサーが「こういうことをやりたいんだけど、どう思いますか」とエンドロールのプランを提案をしてくれて。プロデューサーとアイデアを共有できて実現出来たことが僕的には嬉しかったです。この映画は絆もテーマの一つにありますが、制作側の絆を感じたエピソードでもあります。この映画は僕の人脈の集大成みたいなところがありますね。

Information

『フラ・フラダンス』絶賛公開中

<声の出演>
夏凪日羽:福原遥
鎌倉環奈:美山加恋
滝川蘭子:富田望生
オハナ・カアイフエ:前田佳織里
白沢しおん:陶山恵実里
平和人:山田裕貴
鈴懸涼太:ディーン・フジオカ

総監督:水島精二「鋼の錬金術師」「機動戦士ガンダム 00」
監督:綿田慎也『劇場版 アイカツスターズ!』「ガンダムビルドダイバー ズ」
脚本:吉田玲子「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」『きみと、波にのれたら』
音楽:大島ミチル「鋼の錬金術師」「のだめカンタービレ」
主題歌:フィロソフィーのダンス「サンフラワー」
制作:BN Pictures「アイカツ!」「銀魂」
配給:アニプレックス

福島県いわき市に暮らす高校生・夏凪日羽。 卒業後の進路に悩む日羽は、かつて姉・真理 が勤めていた「東北のハワイ」こと「スパリゾートハワイアンズ」のポスターを見て衝動的に、新人ダンサー=フラガールの採用試験に応募する。 未経験ながらも採用された日羽は、鎌倉環奈、滝川蘭子、オハナ・カアイフエ、白沢しおんたち同期と共にフラガールへの道を歩み始めるが、個性豊かすぎる5人の足並みはそろわず、初ステージで、ある大失敗をしてしまう。 「今までで、一番ざんねんな新人たち」と呼ばれ、落ち込む彼女たちだったが、恋、ダイエット、そしてフラ…と、いいことも辛いことも分かちあいながら、フラフラしながらも絆を深めていく―――。

公式サイト

公式Twitter

水島精二

アニメーション監督

代表作に「鋼の錬金術師」「機動戦士ガンダム00」、「楽園追放 -Expelled from Paradise-」、「アイカツ!」(スーパーバイザー)など。初の劇場監督作品となった2005年の『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』は、第60回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞。2015年、第20回アニメーション神戸賞・個人賞を受賞。音楽業界にも精通しており、アーティストのプロデュース業も行っている。

Photographer:Mayuko Yamaguchi,Interviewer:Kozue Nakamura