Contents

自分を好きになってくれる人がいるのか不安だった

――「ドラ恋(恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~)」の反響はいかがですか?

中村 朝ドラ(※中村は2020年にNHK連続テレビ小説『エール』に出演)と同じくらいありました(笑)。普段は友達から映画やドラマを見たよって言われることは少ないんですけど、「ドラ恋」はたくさん連絡が来ました。女優の検索ランキングでも上位になって、たくさんの方が興味を持ってくれたんだなと実感しました。「ドラ恋」では、ドラマも撮れてないですし、恋愛も上手くいってなかったですが、気にしてもらえて嬉しかったです。視聴者の方のTwitterを見たら、みなさん自分のことのように、怒ってくれたり悲しんでくれたりするんです。撮影当時は本当に辛かったんですけど、そういうコメントを見ると今になって救われている感じがして、ありがたいなって思います。

――カメラの回っているところでの恋愛は気恥ずかしい部分もありましたか?

中村 20時間くらいカメラが回っているという状況は今までなかったので恥ずかしかったです。しかも私は自分の恋愛について友達にも話さないタイプなので、日本中の方が見てくださっているのかと思うと、余計に恥ずかしかったです。

――「ドラ恋」のオーディションを受けようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

中村 映画でも共演した江野沢愛美ちゃんが過去シーズンに出ていて、全部さらけ出して本気でぶつかる姿がかっこいいなと思ったんです。それが心に刺さって、自分も挑戦したいなと思い、受けさせていただきました。

――撮影に向けてどのような準備をされましたか?

中村 過去のシリーズをすべて見返して、演技指導をしてくださる澤田育子先生のアドバイスを復習しました。普段は撮影前に監督や共演者の方について調べるんですけど、今回は事前に誰が来るか分からないので、心構えだけしていきました。過去シリーズを見ると、私のように演技経験がある方のほうが苦戦していたのを見てきたので、自分もが怖さがありました。

――初めて撮影現場に入ったときの印象はいかがでしたか?

中村 美男美女ばかりなので、そんな中で果たして自分を好きになってくれる人がいるのだろうかと不安でした。約3週間で全6話のドラマを撮影するんですけど、6話すべて違うキャラクターでやりたいなと思って撮影に臨んだんです。ところが最初にオーディションに合格してドラマを撮影した2人の様子を見ていたときに、これは役作りとかそういうことじゃない、自分自身でいかないとダメだと思いました。そもそも「ドラ恋」に出演した理由の一つとして、本物の演技というか、演技に見えない演技というものを探しにいったのもあったので、そこは2話から意識しだしました。

――これまでのお芝居とは全く違いましたか?

中村 全く違いました。今までたくさんのオーディションを受けてきましたが、すべて「個」の戦いでした。極端なことを言うと、相手役の人がセリフを全部忘れていても、こっちは勝負しなきゃいけない。でも今回はペアなので、自分だけじゃない、相手がいるというプレッシャーもありました。「個」の戦いだったら「次に頑張ろう」と切り替えられるんですけど、ペアなので責任が重くて追い詰められました。

恋で戦うっていうのがすごく難しかった

――共同生活はいかがでしたか?

中村 想像の4倍ぐらいのハードさでした(笑)。精神的な大変さは想像していたんですけど、体力的にも大変でした。寝る時間もほぼなかったですし、カメラが回ってないときも、みんなと過ごす時間がたくさんあって。今回、私が最年長だったこともあって、「今ちゃんとご飯食べてるのかな」「誰か傷ついてないかな」って気にしちゃうんですよ。今までは先輩方に囲まれたお仕事ばかりで、みなさんに優しくしてもらっていたことに改めて気づきました。

――自分が最年長の立場になって、先輩方のありがたみを痛感したんですね。

中村 AKB48で活動していたときも、毎日3公演あったんですが、全員が疲れているのに、毎回年上のメンバーが電車の席を譲ってくれたんです。そういう優しさの中で育てられてきたからこそ、今回は自分がやらなきゃいけないという思いもありました。

――「ドラ恋」は役者としての戦いの場でもありますけど、それでも最年長ということを意識されていたんですね。

中村 最年少の2人は20歳で自分の弟よりも年下でしたし、やっぱり意識しました。ただ撮影2日目から、ずーっとスタッフさんに「もっと自分勝手になって」と言われ続けたんです。それが自分にとっては難しくて。一緒に生活していると、みんなが愛おしく見えてくるんです。でも戦わなきゃいけない。お芝居で戦うことに関しては俳優として切り替えられるんですけど、恋で戦うっていうのがすごく難しくて。カメラが回っていないところでも、みんなと密に接しているので、友情関係や恋愛関係を知っているからこそ、いろいろなことを察するじゃないですか。そんな状況で自分も恋愛の中に入っていくと、誰かを傷つけるんじゃないかと考えこんでしまって。

――自分の感情の動きが演技に影響することはありましたか?

中村 すごくありました。「個」の戦いじゃないので、ペアに集中すると二人の関係性というか、自分の心も日々変化していきますし、でも変化していくことに戸惑いもあったりして、ずっと葛藤し続けていました。

――実際に完成した「ドラ恋」を客観的に見ることはできましたか?

中村 まだ無理ですね。「きゃー!」って言いながら見てます(笑)。

――特に印象に残っているエピソードはありますか?

中村 ドラマも撮れない、恋愛も上手くいかない、告白の投票も1票しかない。本当にしんどい中で、ずっと一緒にやってくれた男子からも「他の人と組みたい」と言われて。めちゃくちゃしんどいときに、コーンフレークを食べようと思って冷蔵庫を開けたら牛乳が切れていて。牛乳にまで見放されたと思うと本当に悲しくなって固まっていたら、一回撮影を中断してスタッフさんが急いで買ってきてくれたんです。辛いときに心のサポートまでしてくださって、本当にありがたかったです。

――改めて「ドラ恋」の見どころですが、自分のどういうところを見てほしいでしょうか?

中村 大人になっていくにつれて、気持ちに蓋をしてしまったりすることも多くなってくると思うんですけど、言わなきゃ伝わらないし、タイミングがちょっとずれたことで相手の気持ちも変わってしまったり、本当にいろいろなことがあります。恋だけじゃなくて、仕事も、そういうことの積み重ねだと思います。私が「ドラ恋」に挑戦しようと思ったことにも通じますが、「どうかな?」と思ったら挑戦してみることが大切ですし、そういう気持ちで相手にぶつかっていった私を見て、何か感じてもらえるものがあったら嬉しいです。

本格的にお芝居をしたくてAKB48を卒業

――中村さんは小さい頃から子役として活躍されていたそうですね。

中村 2歳半ぐらいから「いないいないばあっ!」(NHK Eテレ)などに出ていたんですか、初めてミュージカルで役を演じたのが小学校1年生のときで、初舞台は「小公女セーラ」でした。

――小さい頃からお芝居は好きだったんですか?

中村 初めて見たドラマが「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」(2002年NHK)でしたし、小さい頃から時代劇ごっこをしていたくらいなので、昔から役に成りきるのが好きだったんだと思います。ずっとお芝居をやっていきたいと思ったのは、小学校3年生の時にミュージカル「アニー」に出演したのが大きかったです。その舞台でタップダンスを初めてやらせていただいて、演技だけじゃなく、いろいろなことに挑戦するのも俳優さんのお仕事の一つなんだと思って楽しかったんです。小さい頃は、お花屋さんになりたい、お菓子が好きだからケーキ屋さんになりたいとか、いろんな夢がありましたが、俳優さんになったらそれ全部できるじゃんって気づいたんです。また時代背景を調べて、勉強する楽しさが分かってきたのも、「アニー」に出演した頃からでした。

――この世界に入るきっかけを作ってくださったのはお母様だそうですね。

中村 母の友人の方で、モデルから俳優になった方がいらっしゃって。「お芝居は難しいから、早くから俳優のお仕事をやっていたかった」と母に言っていたみたいです。それで「子どもが生まれたらやらせてみよう。嫌いだったら自分から辞めればいい」と思っていたようで、まんまとハマってしまいました(笑)。

――AKB48のオーディションを受けたきっかけを教えてください。

中村 これも母が「そろそろ将来を決めないとまずいよ」って言い出して。「秋元康さんという人はすごい人だから」と。ずっとミュージカルをやってきて、歌とダンスは大好きだったので、その延長のような感覚でした。アイドルを知らない状態で始めましたけど、歌って踊ることも、毎日ステージに上がることも純粋に楽しかったです。ただ2年くらい経ってから、「チョコミミ」(2007年テレビ東京)というドラマに出演して、すごく新鮮でした。それでドラマや映画、お芝居をもっとやりたいと思ってグループからの卒業を決めました。

――学業とお仕事の両立はいかがでしたか?

中村 高校は芸能コースだったので、そこまで大変だなと感じることはなかったです。ただ学校の成績とは別の面で、ライバル意識があったかもしれないです。実際にオーディションで会うこともありますし、「〇〇が今ドラマ出てる」いうのは、みんな言葉には出さなくても薄々感じていましたからね。

――2022年の抱負を教えてください。

中村 目標は大きく、大河ドラマ出演を目指しています。この役といえば「加弥乃を呼びたいね」と言われるような俳優になっていけたらいいなと思います。また、すごくピンポイントで言うとNHKの語学講座の生徒はずっとやりたいなと思っています。韓国語と中国語が大好きで毎週見ているので、いつか自分も出る側になりたいです。

――最後に進路選択を控えるティーンにメッセージをお願いします。

中村 私はピンチのときに、いつも助けてくださる人が現れて、人に恵まれてここまでやってこれました。だから悩みや迷いがあったら、友達でも大人でもいいので、誰か相談できる人に相談してみてください。たとえ解決できなくても誰かに話すことで自分の考えが整理できることもあると思います。その人の意見を全部真に受けなくても、その人の意見も聞いて、自分でもう一度考えて、「こういうこともあるのかもしれない」という新たなひらめきがあるはずです。

Information

『恋愛ドラマな恋がしたい ~Kissing the tears away~』
ABEMAで放映中!

『恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?』をテーマに、若手俳優と女優がキスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、その恋模様も追いかけるリアリティショー。メンバーは役作りとして、約一ヶ月の共同生活をしながら全6本の恋愛ドラマの撮影をする。主役を勝ち取りキスシーンを演じるのは誰?演技を超えたキスは生まれる?20代、30代大人女子人気NO.1のドラ恋シリーズ第8弾。

公式サイト

中村 加弥乃

女優

1994年2月10日生まれ。東京都出身。子役としてミュージカルを中心に活躍。2005年、『AKB48オープニングメンバーオーディション』に合格、AKB48第1期生として活動。2007年、AKB48を卒業後、俳優として本格的な活動を始める。最近作に、映画『サイレントトーキョー』(2020年)、「連続テレビ小説 エール」(2020年 NHK)、「特捜9 season4」(2021年 テレビ朝日)、「サ道2021」(2021年 テレビ東京)、土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」(2021年 NHK)など。

Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Takahiro Iguchi