Contents

お客さんの前に立ったときに自分たちの曲になった

--10月からGO TO THE BEDSとPARADISESが入れ替わって活動していますが、お互いの楽曲をパフォーマンスしてみて、感触はいかがですか?

キラ・メイ GO TO THE BEDSとPARADISESは元々、コンセプトも楽曲も全く異なったグループで。私は「声質がかわいいね」と言われることが多いので、GO TO THE BEDSの曲を歌いこなせるか心配だったんですが、その異質さがアクセントになっている部分もあるのかなと感じました。PARADISESのときはシャウトをしたことがなかったんですけど、GO TO THE BEDSになってから今までやったことのない表現が増えていると思います。ただグループが変わってもライブでお客さんに楽しんでほしいなという気持ちとか、根本の部分は全然変わらないなと改めて思いました。

キャ・ノン 今までPARADISESを応援してくれていたお客さんもいきなりGO TO THE BEDSを応援することになって、振りや音楽を覚え直してくれて。動きも今までやってきたものとは全然違って、最初のライブの翌日はみんな体が動かなかったです。体全部を使ってパフォーマンスしているんだなと思いました。本当に死にそうって思いながらパフォーマンスをしていますが、お客さんも同じ熱量でライブを観てくれて、一緒に熱い時間を作れることが本当に楽しいです。

--PARADISESのお二人はいかがですか?

チャンベイビー ありのままの自分で、素直な気持ちで楽しめているなと思いました。GO TO THE BEDSのときは気持ちを歌詞の状態に持っていかないとできないこともあったんですけど、PARADISESになってからはシンプルに楽しめるようになりました。

ユメノユア GO TO THE BEDSは暗めの歌詞が多いので、ライブは楽しいけど楽しくないことを歌っているから、そのギャップみたいなものは難しかったと思います。あとGO TO THE BEDSのときは劇場型というか、感情でグワッと持っていってパフォーマンスをしていたんですけど、PARADISESではそういう気持ちを持ちながらも、より丁寧に曲をちゃんと伝えることを意識してライブをするようになりました。曲に寄り添って、いかに曲のよさをお客さんに伝えられるかというところで、今まで以上に曲のことを考える時間も増えたと思います。

--カバーではなく、自分たちの曲として歌うということは難しそうですね。

キラ・メイ そうですね。元の形はあるにせよ、自分たちのものとしてやらなきゃいけなくて。元の形を意識しすぎてもダメだし、でもトレード前のGO TO THE BEDSのみんなが作り上げてきたものを無視することもできない。そこをどう解釈して、自分たちなりに表現していけばいいのかすごく考えました。まだまだ改善の余地はあると思いますが、結局みんなと一緒に楽しみたいことに変わりはないので、前の形・今の形を意識しすぎず、まっすぐに曲を受け止めて、今自分たちがどうするべきかを考えるのがベストなのかなと思います。

ユメノユア カバーの場合は元のイメージに沿った形でやるイメージがありますが、自分たちのものにするためには、相手のチームの曲を歌っているという意識ではなくて、自分たちのために作られた曲だと思ってパフォーマンスする必要があります。曲が作られた時期とか経緯や背景、そこに含まれたメンバーの考えみたいなものは、あえて聞かず、曲だけを見て自分たちで掘り下げて考えています。お客さんの前でやるまではコピー感というか、PARADISESの曲をやっているだけみたいな感じがあったのですが、お客さんの前に立ったときに自分たちの曲になって、数を重ねるごとにその感覚が強くなってきています。

--お互いのパフォーマンスも見るのも新鮮ですよね。

キャ・ノン 今まで自分たちがやってきた曲だけど、全然違うものに見えました。振り付けも変わっていて、自分たちのPARADISESとはまた違うPARADISESを見ることができて、すごく新鮮で楽しいです。お客さんの反応を見たときに、グループが入れ替わるってすごく面白いことだなと思いました。

このEPが出ることは知らされてなかった

左からチャンベイビー、ユメノユア

--入れ替わったグループとしてそれぞれ新曲がリリースされますが、どんな思いが込められているのでしょうか。

ユメノユア そもそもこのEPが出ることは知らされていなくて、お互いの新曲を1曲ずつ作るけど、それぞれ全員がGO TO THE BEDSとPARADISES両方の歌詞を提出してくださいと言われたんです。そのとき私たちはGO TO THE BEDSだったからPARADISESの子たちに向けての歌詞を書いて提出していたんです。でも実はトレード後の曲で。そんな複雑な経緯があったので、いま思えばその時点からいつもとは違う、特殊な形で制作が始まりました。私たちの「you」という曲は(ヤママチ)ミキちゃんがGANG PARADEでもともと一緒に活動していたナルハワールド(GANG PARADE分裂時からPARADISESのメンバーとして活動。現在は学業に専念する為、活動休止中)に向けて、距離を縮めることができないままグループが分裂することになったけど「もっとあなたのことを知りたかった」という気持ちで書いたみたいです。GO TO THE BEDSで書いていた歌詞とはちょっと違って、柔らかさがあるなと思います。

チャンベイビー ミキさんがこの歌詞を書いたときにいろいろな思いがあったと思うんですけど、お客さんに対しての気持ちにも通じるものがあると思って。曲調は明るい感じだけど、ちょっと切ない感じもあるなと思いながらライブでパフォーマンスしていました。

左からキャ・ノン、キラ・メイ

キラ・メイ 「merry bad end」はテラシマユウカの作詞なんですけど、相手が歌うと思って書いたみたいで「まさか自分が歌うことになるとは!」と本人も言っていました。歌詞を見ると言葉数が多くて、すごくたくさん韻を踏んでいて、聴いていてすごく面白いと思います。途中に私がめっちゃガヤを入れているところがあって、PARADISESのときだったらやらなかったことが凝縮されています。レコーディングでもライブでもすごく楽しくて、お客さんがそれを聴いてびっくりしてくれるのも嬉しいんです。リード曲にしてはめずらしく、まっすぐじゃない歌詞なんですけど、だからこそ面白さをすごく感じてもらえるのかなと思います。

キャ・ノン これまでは原曲の振り付けがある中で、それをどう自分たちに落とし込むか考えていったのですが、今回はGO TO THE BEDSとして振りを作るのが初めてだったので、最初は戸惑いました。遊び心が多い歌詞なので振り付けにもたくさん遊び心を入れようと、ハンドルが高いバイクに乗っている動きとか変わった振りをいっぱい入れたので、見ても聴いても楽しんでもらえる曲になりました。

ユメノユア うちのチームは振り付けを全部(キャン・GP・)マイカがやっていて、フォーメーションとかを形にするのを私が手伝っています。マイカは曲のことを一番に考えて、90年代のアイドルソングというか、レトロで優しい曲の雰囲気に合うように作っていました。GO TO THE BEDSではほとんどひとりずつで歌っていたけど、PARADISESになってユニゾンで歌うことが増えて、歌っている2人をセンターにおいて他のメンバーが踊るとか、GO TO THE BEDSのときにはできなかったことを歌割りから考えて作ったりしました。

一緒に過ごす時間が長かったからこそ、関係性が築けてきた

--キャ・ノンさんとチャンベイビーさんは加入から約半年が経ちましたが、加入時点と今で変化を感じることや、逆に変わらないなと思う部分はありますか?

キャ・ノン なんだろう……。

キラ・メイ 私はあるよ。気づいてないかもしれないけど、結構、自分をさらけ出してきていると思う(笑)。

キャ・ノン WACKはグループのトレードだったり、レンタル移籍だったり、いろいろある場所だなとは分かっていたので、何があっても頑張るだけだなという気持ちはずっと変わらないです。……何が変わった?

キラ・メイ 合宿のときはすごく一生懸命で真面目で。それはもちろん変わらないんですけど、思ったよりも真面目すぎないところもすごくたくさんあって。ライブで地方に行くとその地方の食べ物に執着したりとか、そういう隙がある子だなと思いました。今はその隙をどんどん見つけています。隙だらけです、キャ・ノンは(笑)。

キャ・ノン 食べ物に執着しているわけじゃなくて、その土地を楽しむことに執着している(笑)。もともと猫を被っていたけど、メンバーといることが日常になったんだと思います。

--チャンベイビーさんはいかがですか?

チャンベイビー 変わったこと、ないな……。

ユメノユア 絶対あるよ、変わったこと。

チャンベイビー うーん、起きられるようになったとか。

--もともとは起きられなかったのですか?

チャンベイビー いや、起きれていました。あ、ちょっと明るくなったぐらいです……多分(笑)。

ユメノユア そういう意味だと、よく笑うようになりました。メンバーに変な子が多いんで、いつもくだらない話をしているんですけど、最初は一線を引いていたところがありました。でも最近はめっちゃ笑っていたり、メンバーのことをバカにしたり(笑)。でも愛があるから、それはそれでかわいいなと思っています。今は会話しなくても伝わるというか、私たちもベビのことを本当の意味でわかってきたし、ベビも私たちのことをちゃんと知ってくれたんだろうなと感じますね。

チャンベイビー (ユメノさんを指差して)最初は怖かったんです。帰りが同じ方向で「お疲れさまです」と言ったときのテンションが怖いなって思っていたけど、今は一番いじりがいがある(笑)。抜けているところがあって面白いです。私はもともと人にあんまり興味がなくて、関わらないで生きていた部分もあったんですけど。そういうのはなくなりました。

ユメノユア 2021年は年始にGO TO THE BEDSとして200本ライブをしますと目標を掲げて活動していて、そんな渦中にベビが入ってきて、49本目ぐらいから入って、80本近くライブをこなしていて、歴代の新人の中でも半年で80本というのは結構な数です。そういう意味で一緒に過ごす時間が長かったからこそ、関係性が築けてきたんだろうなと思います。ライブがあってよかったなと思います。

チャンスを活かしたいし、掴みたい

--現在、WACKグループのメンバーから7人を選び、その7人とAKB48柏木由紀さんが新グループを結成するという投票企画「VOTE!! WACK SELECT 7」が開催中ですが、みなさんはどんな心境で臨んでいますか?

ユメノユア 私は初代の選挙に出ていたのである程度は経験しているけど、当時いたメンバーは今ほぼいなくて。でも基本的には誰にも負けたくないし、常に一番でいたいです。柏木さんはAKB48で周りがどんどん卒業していくという変化の中で、信念を持って活動されているアイドルの大先輩です。私もどんどん後輩も増えてきて、グループ内の立場も変わってきているから思うところはあるんです。でもWACKや音楽に希望を持って活動しているので、一緒にできたらすごく夢が広がるというか。お互いが信念を持って活動している部分がうまく交わったら、すごく素敵なものができるんじゃないかなと思うので、7人の中に選ばれたいなと思います。

キラ・メイ 速報を見るまでは正直、「総選挙って何だ?どうしたらいいんだ?」という気持ちがすごく強くて。でも結果を見たときに、順位よりも票数のほうが私の中では衝撃でした。その一票一票にお金がかかっているし、意志を持って私に票を入れようと行動してくれた人がいるということが初めて目に見えてわかったんです。応援してくれている人がいることが自分の原動力になって改めて火がついたし、もっと上を目指したいという気持ちになりました。

キャ・ノン 投票するにはお金もかかるし、CDをむいてシリアル番号を打ち込んで、「ヤングジャンプ」での投票ならハガキを買って応募券を貼るという工程もあって。手間もかかるじゃないですか。票の多さじゃなくて、そうやって票を入れたいと思ってくれる気持ちが素敵だし、嬉しいなと思いました。それに対して何を返せるかを考えたときに、やっぱり自分が選ばれて、票を入れてよかったと思ってもらうこと、そして最終的にはこのイベントが楽しかったと思ってもらえたらいいなと思います。新メンバーなので私のことを知らない人もたくさんいると思うんですけど、この機会に自分のことをたくさんの人に知ってもらいたいし、このイベントはPARADISESとして参加しているのですが、PARADISESもGO TO THE BEDSももっともっと広がっていけばいいなと思います。

チャンベイビー GO TO THE BEDSに入ったときから絶対1番になりたいと思っていたし、実際に言ったりもしてきました。でも選挙は初めてだったし、ちょっと諦めていたというか、正直無理なんじゃないかなという気持ちがどこかであって。なので、速報の数字を見て投票してくれる人がいることを実感したときに、ここで諦めちゃうのは投票してくれた人を裏切ることだし失礼になる。諦めないことの大切さを合宿で学んだばかりだったので、絶対にここで諦めちゃダメだなと思って。やっぱり負けず嫌いなので、自分たちが一番でいたいし、誰にも負けたくないから、選挙でもトップを狙いたいです。

ユメノユア 今回のイベントで初めてGO TO THE BEDSやPARADISESの名前を知ってくれた人も多いと思います。この2つのチームはコロナ禍の中で生まれたチームということもあったりして、思うように活動ができていなかったところがあります。でもこうやって柏木さんとイベントをやらせてもらうことで、WACKファンの人が私たちの存在に気づいてくれたり、AKB48のファンのみなさんが私たちを知ってくださる機会になっていると思うので、そのチャンスを活かしたいし、掴みたいです。その上で、自分も含めですけど、メンバーが選抜に入ったらいいなと思います。

2022年の抱負は?

--最後に、2022年にみなさんが挑戦したいことを教えてください!

キラ・メイ 私、結構大食いというか、よく食べる子というイメージがあるみたいで、実際食べることが大好きなんです。だから大食いの番組に出てみたいです。今はあんまり食べられなくなってきているので、もし出ることになったら胃の調整をして、ガチで臨もうと思っています。

ユメノユア 2021年は全国のライブハウスを回ってお客さんに会いに行くという1年だったので、来年は大きな会場にまたチャレンジしたいです。個人的には、私はもともと音楽がすごく好きで昔からライブハウスに通っていたので、フェスや音楽イベント、他のアーティストさんのライブが見られる1年になったらいいなと思います。

キャ・ノン 今PARADISESがラジオ番組を持っているんですけど、トレードする前にGO TO THE BEDSとPARADISESが対決してPARADISESが勝って、私たちのラジオが始まるはずだったんです。そんな時にトレードの話があって、ラジオ番組もトレードになってしまって。ラジオにすごく憧れていたので、本当に悔しくて(笑)。なので、来年はラジオ番組が持てるよう頑張ります!

チャンベイビー PARADISESとGO TO THE BEDSをもっとたくさんの人に知ってもらって、愛されるグループにしていきたいです。個人的なこととしては楽器をやりたくて。アコギを独学で始めたんですが、いつもコード練習で飽きてやめてしまうんです。来年こそはもうちょっと続けていきたいです。

--記事で文字として残したら、続きますかね?

チャンベイビー じゃあ、やっぱりアコギ……ベースにしようかな。やりたいと思います。

--いつかはファンの方の前で披露したり?

チャンベイビー いや、そこまでは……考えてないです。そこまでのレベルになれたら披露してみたいです。

ユメノユア そこまでのレベルになります!

チャンベイビー ……なります(笑)。

Information

12/15リリース
G⇔P(読み:ジーピー)
WPCL-13350
¥2,420(税込)

1. merry bad end
2. you
3.現状間違いなく GO TO THE BEDS(G P ver.)
4. GOOD NIGHT (GP ver.)
5. OK (GP ver.)
6.PARADISES RETURN (GP ver.)

GO TO THE BEDS
GANG PARADEが分裂して結成されたアイドルグループ。ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソンの5人で2020年4月に始動し、2021年5月にチャンベイビーが加入した。同年10月にPARADISESとの全メンバートレードが言い渡され、現在のメンバーはテラシマユウカ、月ノウサギ、キラ・メイ、キャ・ノン。ナルハワールドは学業に専念するため、活動を休止中。2021年11月13日より全メンバートレード後初となる全国ツアー「Don’t go to the bed TOUR」を開催し、12月15日にトレードスプリットEP「G⇔P」をリリースした。

GO TO THE BEDS公式サイト

PARADISES公式サイト

PARADISES
GANG PARADEから派生したグループで、2020年4月にテラシマユウカ、月ノウサギ、ナルハワールド、キラ・メイの4名で始動。2021年4月にキャ・ノンが加入した。同年10月にGO TO THE BEDSとの全メンバートレードが言い渡され、現在のメンバーはヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソン、チャンベイビー。2021年11月13日より全メンバートレード後初となる全国ツアー「Don’t go to the bed TOUR」を開催し、12月15日にトレードスプリットEP「G⇔P」をリリースした。

PARADISES公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

公式TikTok