Contents

感情の起伏が激しい主人公を演じるのは難しかった

――映画『偽りのないhappy end』は、妹が行方不明になった姉二人が、たまたま知り合い、運命に導かれるように一緒に捜索するというミステリー仕立ての作品です。初めて脚本を読んだときは、どのような印象を受けましたか?

鳴海 私が演じたエイミは色々なことに巻き込まれるので、感情の変化が激しくて、今まで自分が演じてきたことのない初めての役でした。「この作品面白いな」と思った反面、「私にできるだろうか」という不安もありました。でも松尾大輔監督に、「考えてお芝居をするんじゃなくて、現場で生まれた感情を大切にしてほしい」というふうに言ってもらったんです。それまでは事前に演技プランを立てて演じようと思っていたんですけど、その言葉で気持ちを切り替えて現場に臨みました。

――エイミは妹を探す過程で、いかに自分が妹のことを知らなかったのかに気づき、徐々に追い込まれて狂気を帯びていきます。

鳴海 過去から逃げ続けている人間なんですよね。本当は優しい子なんですけど、自分が犯した過ちがどんどんエスカレートしていって、思わぬラストに繋がっていきます。

――どんな役作りをされましたか?

鳴海 エイミは26歳なんですけど、当時の私は20歳。なので、まずは大人っぽく見えるよう、髪の毛を伸ばすところから始めました。エイミは過去のトラウマから携帯を持っていないので、ロケ中は基本的に自分自身の携帯の電源を切って、携帯には触れないようにしました。感情からではなく、髪型とか目に見えるものから役作りをしていきました。私には妹がいないのですが、少しでもお姉さんらしくするために大人っぽいしゃべり方やしぐさを心がけながら現場で感情を作って、エイミを作り上げていきました。

――エイミは喜怒哀楽がとても激しいですが、鳴海さんにもそういう部分はありますか?

鳴海 私は根っから明るい人間で、あまり怒ったり暗くなることはないので、エイミとは全く違いますね。感情の起伏が激しいエイミを演じるのは難しかったです。共通点があるとしたら、上京してからのエイミは過去を隠しているので、どこか繕っている部分があります。私も人前では、よく見られたいというところがあるので、その部分はエイミと似ているかもしれません。

――鳴海さんは兵庫県出身ですが、エイミのように故郷を捨てるみたいな感覚は理解できますか?

鳴海 まったく理解できないです。かといって「地元が一番!」というわけでもなく、東京と同じぐらい地元が好きという感覚です。

――W主演の仲万美さんにインタビューした際、仲さんも自身が演じたヒヨリのように感情的な性格ではないので悩んでいて、鳴海さんと話したことで安心したと仰っていました。

鳴海 撮影に入る前日、滋賀で万美さんと一緒に夜ご飯を食べさせていただいたんです。私も主演として不安が大きかったので、この気持ちをW主演である万美さんにもお伝えしておこうと思いました。万美さんも、「分かる!実は私もすごく悩んでいるんだよ」と言ってくださって、そこで意気投合しました。話しているうちに自然と「正解はないんだから二人とも分からないままで行った方がいいのかもしれない」と思いました。万美さんがいてくれたおかげで、そういう考え方になれてすごく心強かったです。

――劇中では、まるでエイミが乗り移ったかのような鬼気迫る演技でしたが、役にひきずられることはありましたか?

鳴海 お芝居をする直前は、シリアスなシーンだと少し時間が欲しいと思いますが、終わった後は切り替えができるタイプなので、役のせいで気が重くなることは一切なかったです。それはどの現場でもそうです。

――松尾監督の演出はいかがでしたか?

鳴海 柔らかくて優しい方なんですけど、納得がいくシーンが撮れるまでは絶対にOKを出さない方です。あえて具体的な外面の演技には触れずに、感情の面でダメ出しをするという印象でした。当時の私はまだまだ経験が浅くて、おそらく外面で芝居をしようとしていたんです。そこで松尾監督がOKを出してくれなかったおかげで、感情の深みが出るお芝居を学ぶことができました。

――先ほどお話に出た「現場で生まれた感情を大切」にする演技は、すぐに対応することができましたか?

鳴海 クランクインの前は不安もありましたけど、割り切ったというか、現場に身を任せた感じです。素敵な役者さんたちが揃っていたので、実際に対面してセリフを言うことで生まれたものを信じようと思って挑みました。

――全編にわたってシリアスな内容ですが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

鳴海 スタッフの方々が松尾監督と長年やってこられた人たちだったので、そこまでシリアスにはなり過ぎませんでした。でも本番では松尾監督がピリッとした空気をしっかり作ってくださったので、気持ちが途切れることはなかったです。

実際に目で見て客観的に分析することが大切

――役者をめざしたきっかけを教えてください。

鳴海 小学校6年生のときにドラマ「のだめカンタービレ」(フジテレビ系)を観てお芝居っていいなと思ったんですけど、そのときは口だけだったというか、あくまで憧れでした。だから具体的に役者を目指すというのはなかったんですけど、きっかけはそこでした。

――その夢が明確になったのはいつ頃ですか?

鳴海 私の通っていた高校は、高校3年生になると文化祭でクラス対抗のお芝居のコンテストがあるんです。受験シーズンまっただ中なのに(笑)。すごく盛り上がるイベントですし、3年間のうちに1回だけお芝居ができる貴重な機会なので、入学当時から「そのためだけに高校3年間を頑張ろう」と思っていました。私のクラスが優勝したんですけど、そのときにお芝居の楽しさを知りました。ただ、みんな受験モードの時期なので、とてもじゃないけど「大学には行かずに芸能界に行きます」なんて言えない雰囲気でした。

――誰にも役者の夢は伝えていなかったんですか?

鳴海 進路相談で担任の先生に言いました。そうしたら「お芝居したいのは分かるけど、大学に行ってからでもサークルなどでできるよ」と言われたんです。なので、とりあえずは大学に行かなきゃという気持ちで東京の大学を受けまくっていたんですけど、どれも落ちてしまって。関西の大学に行くなら、自分の好きなことをしようと思って舞台芸術が学べる学科に進学しました。

――そこでお芝居との接点ができたんですね。

鳴海 大学に進学してこんなに役者をやりたいと思っている人がいるんだと知りました。そこで初めて、私も役者をやりたいと公言してもいいのかもしれないと思いました。ただ自分としては映像のお芝居をメインにやっていきたかったんですけど、舞台寄りの学科だったので戸惑いもありました。今となっては映像も舞台もどっちも挑戦していきたいんですけど、当時はお芝居にもいろんな形があることを知らなかったので、自分のやりたいこととは違うかも……と。そんなタイミングで映画『ちはやふる–結び–』(18年)にエキストラとして参加して、同世代の方がお芝居しているのを目の前で見て刺激を受けました。

――大学時代の同期で、今も役者を続けている方は多いですか?

鳴海 私は途中で大学を辞めたので、みんなが今どうしているのかはあまり分からないんですけど、一人だけ大学時代からの親友がいて、その子は声優を目指しています。その子から聞いた話だと、何人かは上京して劇団に入ったりしているみたいです。

――役者のお仕事を続けていくのは簡単ではないと思いますが、続ける秘訣は何だと思いますか?

鳴海 個人的には、実際に現場に行くことが大事なのかなと思います。それが私みたいにエキストラでも全然いいと思うんです。自分の競合になる方々が、今どんなレベルで、どんなお芝居をしているのかを実際に目で見て客観的に分析することが大切なのかなと。そこで役者を辞めても、挫折ではないと思います。諦めるというよりも、自分は違う職業が向いているのかもしれないと別の方向に進んでいけます。そういう意味では、たまたま私は自分がやりたいことがフィットしていただけかもしれません。早い段階で気づくためにも、現場を見て確認するのが一番いいと思います。

――最後に高校生の読者にメッセージをお願いします。

鳴海 私自身は自分のやりたいことにウソをついて大学受験をしたので、後悔している部分もあります。地方にいると、芸能界のお仕事をしたいと言っても否定されることが多かったです。確かに狭き門で難しい世界ですが、「自分がやりたいからやるんだ!」という気持ちで突き進めるのは若い頃だけ。なので、人の意見をあまり聞かないほうがいいのではないでしょうか。大学進学は年齢制限がないので、本気で行きたいと思えば、後からでも遅くはありません。自分の気持ちに嘘をつかず、今やりたいと思ったことをやってください!

Information

『偽りのないhappy end』
12月17日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開中 全国順次公開
鳴海唯  仲万美
馬渕英里何 カトウシンスケ

監督・脚本:松尾大輔
配給・宣伝:アルミ―ド
©2020 daisuke matsuo
2020年/日本/カラー/16:9/5.1CH/97分

中学を卒業してすぐに地元滋賀を離れ、ずっと東京に住むエイミ(鳴海唯)は、母親が亡くなった後も一人で滋賀の田舎で暮らしている妹・ユウ(河合優実)に、「東京で新しい人生を始めない?」と誘う。はじめは拒んでいたユウだが、なぜか急に東京に来ることを受け入れ、一緒に暮らし始めるが、引っ越してきて早々、ユウは行方不明に……。そんな折、エイミは同じく妹が行方不明になっているヒヨリ(仲万美)と出会う。エイミに、地元の琵琶湖で若い女性の遺体が見つかったと警察から連絡がくるが、見つかった遺体はユウではなく、なぜかヒヨリの妹だった。再び巡り合ったエイミとヒヨリは、共に犯人を捜すことになるが思わぬ方向へ……。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

鳴海唯

女優

1998年5月16日生まれ。兵庫県出身。2018年、雑誌「Hanako」の表紙モデルなどを務め、2019年にNHK朝の連続テレビ小説 「なつぞら」でドラマデビューし注目を集める。CMでは、TEPCO、アイン薬局、ワコールスポーツブラ、人材派遣のレバテックなどに起用され、着実に活躍の場を広げつつある。

Photographer:Yuta Kono,Interviewer:Takahiro Iguchi