Contents

ノートを書くことで過去を振り返ることができる

――どういう経緯で『京大 芸人 ノート』を出版することになったのでしょうか?

菅 宝島社さんから「ノートについての本を作りたい」というお話をいただいて。一般的に勉強用と仕事用のノートは違う使い方をすると思うんですが、僕らは、勉強も仕事も同じような感じでノートを取ったら上手くいくのになぁと考えていて、それを伝えたいなと思いました。

――執筆はどのような流れで進んでいったのでしょうか?

菅 全部リモートで、いまだに出版社の方にも会ってないんです(笑)。リモート会議で僕たちがしゃべったことをまとめていただいた感じです。正直、最初はノートだけで一冊の本にするのは大変じゃないかと。15ページぐらいで終わるんじゃないかなって思いました(笑)。でもしゃべればしゃべるほど、ノートってすごく大切だと改めて感じる貴重な時間でした。

――お互いのノートの取り方について、日ごろから情報交換みたいなことはしていたのでしょうか?

宇治原 特になかったです。なんとなく普段から見ていたら分かりますし、勉強の部分でいうと、今までに出した本でもノートについて話していますからね。

菅 ただ宇治原さんが大切なポイントを斜めに書くというのは今回初めて知りました。

――高校時代、お互いノートの貸し借りはありましたか?

菅 ちょいちょい借りていたような……でも違う人からだったかも。

宇治原 ゼロではないかもしれんけど、そこまで借りた記憶がないかな。

――ノートを取る時間はルーティン化した方がいいと書かれていましたが、お二人はノートをいつ書きますか?

菅 僕は朝ですね。現場ではあまり書かず、前日のことを思い出して書いています。睡眠時間を確保するのと同じような感じで、10分でもいいからノートを取る時間を確保する。特に若いうちは失敗することが多いので、ノートを書くことで振り返ることができるし、後々活きていきます。ただ宇治原さんは、このノートの本を作ってから、ノートを普段より多く取り出した気がするんです(笑)。

宇治原 さすがや。よう見てたな(笑)。

菅 恥ずかしいかなと思って、あえて言わなかったんです。

宇治原 『京大 芸人 ノート』は僕が1人目の読者です(笑)。先ほども話しましたが、菅さんがどういうことをノートに書いているかは、なんとなく感じ取っていました。もちろん自分のノートもありましたけど、一緒にしゃべって本を作る過程で、より重要性に気づいたんです。なので改めてノートを厚めに書くようになりました。物理的に無理なときはスマホにメモして、出せるときはノートに書くようにしています。

数学や日本史を学ぶ意味は考え方の練習をすること

――お二人が提唱するノートの取り方で印象的だったのが、複数のペンやマーカーを使わず1色のペンのみで書くところでした。

菅 ノートは人に見せるものではなく、自分の頭の中を整理して、物事の理解を深めたり、記憶したりするために行うものです。だからペンは1色、多くても2色で十分。これは僕自身、学生時代から変わりません。カラフルにしたり、市販のシールでデコったりするのは、ノートをきれいに作り込むことを最終目標にしているんですよね。

宇治原 学生時代、ノートをきれいに書いたり、工夫して書いたりすることが目的になっている人を見かけたことがあります。そっちに力を注ぎ込んで、結局テストは何点やねんって感じでしたけど(笑)。

菅 ただ学生時代は、今みたいに確信があってノートを取っていた訳ではなく、自然とやっていたことでした。

宇治原 結局は後で見返せるように書けるかってことだと思います。ただ、あまりにも丁寧にやりすぎて、そこに時間を使うのももったいない。なので、ぎゅうぎゅう詰めにしないとか、なるべく読みやすく書くとかは、学生時代から意識して、意味のあるノートを作ろうと思っていました。もちろんカラフルにして成績が上がったのなら、そのやり方が自分に合っているので正解だと思います。

――本には「数学的なノートの使い方と歴史的ノートの使い方」という章があります。そこでは数学的なノートは「問いと解が対となって書かれるもの」、歴史的ノートは「時系列順に人物やその実績、出来事などが連続して記されていく」と分類。数学的ノートは問題解決のためのノート、歴史的ノートは上司や取引先から言われた指示や注意を時系列的にまとめていくノートとして、社会に出たときに応用できると説明しています。この考えは社会に出てから気づいたんですか?

菅 ある程度、学生のときにそういう訓練ができていたような気がします。それを社会人になって、自分自身で使いこなせるかどうかがすごく大事だなと思っていて。たぶん学生時代は使いこせる頭になっていたのに、社会人になってノートを取らなくなって無駄にしているんじゃないかと。

宇治原 数学的ノートと歴史的ノートって、すごく重要なんですよ。よく学生さんに「なんで勉強するんですか?数学っていつ使うんですか?日本史を覚えて社会で使うんですか?」みたいなことを聞かれるんです。大抵の人が疑問に思うことですけど、直接使うんじゃなくて、そのやり方を学生時代に覚えて、社会に出たときに解決できるようにする訓練をやっているんです。

――知識を詰め込んでいるだけではなく、思考法を学んでいるということですね。

宇治原 これは大人になってから思い出したことですが、教科書って教科ごとに「はじめに」っていうページがあって、数学はこういうため、日本史はこういうために勉強しますよということが実は書いてあるんです。それを読んだら、考え方の練習をすることが分かるはずなんです。

ノートにしてもYouTubeにしても一番の目的は続けられること

――YouTubeチャンネル「ロザンの楽屋」は、チャンネル登録者数が15万人を超えています。時事・テレビ番組・舞台・私生活などの話題を二人だけでトークするというスタイルですが、YouTubeのために、自分たちの興味の範囲を広げようみたいなことはありましたか?

菅 それはあると思います。でも、「こう切り取ってやろう」みたいなことを思ったことはないです。

宇治原 無理してやってないんですよ。今までのライフスタイルとは何も変えていない。そうでなければ続けられないですからね。

菅 先ほどお話に出たペンは1色に通じる話ですが、たくさんのペンを使って凝ったノートにするのもいいけど、「これを一生続けられますか?」と。ノートにしても、YouTubeにしても一番の目的は続けられることだと思うんです。

――どれぐらいのペースでYouTubeの撮影をしているんですか?

菅 だいたい週に2回のペースで、4本をまとめ撮りします。

――すごいペースですね。

宇治原 編集もしないし、テロップも入れないし、僕が空いている時間にスマホでサムネイルの文字を入れるぐらいなので全然できます。

――編集や撮影方法にこだわるYouTuberも多い中で珍しいですね。

菅 自分らは逆に行って、ブルーオーシャンを目指します(笑)。

宇治原 初期と変わったのはカメラの置き方が上手くなったぐらい。最近、初期の動画って見てる?

菅 見てない。

宇治原 ひどいで……。明るさの調整もできてなくて、なんでこのまま出そうと思ったのかと。

菅 雑音がひどかったり、カメラが真ん中じゃなくて、どっちかに偏ってたり(笑)。

宇治原 よう、あの頃から見てくれたな。ありがたい話や。

菅 登録者数も、むちゃむちゃコンスタントに伸びてるしな。

――毎日10分前後のトークを違うテーマで見せる技術はすごいです!

菅 みんなやったらいいのになと思うんですけどね。どれぐらいの頻度でできるかはコンビによるかもしれないですけど、芸人やったらみんなできると思いますよ。ただ僕は何かをやるときに、まず100回できるか、10回できるか、1回できるかを考えます。YouTubeをやるときも100回できるから、このスタイルにしたんですけど、僕らは100回できても、見る人が自分にはできないと思ったら、それは僕たちの勝ちなんです。それを人は才能、努力と言うんだと思います。

――再生回数を伸ばすだけではなく、いかに最後まで見られるかにこだわるという方法もありますが、その辺は意識されていますか?

菅 意識してないです。ただ後から気づいたんですけど、テロップを入れてないんで飛ばせないんですよ。話を聞かずに飛ばしても、おじさん2人がおるだけやから持続率が異常に高いみたいです(笑)。

――最後にティーンの読者にメッセージをお願いします。

宇治原 僕は高校時代、たまたま菅さんに出会って芸人になろうと誘われ、コンビの売りになるからと京大に入りました。たぶん、その誘いがなかったら、高校3年生の時点で進路は決まっていなくて、とりあえず大学に行ってたと思います。でも、それはそれでいいのかなと。大学卒業して就職したけど、40歳になって会社を辞めて、自分のやりたい仕事を始めて幸せに暮らしている人もいっぱいいます。だから、あまり高校時代から焦る必要はないんですよね。

――いくつになっても進路変更はできますからね。

宇治原 僕らの場合は、仕事が人生の中で一番時間を使うことなので、そこが楽しかったらいいという発想のもとに、一番楽しめることを仕事にしようということで芸人になりました。でも仕事が一番重要だという人生が正しい訳でもないので、とりあえず何でもいいからお金を稼げることを見つけて、他のことで人生を豊かにするという方法もあると思いますし、焦らず柔軟に考えればいいと思います。

菅 僕は根拠のない自信ってすごく大事やなと思っていて。何かを成し遂げたいってなった場合、根拠のない自信にすがるしかないと思うんですよ。そのときに「なぜそれができると思うの?」って人から言われたりすることもありますが、根拠がないので説明のしようがない。僕らも高校時代に漫才をやってた訳でもないのに大学からお笑いを始めました。でも今は芸人として長く活動しているので、周りの言葉に惑わされず自分を信じることって大事だなと思います。

Information

『京大 芸人 ノート』

出版社:宝島社
発売日:2021年11月27日
価格:1430円(税込)

ノートがなければ今のロザンはなかった! 二人のノート術を惜しみなく披露した一冊。今すぐ実践できるノートの取り方を、例を交えながら、分かりやすく解説。仕事や人生で悩むビジネスパーソンから受験生まで役立つ、思考法・問題解決法が満載。

出版社サイト

ロザン菅 note

ロザン(宇治原史規・菅広文)

芸人

吉本興業所属の高学歴コンビ。1996年8月結成。デビュー当時は宇治原が京都大学、菅が大阪府立大学の現役学生であった。菅が、相方宇治原の京大合格までの勉強法やコンビとしてのオーディション合格までをまとめた『京大芸人』が大ヒットを記録。以降『京大芸人』シリーズは累計30万部を突破。関西情報番組でのコメンテーターやクイズ番組に多数出演するなど、テレビ・舞台・Youtubeで活躍中。

Photographer:Masahiko Matsuzawa,Interviewer:Takahiro Iguchi