Contents

撮影後に出来事や気持ちをスマホで撮影して見返す

――映画『偽りのないhappy end』はかなり重い内容で、最後まで予想のつかない展開でしたが、映画の脚本を読んだときはどんな印象を受けましたか?

仲 今まで出演した作品はダンスが付き物というか、ダンスシーンのあるお芝居が多かったので、ダンス抜きで、しかも笑顔もないシリアスな演技は初めての挑戦になると思いました。

――映画では妹思いの姉・ヒヨリを演じていますが、ご自身に姉妹はいらっしゃいますか?

仲 2つ上に姉がいます。ヒヨリもエイミも、この映画に出てくる姉妹は距離が遠いから、もどかしいと感じました。うちの姉妹はすごく仲が良くて、隠し事とかもないし、全部話しちゃいます。だからこそ映画の姉妹が理解できなくて。でも、いろんな友達から姉妹のことを聞くと、私の姉妹が「仲良すぎ!」って言われるので、映画の関係は普通なんだって思いました(笑)。

――ヒヨリに共感する部分はありましたか?

仲 すごく意思が強いというか、行方不明の妹を探すために、知らない人に立ち向かうって相当な覚悟がないとできないじゃないですか。共感はできるんですけど、ヒヨリちゃんほどは立ち向かえないなと思いました。

――仲さんも意思が強い部分はありますか?

仲 あります。白黒はっきりしている性格です。20年以上ダンスをしているんですが、好きなことを貫き通す、やりたいことを続けるという真っすぐな気持ちは、意志が強いからだと思います。

――息詰まるようなシーンの連続でしたが、感情をキープするために工夫したことはありますか?

仲 感情をキープするのはすごく難しかったです。毎日、撮影が終わった後、自分の台本に「今日はここを撮って、こういう風に感じた」と心情をメモしていました。そうじゃないと感情を維持できなかったです。あとは台本を読んで、こういう気持ちだと思っていても、相手がいて相手の生の言葉があることで、気持ちも乗っていきます。台本を読んだときは冷静に言おうと考えていたのに、現場では声を荒げるとか、その場で変わっていく部分もありました。

――以前から台本に、その日の感情などを書き込んでいたんですか?

仲 今回は台本にも書き込みましたが、お芝居を始めたときから、ずっと撮影終わりにスマホで動画の日記を撮っているんです。誰かに見せる訳ではないんですけど、動画で「撮影何日目。今日はここのシーンを撮った」と気持ちを素直に話しています。

――動画の日記は演技をする前からやっていたんですか?

仲 お芝居で初めてです。ダンスでは撮影したことがないです。感情って、そのときしかないなってお芝居を初めて感じるようになりました。お芝居やっているときの感情と、役とは別の仲万美の感情を残しておかないと忘れるなと思って今も続けています。

――動画はすべて保存してあるんですか?

仲 2~3年分くらい保存しています。時間にすると数分程度、長いときだと10分くらい話しています。見返すと、自分の成長が分かりますし、逆に変わらない部分も見えてきて、いろいろな発見があります。変わった部分としては、役との向き合い方が分かってきたというか、自分の中でコントロールできるようになりました。万美であるときと、役であるときの切り替えがちゃんとできるようになってきました。

――以前は上手く切り替えができなかったということですか?

仲 初期の動画を見ると、演じている役の子が、どういう風に思ってるのか分からないみたいなことを言ってました。今は、万美はこう思うけど、この子はこうなんだよねっていう両方の意見を持てるようになって。そんな自分を不思議だなと思いながらも、そこは成長なのかなと。

1ミリたりとも気を許してはいけないという雰囲気があった

――今回は下着姿で走り回ったり、男性相手にケンカしたりと体を張ったシーンも多いです。

仲 そもそもプライベートでケンカをしたことがないので、胸ぐらを掴むってどうやるんですか?みたいなところから始まりました。

――ケンカのシーンは違和感なかったです(笑)。

仲 よく言われるんですけど、本当にケンカしたことがなくて(笑)。胸ぐらの掴み方が分からなかったですし、声を荒げて怒ったり、相手に向かって近距離で叫んだりというのも初めてでした。演技しているときは完全にヒヨリになり切っていて、頭を真っ白にして「うわー!」って叫んでいるので、終わった後はどっと疲れました。

――気持ちが入ってしまうと冷静ではいられないですか?

仲 冷静ではいられないですね。ただ刃物を使った危険なシーンは、危ないので冷静さを心がけました。

――松尾大輔監督の演出はいかがでしたか?

仲 今までお仕事した監督さんは、「万美の好きなようにやっていいよ」って委ねてくれる方が多かったんですが、松尾さんは「好きにやっていいよ」とは言わない方でした。でも指示は出してくれなくて、自分で考えなきゃいけない。とても優しい方なんですけど、今までの現場とは全く違ったので、これがお芝居か、これが映画監督なのかって感じることの連続でした。

――一つひとつの画作りに松尾監督のこだわりを感じて、カメラの動きも凝っていましたが、演じる側の立ち居振る舞いも神経を使ったのではないでしょうか?

仲 そうですね。現場でもピリピリしてるシーンがあって、もちろん演者たちも気合いというか、1ミリたりとも気を許してはいけないという雰囲気がありました。

――W主演でエイミを演じた鳴海唯さんの印象はいかがでしたか?

仲 とても可愛らしい方で、癒されるなと思いました。撮影前日に二人で前乗りしたんです。夜ご飯を一緒に食べて、いろいろお話して。唯ちゃんも私も、泣いたり怒ったりブルーになったりと感情の起伏が激しい役は初めてだったので、意見を言い合いましたし、「怒りって何だろうね」という話もしました。二人ともあっけらかんとしていて、ずっと明るいタイプで、すぐにふざけちゃうので、現場での切り替えは大事にしようという話もしました。

――エイミが狂気に満ちていくところは恐怖を覚えました。

仲 めちゃめちゃ怖かったです。私は役に引っ張られるタイプなので、唯ちゃんが役に引っ張られたらどうしようって心配になりました。でも全然そんなことなくて、狂気的なシーンの後に「お疲れさまでーす」って元気に挨拶していました。それを見て「良かった!可愛い」と思って(笑)。こうした役は初めてと言ってたのに、すごい女優さんだなと思いましたし、切り替えを大事にして、場の雰囲気も和らげてくれて、とても癒されました。

――ヒヨリもエイミも似た者同士なところがあります。合わせ鏡のような関係性が、より感情を高め合うのではないでしょうか。

仲 それはありましたね。自分が声を荒らげないと、相手も抑えた演技になってしまう、自分が声を荒げれば、相手の気持ちも乗ってくるみたいなことは、お互いに考えていたと思います。だから2人で「ワー!」って言い合っていると自然とヒートアップして、すごくやりやすかったです。

お芝居を始めて、よりダンスが好きになった

――キャリアについてお伺いします。仲さんは5歳からダンスを始め、世界的ダンサーとして活躍していますが、ダンサーでやっていこうと決めたのはいつ頃ですか?

仲 それが一度も決めたことがないんです。有名になりたいとか、バックダンサーになりたいとか、振付師になりたいみたいな夢もなく。ただただ踊ってるのが好きで続けてきました。

――役者のお仕事を始めたきっかけは?

仲 ダンスだけで死にたくないなと思ったんです。じゃあ違うことをやろうってなったときに、ちょうど映画『チワワちゃん』(19)のオファーをいただいて。挑戦しないことには何も分からないので、怖いけど何事も挑戦だと思って引き受けました。

――それまで演技経験はあったんですか?

仲 全く無かったのですごく恐怖でした。でも和気あいあいとした現場だったのでやりやすかったです。いろんな刺激を受けましたし、この感じをもう一回経験したい、また見たことのない世界を見てみたいという気持ちになって、ずっとお芝居を続けています。

――どうしてダンスだけで終わりたくないと思ったのでしょうか?

仲 マドンナさんや椎名林檎さんのバックダンサーになりたい、紅白に出たいという夢が叶って、これからダンスを続けても、現状を超えられないって思ったんです。達成感があるのに、まだダンスを続けるというのはどうなんだろうって。そこから生まれた気持ちでした。

――裏方に行くことは考えませんでしたか?

仲 いつかは若い子たちに任せて、裏方に行きたいと思っていますが、表に出られるときは出ようって。かと言って、女優さん1本でやりたいっていう夢もないんです。お芝居で賞を獲るぞ!みたいな野望もなくて。ただ見たことのない世界を見るのが楽しいっていう気持ちです。女優のお仕事を始めたことで、ダンサー1本のときより、もっとダンスが好きになりました。

――どういう気持ちの変化があったのでしょうか?

仲 ダンサーとしてのプレッシャーがあったからでしょうね。これだけのお仕事をしてきたんだからみたいな期待感をプレッシャーに感じて、ダンスが嫌いになりそうなときもありました。今はダンサーという軸を無くしたことで、自分の中で踊ることが心地よくなりました。逆にお芝居の方は毎度プレッシャーですけど、それが気持ちいいんですよね。

――ダンサーとしての経験が、お芝居に活きている部分はありますか?

仲 活きていたらいいと思っています。いろいろな監督さんから「やっぱりダンスをやってるから立ち回りがいい」「指示しなくても感覚が分かっている」って言われるんですけど、自分では分からなくて、無意識です。

――最後に進路を検討しているティーンにメッセージをお願いします。

仲 私は学生時代はダンスが一番で、ダンスがしたいからバイトを掛け持ちして生活していました。ダンスは好きだから続けてきたという理由だけだったので、みなさんも将来について重くとらわれず、自分の好きなことを好きなように好きなだけやってほしいです。「好きなことがないんですけど、どうしたらいいですか?」と質問もされるんですけど、いずれは好きなことが出てきます。また、好きなことがあっても、一歩踏み出すのが難しいと思う方もいるかもしれません。でも家族や先生に何か言われたとしても、そのルールって誰が決めたの?と。自分がやりたいって思ったことをやるべきだし、挑戦しないと何も始まりません。ぜひとも好きなことに立ち向かってほしいです。

Information

『偽りのないhappy end』
12月17日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにてロードショー

鳴海唯  仲万美
馬渕英里何 カトウシンスケ

監督・脚本:松尾大輔
配給・宣伝:アルミ―ド
©2020 daisuke matsuo
2020年/日本/カラー/16:9/5.1CH/97分

中学を卒業してすぐに地元滋賀を離れ、ずっと東京に住むエイミ(鳴海唯)は、母親が亡くなった後も一人で滋賀の田舎で暮らしている妹・ユウ(河合優実)に、「東京で新しい人生を始めない?」と誘う。はじめは拒んでいたユウだが、なぜか急に東京に来ることを受け入れ、一緒に暮らし始めるが、引っ越してきて早々、ユウは行方不明に……。そんな折、エイミは同じく妹が行方不明になっているヒヨリ(仲万美)と出会う。エイミに、地元の琵琶湖で若い女性の遺体が見つかったと警察から連絡がくるが、見つかった遺体はユウではなく、なぜかヒヨリの妹だった。再び巡り合ったエイミとヒヨリは、共に犯人を捜すことになるが思わぬ方向へ……。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

仲万美

アーティスト

1992年6月15日生まれ。熊本県出身。5歳からダンスをはじめ、20年以上のキャリアを誇る。2015年にはマドンナのバックダンサーとしてワールドツアーに約1年半同行。『チワワちゃん』(19)で女優デビューを果たし、舞台Rock Opera「R&J」では、ヒロイン・ジュリエット役に抜擢。その他、雑誌・広告・CM・MVに数多く起用されるなど、今後の活躍も期待される。

Photographer:Masahiko Matsuzawa,Interviewer:Takahiro Iguchi