Contents

小竹正人さんは10代の頃からフラットに見てくれていた

――今回、どういう経緯で書簡集という形式になったのでしょうか?

片寄 小竹正人さんから提案をいただいたんです。そのときは往復書簡という言葉もあまり分かってなくて、ちょっと想像できなかったんですけど、ぜひ僕ができることがあればやってみたいですと答えたのが最初でした。小竹さんが往復書簡をやってみたいというアイデアがある中で、浮かんだ相手が自分だったという気がします。

――小竹さんは片寄さんにとってどんな存在でしょうか?

片寄 僕がこの業界に入った10代の頃から、僕に対しても人として接してくれていたなという印象があります。こういう業界だと先輩後輩という気遣いがありがちなのですが、すごくフラットに僕のことを見てくれていたのかなと。そういう意味では稀有な存在だと思います。

――完成した本を手に取ったときの感想をお聞かせください。

片寄 連載させていただいた頃は締め切りに追われて、なかなか簡単なことではなかったんですが、実際に出来上がったものを見て、積み重ねてきたものがこうして形になるというのはとても嬉しいことだなと実感しました。

――著作は早くも3刷となりましたが反響はいかがですか?

片寄 初の著書ということもあって、ありがたいことにいろんな方にご取材していただきました。時間が経つにつれて、少しずつですけど周りの方から読んだ感想をいただいたりする中で、やってよかったなと思えるようになりました。

――改めて『ラウンドトリップ 往復書簡』 を執筆した感想をお聞かせください。

片寄 がむしゃらに自分自身が書けることを書いていくという感覚がすごく強かったです。ただ往復書簡なので、小竹さんに対してメッセージや問いかけを残すというところはずっと意識していたので、最終的にそれは読者の方に投げる球ではなくて、あくまで小竹さんに投げる球を考えていたというところが面白みだったのかなと思います。

――「鎧(よろい)のない素の自分を見せる」ことも目標の1つだったそうですね。

片寄 自分らしい言葉で、自分が表現したいことを、いかに勘違いを生まずに表現するのかを意識していたので、そういう意味ではすごく楽しい作業だったと思います。

――作家は自分の文体を身につけると強みになりますよね。

片寄 初めて書かせていただいた段階なので、いろんな方のものを見て学ばせてもらっています。そういう意味でも小竹さんから学ばせていただく部分は多かったです。

――著作の中で、印象に残っている1冊として『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健著)を挙げておられます。どういうきっかけで出会ったんですか。

片寄 お世話になっているスタッフの方に教えてもらって読み始めたのがきっかけだったと思います。哲学的な内容のすごい作品でしたね。

――歌、お芝居、執筆とアウトプットが多い片寄さんですが、インプットに関して意識してされていることはありますか?

片寄 アートとか芸術的なものが好きなので、時間があったら知り合いの方のギャラリーに行っています。アート鑑賞は気分転換の1つでもありますね。

中学時代の夢はサッカーの国際審判になること

――幅広く活躍されている片寄さんですが、それぞれの活動の醍醐味などを教えてください。

片寄 歌うことに関しては、声がいい、歌が好き、など褒めていただいたり、ライブでお客さんの顔を見られることが一番の幸せだなと感じますね。

――日によってパフォーマンスに差が出ることはありますか?

片寄 そういうことの繰り返しです。自分たちメンバーが葛藤しながら前に進んでいこうとしているので、そういう意味ではまだまだですね。

――壁にぶち当たったと感じることもありますか?

片寄 いっぱいありますよ。ステージに立ってお客さんの前で歌を披露するときはいまだに緊張しますし、その分、壁にぶち当たることは毎回のようにありますから、そんな中でモチベーションを自分自身どういうふうに保っていくかというのは、この業界に入って鍛えられた部分でもあるかなと感じています。

――そういうときは誰かに相談されるのでしょうか?

片寄 けっこう自分自身かもしれないですね。そんなに人には頼らないかなと思います。

――俳優業についてはいかがでしょうか?

片寄 チーム一丸となって、連続ドラマだったら3、4カ月はこのクルーで、みんなでやるぞという形で作品を作っていく楽しさがあります。自分も含めたキャスト、スタッフみんなが意見を出して作り上げていくというのが好きですね。なので、そういった中で演じた自分に何かを感じてくれたり喜んでくれたりする人がいるというのは嬉しいです。

――そんな片寄さんが、アーティストを目指されたきっかけをお聞かせください。

片寄 もともと音楽は好きだったんですが、最初は自分が芸能人とかアーティストになるとは思っていませんでした。ただ「VOCAL BATTLE AUDITION 2」(2010年)と出会って、参加したことがきっかけですね。

――芸能活動以外の進路の選択肢はありましたか?

片寄 中学までサッカーをやっていたんですが、当時はサッカーの国際審判になってみたいという夢がありました。新聞で国際審判になった方の記事を見て、国と国の代表が戦う試合のジャッジを任される責任感みたいなものに憧れがあったのかなと思います。

――サッカー以外で、学生時代に打ち込んでいたものはありましたか?

片寄 何だかんだでやっぱり音楽です。当時流行っていたJ-POPなどをずっと聴いていました。父から教わって知った曲もあります。

――学生時代の思い出深い出来事は?

片寄 サッカーをやっていて、中学2年生のときに新人戦みたいなものがあって、チームがその地区で優勝したことです。先輩がいなくなって、初めての「自分たちがこのチームを引っ張っていく」という段階での試合だったので、すごく印象に残っています。地元のクラブチームに所属する子たちもいる中で、自分たちのように幼なじみでずっとサッカーをやってきたチームは、この中学の部活を盛り上げようよっていう気持ちで続けていたので、それが認められた瞬間でした。

後輩には自分自身の可能性を自由に広げてほしい

――書簡では、韓流ドラマにハマって小竹さんに観るよう勧めておられましたが、最近ハマっていることはありますか?

片寄 最近はサッカーの動画を見るのにハマっています。動画サイトを通じてサッカー史に残る名場面集みたいなものを見るのが快感なんですよね。

――「英語と中国語を勉強中」と著作にありますが、現在も続けておられますか?

片寄 今もこの2つは続けています。海外での仕事があったら、自分自身の言葉で、自分の感情を込めて表現したい、コミュニケーションを取りたいという思いがすごく強いので。

――お仕事で、中華圏は多くの地域を訪れていますよね。

片寄 コロナ前はアジアを中心にいろいろな所に行かせていただきました。そういった20代前半で見た世界の広さとか、そこで受けた刺激のようなものが今の自分につながっているなと感じています。

――著作にも「プライベートで海外旅行に行きたい」とありますが、今一番行きたい場所はどこですか?

片寄 アメリカとパリに行きたいですね。アメリカはナパバレー(カリフォルニアワインの産地)に、大好きなワインを見に行きたいです。

――ご自身が自覚されている長所と短所があれば教えてください。

片寄 基本的にすごくポジティブに考えるのは苦手ではないので、そこは長所だと思っています。短所は、勢いが良すぎるときがあったり、直感的すぎる判断をするときがたまにあることです。こういう仕事をやった方がいいのかなとか、そういうフェーズで直感が当たる場合もありますが、慎重になることも大事だよなって思います。

――今後の目標をお聞かせください。

片寄 ジャンルを問わず、もっともっと自分自身の本来の人間性をアピールできるものを増やしていきたいなと思っています。今回は、書くというところで自分自身の内面や自分らしさを表現していけたなと思ったので、続けていきたいです。どうしてもグループでの活動や俳優業など、華やかな世界で活動していると、そちらのイメージが先行します。それはそれで大事にしながら、自分らしい一面、自分のパーソナルな部分を表現できるきっかけをもっと増やしていきたいなと思っています。

――お芝居に関して、自分とは真逆なタイプの役を演じたいという俳優さんは多いですが、片寄さんはいかがですか?

片寄 自分が演じてきた役どころは、恋愛ものや漫画の男の子というイメージが先行しているんですが、本来の自分らしさはそこなのかなとも感じています。それが本当に自分らしいのか、求められていることとはまた違って、より自分らしい強さとか、誰かを守るとか、芯のある役どころにも挑戦したいなと思っていますね。ゆくゆくは自分自身の代表作といえるような作品に巡り合えたらいいなと思います。

――今後、執筆者として挑戦したいものはありますか?

片寄 まだちょっと分からないです。自分の日常、今までの自分が生きてきた中で起きたことを書いていくことはできるとは思うんですけど、小説とか、そういう未知の方面にも挑戦したいという気持ちはあります。

――片寄さんも小竹さんのように後輩たちの兄貴分になると思いますが、どういう兄貴になるんでしょうね?

片寄 20代後半になってきて感じるのは、自分自身の可能性を自由に広げてほしいということです。後輩たちが、あまり縛られずにそれをうまく広げられるような助けができたらいいなとは感じています。

――最後に、ティーンの読者にメッセージをお願いします。

片寄 いろいろ悩むことももちろんあると思いますが、不安は誰にもあるものです。こういう職業をしている僕らも不安はつきもの。どれだけ良いことがあっても必ず何かは起きる。そういう気持ちで取り組んでほしいなと思います。あとは、自分自身の可能性を狭めないでほしい。食わず嫌いというか、やってみたこともないし、別にやりたくないと思うことにも触れてみると意外と面白かったりします。そういったことを楽しめる自分になると可能性が広がるのかなって思うんです。僕もそういった意識で、20代後半ももっともっといろんなことに挑戦していきたいと思います。

Information

『ラウンドトリップ 往復書簡』
好評発売中!

著者:片寄涼太 小竹正人
判型:四六変小240ページ(オールカラー16ページ含む)
定価:1,650円(税込)
出版社:新潮社

公式サイト

片寄涼太

シンガー・俳優

GENERATIONS from EXILE TRIBE のボーカル。1994年8月29日生まれ。大阪府八尾市出身。祖父と父が音楽教師で、若い頃からピアノに親しむ。2012年にデビュー。14年にドラマ「GTO」で俳優デビュー。ドラマ/映画「兄に愛されすぎて困ってます」、「PRINCE OF LEGEND」、映画「午前 0 時、キスしに来てよ」、ドラマ「3 年 A 組-今から皆さんは、人質です-」、「病室で念仏を唱えないでください」などに出演し、俳優としても活躍の場を広げている。

Interviewer:Takehiko Sawaki