Contents

odolの中では珍しい作り方だった

――今年7月からミゾベさん、森山さん、シェイクさんの三人で新たに活動をスタートさせました。この新作EP『pre』は新体制として最初の作品ですが、構想自体はそれ以前からあったのでしょうか?

森山 ありませんでした。具体的には9月くらいに、「EPをリリースしたい」という話をして、そこから急ピッチで作った感じです。6月の(ギターとドラムが卒業した)段階では、次の作品をアルバムにするのかEPにするのかということも決まっていなかったと思います。

――いつもの楽曲制作より進行スケジュールも早かったんですね。

森山 何倍も早かったです。一ヶ月の間に収録する三曲を全部作って、次の一ヶ月でレコーディングからミックスまでをやりました。

――odolの楽曲制作は、まずデモテープを森山さんが作ることから始まるとお聞きしました。今作は『幸せ?』『泳ぎだしたら』『reverie』の三曲が収録されていますが、曲のテーマも最初から決めていたのでしょうか?

森山 実は『幸せ?』と『reverie』は、このEPを出そうと決める前から作り始めてはいたんです。それがどういう形でのリリースになるのかはまだ確定していない状況ではあったけど、新体制のodolとして、最初にふさわしい曲を作るという気持ちがあって。だから、具体的にこの曲はこういうテーマでというよりも、次のodolをどう表現していくのかを模索しながら作っていました。

――『泳ぎ出したら』も同じく次のodolを見据えて制作していったのですか?

森山 『泳ぎだしたら』は、逆にあまのじゃくで作ったというか。以前、リリースした4thアルバムの『はためき』に入っている『未来』と『独り』という2曲は実は今と同じ三人体制で作った曲だったんですけど、ギターサウンドを入れなかったんです。そのあとに作った『幸せ?』と『reverie』にもギターが入っていなくて、でも4連続でギターがない曲を作ると、やっぱりギターの音が聴きたいってなるじゃないですか(笑)。

――確かに『泳ぎだしたら』はギターに加えてドラムがメインのアレンジになっています。

森山 僕はギターが好きですし、あとは時代的にもディストーションサウンドがあまり聞かれない時代でもあるからこそ、爆音ギターのアレンジをしたいなと思っていて。ある意味、初期衝動的な部分を思い出しながら、“第二のodol”始まりの作品に入れようという思いで作っていきました。

――ミゾベさんは作詞において何か変化はありましたか?

ミソベ 特別な変化はありませんでした。人間って気分が上がったり下がったりすることがあると思うんですけど、その下がっている部分を抽出しながら『幸せ』と『reverie』は書きました。理由としては『はためき』ではタイアップの曲など、ポジティブな部分を抽出した曲が多かったので、その反動もあったというか。メンバーの卒業などもありましたけれど、フラットな気持ちで曲と向き合いました。

――シェイクさんはベースを担当されていますが、楽曲制作の流れについて教えていただけますか?

シェイク 基本的な流れとしては、森氏(森山)が曲のデモを上げた段階でベースパートの突き詰めを振ってくれることが多いんですけど、今回は短期間ということもあって、レコーディングの一週間前、ギリギリのタイミングでデモをもらったんです。そこからは急ピッチで曲のフレーズなどをかみ砕いて、音作りに落とし込むというプロセスが中心でした。曲によりますが、『reverie』は結構早い段階でフラットなベースサウンドだけが入っている状態で一度もらい、それに僕がどういうベースラインを入れるかゼロの状態から試したあと、森氏とすり合わせていくという工程で進めました。それ自体はodolの中では珍しい作り方だったのかなと思います。

――ベースラインを組み立てていく上で、普段意識していることはありますか?

シェイク 前作までは曲全体がまとまることを意識していたので、ベースラインが主張しすぎるようなものは避けるようにしていたんです。本作に関してはメンバーが三人になったということもあって、ベースパートの役割も少し変わったんじゃないかという気持ちが自分の中にありました。

――具体的にどういった点が変化したと思いますか?

シェイク ベース自体がメロディラインになるようなフレーズを落としこめたかなと思います。あと、ベースパートは本来低音を担うだけではなく、リズム感やノリなどで彩りを作り上げられるはずだと思っていて。特に『reverie』ではエレキベースの微妙な音価のニュアンスをグルーヴとして落とし込もうと積極的に挑戦しました。

――本作では深谷雄一さんと岡田拓郎さんのお二人がドラム、エレキギターのサポートとして入られていますが、もともとどこかでつながりがあったのでしょうか?

森山 ドラムの深谷さんに関しては、『はためき』の『未来』や『独り』という楽曲でも叩いてくれていたんです。深谷さんも岡田さんも、最初は僕らのライブのPAをやってくれているエンジニアさんに紹介してもらいました。岡田さんは本作が初めてだったんですけど、以前からソロでも活動されている音源も聴かせてもらっていたので、信頼してお願いできました。それにストリングスも全曲録らせてもらっているんですけど、こうやってメンバー以外のプレイヤーの方との関わりは、これからももっと増えていくのかなと。

シェイク それによって曲の作り方もこれまでにない展開をしていくようになると思うので、そういう楽しみも見つけていきたいです。

odolにはodolにしかない魅力がある

――活動の幅もさらに広がりそうですね。そして今年を振り返ると、7月のはじめには兵庫県で開催された野外イベント「ROKKO SUN MUSIC 2021」に出演しています。odolとしては久々の有観客ライブだったと思いますが、いかがでしたか?

森山 単純にライブ自体ができていなかったので、自分たちにとって「やっぱりこれは必要な時間なんだ」と再確認できました。

ミゾベ 関西まで行って宿泊もして、演奏のためにたくさん準備もしていったので、「ライブをしたぞ!」という感覚はすごくありました。森山も言いましたけど、お客さんを目の前にして歌うことは、僕の音楽人生の中で大事なものの一つだったんだなと。

――前回インタビューしたときはミゾベさん、森山さんのお二人に地元福岡での出会いからバンド結成に至るまでをお話いただきましたが、今回はシェイクさんにお二人との出会いについてお聞きしたいです。

シェイク 2012年になるかな。最初にミゾさんと出会いました。僕はもともと(バンドを卒業した)井上(拓哉)と高校生のときからミクスチャーバンドを組んでいたんです。そのときにミゾさんと井上が大学で友達同士だということもあって、ライブにきてくれて。実際にお会いしたときもすごく気さくな人でした。森氏とは、ミゾさんが東京にきてから最初に組んだバンドのライブを観に行ったときに、会場で少し話したことがあって。その時は初対面で緊張していたし、何をしている人なのかもあまりつかめていなかったんですけど(笑)。

シェイク ソフィアン

――odolにはどの段階で加入したんですか?

シェイク ミクスチャーバンドが解散したタイミングで、ミゾさんからodolというバンドを始めるという話を聞きました。井上はすでに入っていて、僕にも声をかけてもらった形です。

――ミゾベさんと森山さんからみて、最初のころのシェイクさんの印象はどういったものでした?

ミゾベ 福岡でバンドをやっていたときはこんなに体が大きくて、派手なプレイスタイルでベースを弾いているような人はいなかったので、「ちょっと怖いな」みたいな感じでした(笑)。組んでいたミクスチャーバンドも、ちょっと尖っているようなバンドだったから。だから、初めて彼らのライブで話したときに、すごく優しい男で驚きました。

――森山さんはどうでしたか?

森山 まあ、正直あまり覚えていないところもあるんですけど(笑)。ただ、僕は早い段階からodolでやっていくぞ、と決めちゃっていたので、その温度差で、最初のころは他のメンバーとも衝突することもあったんです。そんな中でソフィアンはそれを素直に受け入れてくれていたというか、バランスをとってくれる存在だったかなと思います。あと、メンバーで一人だけ年下だったので、初めはすごく遠慮してそうだった(笑)。

森山公稀

――バンド活動を続けていく上でシェイクさんの柔軟な姿勢がキーになるときもあったんですね。

ミゾベ ソフィアンって、バンド活動をしてきた数年間でシンセサイザーができるようになったり、音楽以外だと車の運転ができるようになったり、できなかったことができるようになっている数がめちゃくちゃ多いんです。ほかにもメンバーが5人だった頃なんかは例えば何か新しいことをやらないといけない人が一人いるとしたら、まずソフィアンにみんなが頼るような。この曲にコーラスがほしいけど、誰がいけるかなって思ったときにも、「ソフィアンならいけるかも」って。

ミゾベリョウ

――シェイクさんが感じるodolの魅力を教えていただけますか?

シェイク もともと僕はodolにはゼロベースで、いろんなものを吸収してやるぞという気持ちで入ったんです。それからodolのメンバーとして活動していくなかで、ここでしかできない体験や学びがたくさんあると感じました。自分自身、バンドに入ってから確実に成長している部分があるので、このバンドで活動し続けることはとても意味のあること。他のバンドにもいろんな魅力があるけど、odolにはodolにしかない魅力がある。メンバーが卒業したことはとても寂しいことですが、バンドとしての活動は新たなフェイズに進むんじゃないかなと思います。

進化していかないと続けていけない

――来年2022年には活動開始から8年目に突入していきますが、グループとして考えている今後の目標を教えてください。

ミゾベ 僕自身の長期的な目標はodolを長く続けていくこと。というのも、続けるということは変わっていくこととで、進化していかないと続けていけないと思うんです。もし次の作品やライブが前より進化していないもの、もしくは退化したものや現状維持のものだったとしたら、続ける意味もない。だから、これからも今の自分たちを長く超え続けていきたいです。

森山 来年は様々な目標や、やりたいことがあるんですけど、まずはアルバム。本作の『pre』はタイトルにも表れているように、前夜感というか、ワクワク感みたいなところに留まっている作品でもあるんです。だからこそ、やはり来年には新体制として最初のアルバムを必ず出したいなと思いますね。あと、来年は約一年間できていないワンマンライブを真剣に組み立てていきたいです。

――シェイクさんはいかがでしょうか?

シェイク 僕個人として来年フォーカスを当てたいと思っているのは、やはりライブ活動です。今年と去年、指折りで数えるくらいしか演奏をお届けすることができなかったのもありますし。コロナ禍に入る直前に始めた“individuals”という演出にも力を入れたワンマンライブの企画があるんですけど、これ自体も可能性に満ち溢れているので、それを押し広げながら、日本中にお届けできればと思っています。

――有観客での単独ライブはファンのみなさんも待ち望んでいると思います。最後の質問になるのですが、進路選択を控える高校生にメッセージをいただきたいです。前回はミゾベさんと森山さんに答えていただいたので、今回はシェイクさんにぜひ!

シェイク 高校生のときによいと思ったことや悪いと思ったことって、時間をかけていくとどんどん自分の中で消化されて変わってくるんです。嫌いなものを好きになり、好きなものはより好きになって。別の側面が見えてくるようになると、今度は別の楽しみ方を得られるようになることもあります。現時点で自分がこう思っている、感じているというものは決してそれで終わらないんです。好き嫌いあると思いますけど、いろんなものに積極的に挑戦して、嫌いなものはなんで嫌いなのか、なんで好きじゃないのかをとことん突き詰めてもらえるといいのかなと。その経験が今後、いろんな場面で選択するときの指標としても使えるんじゃないかと思います。……何か補足ありますか?

森山 いやいや、ソフィアンからのメッセージだから(笑)。

シェイク あと、高校生時代の僕自身に言っておきたいのは、本当に世界は広いということ。学校で一番ベースが上手いからって、世界で一番ベースが上手いわけじゃないぞと(笑)。

ミゾベ 当時はそういう自信があったんだ(笑)。

シェイク だから、自分ができないこと、やったことがないことに対して、「自分はそういう人間じゃないから」と避けてしまわずに、積極的に飛び込むような挑戦する心を持って欲しいです。案外、そこで初めて自分自身の本心に気づけたりしますし。

Information

Digital EP『pre』
2021年11月17日(水) リリース

配信:各ストリーミングサービス / ダウンロード

【収録内容】
1. 幸せ?
2. 泳ぎだしたら
3.reverie

<ライブ情報>
odol ONE-MAN LIVE 2022 ”individuals”
2022年3月3日(木)、3月4日(金) SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
OPEN 18:15 / START 19:00

[チケット]
前売¥4,800 通し券¥9,000  学割:¥3,800 通し券(学割)¥7,000
※学割の方は学生証を入場時にご提示ください。(大学、専門学校、高校含め)
※全席指定
※別途ドリンク代

オフィシャル先行 (イープラス)
受付期間:~12月26日(日)23:59まで

イープラス

公式サイト

odol

ミュージシャン

2014年結成。福岡出身のミゾベリョウ(Vo.)、森山公稀(Pf./Syn.)、Shaikh Sofian(Bass)、3人組バンド。ジャンルを意識せず、自由にアレンジされる楽曲には独自の先進性とポピュラリティが混在し、新しい楽曲をリリースする度にodolらしさを更新している。近年は、アース製薬「温泡」、映画「サヨナラまでの30分」、UCC BLACK無糖、radikoなど、様々な企業やクリエイターからオファーを受け、立て続けに書き下ろし楽曲を提供している。東京藝術大学出身の森山公稀が全楽曲の作曲を担当。ソロ名義でも舞台や映像作品の劇伴、また他アーティストへの楽曲提供、プロデュースなども行なっている。

Photographer:Hirokazu Nishimura,Interviewer:Tetsu Takahashi