Contents

家族として妹を理解してあげる存在でいたい

――河合さんが演じるユウは、姉のエイミ(鳴海唯)を頼って滋賀から上京しますが、引っ越してきて早々に失踪します。

河合 ユウは空白の部分が多い役柄なので、演じているときはすごく迷いました。ユウは自分の中に悲しさや寂しさを持っているんですけど、それを外に出すのが下手で、自分で処理しちゃう子です。そういう生き方を一人で長くしてきたけど、家族であるお姉ちゃんには理解してほしいという期待感も捨てきれずにいます。

――河合さんご自身に姉妹はいますか?

河合 映画とは逆の立場で、妹が2人います。ユウとエイミの姉妹と違って、お互いに何でも話すので、それが当たり前だと思っていたんですけど、友達の話を聞くと、「姉妹で恋バナなんてしないよ」って驚かれます。

――姉として妹のことを理解していると思いますか?

河合 理解しているつもりですが、本当に分かり合うことって家族でも難しいと思います。エイミもユウのことを理解しているつもりだったんだろうなと思うんです。だから妹とは最近いろいろ話し合うようにしています。小さい頃は妹とケンカもしましたけど、私が高校、大学と進学して、仕事も始めて忙しくなって、一緒にいる時間が少なくなっていろいろ話し合うようにしています。小さい頃は妹とケンカもしましたけど、私が高校、大学と進学して、仕事も始めて忙しくなって、一緒にいる時間が少なくなってくると逆に仲良くなってきて。一緒にいるときは会話を大切にしています。

――妹さんを理解するために工夫されていることはありますか?

河合 私なら絶対に選ばないなというような行動を彼女たちがとっても、できるだけ否定しないようにと思っています。それは違うと思ったとしても、否定しちゃったら、ユウのように心を閉ざしてしまう。家族として話を聞いてあげる、理解してあげる存在でいたいと思います。最近は進路相談もしてくれるようになって、将来を考え始める時期になったからこそ、より親身になって接するようになりました。

――『偽りのないhappy end』の撮影は2年前ですが、当時のご自身を振り返っていかがですか?

河合 デビューして1年経たないくらいの頃だったので、見ると幼さや演技の選択に思うところはありますが、「その当時の」拙さとか迷いが、ユウという役には効果的に見えた部分もあったのかなって思うようにしています。

――撮影当時と今を比べて、作品の受けとめ方は変化しましたか?

河合 変わりました。当時、脚本を読んで何を考えていたのかは詳細には覚えていませんが、こうやって振り返って考えていることと、だいぶ違うはずです。そういう意味でも私に限らず、その当時の鳴海(唯)さん、(仲)万美さんを含めた、みんなの姿を映せたことは有意義だなと思います。その時しか映らないものを映すのも映画の価値のひとつの側面としてあると思うので。

――姉を演じた、主演の鳴海さんの印象はいかがですか?

河合 爽やかで軽やかな笑顔で可愛らしいイメージの方ですけど、主演というポジションでしっかりと真ん中に立っていらっしゃいました。 私が迷っているときも話を聞いてくださり、ふと気にかけてくれるというか、そういう瞬間が多くて、強い方だなと思いました。

――同じ姉として、鳴海さん演じるエイミに共感する部分はありましたか?

河合 ありました。エイミは自分が正しいと思ったことをしてきただけなのに、責められるようにどんどん追い込まれて苦しむことになります。自分が同じ立場だったら、相当辛いですね。

――松尾大輔監督の演出はいかがでしたか?

河合 違うことは違うって言ってくれて私が疑問に思ったところには向き合って話し合っていただきました。でも全部を明かしてくださる方ではないので「松尾さんは何を考えてるいんだろう、松尾さんのラインに達しているのだろうか」という葛藤はありました。役者に考えてもらうということを大事にされている方だと思います。

――改めてティーンに『偽りのないhappy end』の見どころを教えてください。

河合 女子高生を始めティーンの世代も出てきますが、自分が生きていくことにそれぞれ迷っている子たちばかりです。重くて悲惨なストーリーですが、「この子の迷いとか、人との距離感覚は分かるな」というようなところを、それぞれの視点で見つけてもらえたら面白いんじゃないかなと思います。

ダンサーの身体性みたいなものは演技に繋がっている

――小学校3年生からダンスに打ち込んできたとお聞きしたのですが、ダンスを始めたきっかけを教えてください。

河合 妹がバレエをやっていたので、私もやってみたくなって、同じダンススタジオのバレエの体験教室に行ったんです。でも自分にはバレエが合わなくて、キッズダンスという括りだったんですけど、ヒップホップっぽいものから始めました。

――もともと体を動かすことが好きだったのでしょうか?

河合 苦手でした。中学時代はバスケ部だったんですけど、ダンスとバスケをやったおかげで、やっと人並みになれたといってもいいくらいで、それまでは体力テストなんかは全部Cでした(笑)。ダンスを通して、振付を真似したり、人に言われたことを吸収して体で表現するということを鍛えられたかなと思います。

――ヒップホップ以外のダンスもやったんですか?

河合 その後もロックやストリート系が多かったですけど、ジャズもちょっとだけかじりました。ディズニーランドのダンサーさんのようなテーマパークダンスや、笑いとかストーリーを織り交ぜたコントっぽいダンスとか、興味の赴くままに色んなことをやってました。

――大会などにも出場されたのでしょうか?

河合 高校時代に部活単位で出ていました。でも大会にバリバリ出るタイプの部活ではなくて、どちらかというと年に何回かある校内のステージを大事にしていました。80人くらいの大所帯の部活で、音にも衣装にもこだわっていました。

――学校全体でダンス好きが多かったのでしょうか?

河合 多かったですね。キャンプや体育祭などの行事でも踊っていて。ダンスが好きじゃない子はちょっとしんどい学校だったかもしれません。

――人前に出ることはもともと好きでしたか?

河合 好きなほうだったと思います。お盆に親戚の家に行くと、一芸をしなきゃいけないというルールがあって、できないとご飯が食べられないんです(笑)。小さい頃から、お母さんに「世界に一つだけの花」の手話と歌を仕込まれていました。身内のレベルではありますが、人前に出て芸をするようなことは小さい頃から身近にありました。

――ダンス経験がお芝居に活きた部分はありますか?

河合 自覚はしてなかったですけど、「お芝居をする時に体から入る人ですね」と言われたことがあって、「確かに!」と思いました。こう見えるために、この角度でと頭で考えるよりも先に、その場で感じたことで体が動くのかもしれないです。例えば『偽りのないhappy end』で言ったら、ユウが初めて東京に来るシーンがあります。東京出身の私に上京という経験は無いけど、初めての地に降り立つ時の体の記憶を頼りにできます。なんとなくそういう面で、ダンサーの身体性みたいなものは、演技に繋がっているなと思います。仕事として始める前から、体を動かして、それを人に見られるという経験を重ねてきたのは大きいと思います。

――今でもダンスは続けていますか?

河合 今はしてないですけど、踊りたくはなります。先日、ダンサーの役があって、すごく楽しかったです。ただ、ダンスを極めた人たちと、自分がダンスをやるのはまた違うなとも思います。演技として自分が踊る意味って何だろうと考えることもありますが、踊ること自体は楽しいです。

――演技の世界に興味を持ち始めたのはいつ頃ですか?

河合 はっきりとは覚えてないのですが、思い始めたのは高校2年生の時です。自分たちが作ったものをお客さんに見せて反応してもらうことが楽しくて。これ以上楽しいことはない気がするって思ってどういう形かは分からないけど、エンターテインメントの世界に関わりたいと思うようになりました。そのときに表現したいという思いが、ダンサーのほうじゃなくて、お芝居に向いていったんです。

――ご家族の反応はいかがでしたか?

河合 一芸をするような家なので、最初は「いいじゃんいいじゃん」という感じだったんです。でも進路を一般の大学から演技の大学に変える、事務所を探し始めると言い出した頃から、家族も「ちょっと待って、本気で言ってるの?」という空気になり始め、若干揉めました。「私は役者になりたいんです!」みたいな話をするのが恥ずかしくて、事後報告でいいやと思って勝手に事務所を決めちゃって、もう行動で説得しました。

――どうして演技の大学に行こうと思ったのでしょうか?

河合 物心ついたときから絵を描くのが好きだったので、例えば舞台美術を学ぶとか、役者でなくてもエンターテイメントや芸術に関わるような学部に通いながら、映画や舞台のオーディションを受けたらいいかなと思っていたんです。でも高校3年生の夏休みの終わりというギリギリのタイミングで、「やっぱりお芝居に賭けよう!」みたいなものがあって、演技コースのある大学に行きました。

――大学に行かずに演技1本という選択肢は考えませんでしたか?

河合 私が行っていた高校で、進学せずに夢を追いかけるという人があまりいなかったから躊躇もありましたし、いろんな可能性を広く残しておきたいと思って大学に行きました。でも大学も今年辞めちゃったんですけどね。

――どうして大学を辞める選択をしたのでしょうか?

河合 コロナ禍が大きかったです。実習ができる演技の大学を選んだのですが、授業が全部リモートになってしまって。学校じゃないと学べないこともあるなと改めて思うんですが、また勉強したいって思うタイミングが来たらでいいかなと思って、今は現場で頑張ろうと思います。

――最後に進路を検討しているティーンにメッセージをお願いします。

河合 良くも悪くも自分の思った通りにはいかないことばかりですし、今選んだ道しかないんだと本当に考えすぎないでほしいです。「こっちの方がいいかも」って心に何かが起きたらそれを敏感にキャッチしてあげて、そちらの方向に向かっていけば、自然に自分の道になると思います。あまり計画を立て過ぎず、おもむくままにいい風が吹いている方に流れていけば何かが見つかると私も自分に言い聞かせています。皆さんと一緒に良い未来に向かって行けますように!

Information

『偽りのないhappy end』
12月17日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開中 全国順次公開
鳴海唯  仲万美
馬渕英里何 カトウシンスケ

監督・脚本:松尾大輔
配給・宣伝:アルミ―ド
©2020 daisuke matsuo
2020年/日本/カラー/16:9/5.1CH/97分

中学を卒業してすぐに地元滋賀を離れ、ずっと東京に住むエイミ(鳴海唯)は、母親が亡くなった後も一人で滋賀の田舎で暮らしている妹・ユウ(河合優実)に、「東京で新しい人生を始めない?」と誘う。はじめは拒んでいたユウだが、なぜか急に東京に来ることを受け入れ、一緒に暮らし始めるが、引っ越してきて早々、ユウは行方不明に……。そんな折、エイミは同じく妹が行方不明になっているヒヨリ(仲万美)と出会う。エイミに、地元の琵琶湖で若い女性の遺体が見つかったと警察から連絡がくるが、見つかった遺体はユウではなく、なぜかヒヨリの妹だった。再び巡り合ったエイミとヒヨリは、共に犯人を捜すことになるが思わぬ方向へ……。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

河合優実

女優

2000年12月19日生まれ。東京都出身。2019年デビュー後、映画、ドラマ、舞台、MV、CM、モデルなど多岐に渡り活躍。主な出演作に、映画『佐々木、イン、マイマイン』(20/内山拓也監督)、『サマーフィルムにのって』(20/松本壮史監督)、『由字子の天秤』(20/春本雄二郎監督)、2022年公開予定作『愛なのに』(城定秀夫監督、今泉力哉脚本)がある。

Photographer:Yuta Kono,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Lee Yasuka, Hair&Make:Natsuki Watanabe
衣装協力
インナートップス MSSHEEP ¥27,500
問い合わせ先 info@mssheep.com