Contents

「ドラ恋」の前半はいろいろなことが頭を駆け巡って前に出られなかった

――出演中の「ドラ恋(恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~)」も中盤にさしかかりました。反響はいかがですか?

永岡 ありがたいことにフォロワーが何倍にもなって、コメントもたくさんいただけるようになりました。中には毎日のようにDMを送ってくれる熱心な子もいて、応援してくれる方が直に見えることが多くなって嬉しいですね。

――自分の恋愛を見せることに関してはいかがでしたか?

永岡 特に恥ずかしいということはなかったです。ただ放送を見ていただけたら分かると思うんですけど、ロン毛で身長も高いので、最初は「こいつグイグイきそうだし、チャラそう」ってメンバーにも視聴者の方にも言われていました(笑)。自分でも「よっしゃグイグイいくぞ!」って思っていたんですけど、いざ始まったら、初めての共同生活だったり、お芝居のことを考えたり、いろいろなことが頭を駆け巡って、なかなか前に出られなかったです。

――「ドラ恋」のオーディションを受けられたのは、過去に友達が出演されたからだそうですね。

永岡 前シーズンもそうですし、もっと過去のシーズンにも友人が出ていました。どんな番組かは知っていました。出演した友人たちもみんな、「楽しかった」「行って良かった」って感想でした。あとこれ何の根拠もないんですが、絶対に受かるんじゃないかっていう変な自信があったんです。でも思ったよりも何十倍もいろんなことがありすぎて最初は苦戦しましたね。

――どんなことに苦戦されましたか?

永岡 男子の中では最年長で、入った瞬間にリーダーシップを取らなければいけないと思って。別に求められてはいないけど、場の空気的に僕が中心になってやらなきゃいけないんだと思って、一気にギアを入れて、みんなを巻き込んでいこうとしたんです。みんなを楽しませなきゃいけないと思って、ずっとふざけていました。バーベキューをしたときも、積極的に肉を焼いて、ついでに炭を自分の顔に塗って「どう?」って言ってダダすべりしたり(笑)。そういう空回りが多かったですね。しかも、お芝居の経験がそんなにないので、寝るときもずっと台本のことを考えたり、慣れないベッドで寝られなかったりで、気疲れもありました。

――全6話のドラマのオーディションに向けて、役作りの面で意識した部分はありますか?

永岡 まず台本をどう見るのかっていうところから始まりました。がっつりセリフがある役も初めてで、どうしても文字を覚えようとしてしまって。「ドラ恋」メンバーには、経験が豊富な先輩方がいたので、いろいろアドバイスを聞きつつ、「この子はこういう子なんじゃないか」と役を作っていきました。特に男子で一番お芝居経験が長かったノブナガには、演技面でいろいろ相談しました。

――初回放送で男性側からオーディションのペア女性を指名するときに、永岡さんは同じ事務所の中村加弥乃さんを指名しました。

永岡 いろいろな人と稽古をした上で決めたんですが、加弥乃とだったら主演は取れるという自信がありました。もちろん他の3人もそれぞれの良さがあって悩んだんですが、お芝居をやったときの楽しさ、やりやすさなどがすごく合うなぁという感覚が一番強かったのが加弥乃でした。

――その後も中村さんとはいろいろなやり取りがあります。

永岡 加弥乃とは恋愛で気になる存在というよりも、役者として、この人と主演を取りたいという気持ちが強かったんです。そんなときにナナから告白されたことで、ちゃんと自分の気持ちを加弥乃に話してなかったなと思って気持ちを伝えました。ナナから告白を受けてびっくりしたけど素直に嬉しかった。その一方でナナのことも知りたいし、違うペアと組んでみて変わることもあるので、ナナとペアを組んでみたいと加弥乃に言いました。その時点で加弥乃の存在は、役者として意識しているのか、女性として意識しているのか自問自答している感じでした。

――「ドラ恋」の経験が、今後のお仕事に活きる部分はありそうですか?

永岡 「お芝居楽しいですか?」って聞かれたときに、まだ自分のお芝居を確立していない状況で、その判断ができる域に達していなかったので、いつも「まだ分からない」って答えることが多かったんです。でも、「ドラ恋」に出演出来て同じ志を持つメンバーと一緒にお芝居に触れたことで、お芝居が楽しいなと思いましたし、もっとお芝居をやりたいと本気で思えました。

大学2年生のときに様々なチャンスが訪れた

――これまでのキャリアについてお聞きします。人前に出て何かをすることは小さい頃から得意でしたか?

永岡 目立ちたがり屋だったので、小学生の頃から生徒会活動をしたり、クラスの学級委員長を務めたり、リーダーになるのが好きでした。小・中ではバスケでもキャプテンをやっていましたし、小学校が児童会委員、中学校が生徒会副会長、高校が生徒会長と、どんどんキャリアアップしていきました(笑)。基本的に人の前に立つことが大好きでした。

――高校時代はどういった進路を考えていましたか?

永岡 普通に大学に行って、普通に就職することを考えていました。高校は就職する人が多い学校でしたが、僕は東京の大学に進学したいと中学時代から思っていました。親戚が東京に多かったこともあって、東京に行く機会が多かったんです。

――将来やりたい仕事はありましたか?

永岡 僕はいろんなとこから影響を受けやすいタイプで、「宇宙兄弟」のマンガを読んだら宇宙飛行士になりたくなるようなタイプなので絞り切れず。選択肢が広がりそうな学部を選びました。

――東京での大学生活はいかがでしたか?

永岡 意外と高校時代変わらなかったです。全然大学生っぽいことをしてなかったんです。大学でもバスケ部に入って、週5ぐらいで部活がありましたし、それ以外はバイト。お酒があまり好きじゃなくて、部活の飲み会以外は断っていました。。

――ルックスのイメージだと充実した大学生活を送ってそうなので意外です。

永岡 入学式の日に2~3歳上のチャラそうな先輩から急にバックハグされて「こういう団体でイケメンを探していて。君しかいないんだよね。マジで入らない?」って誘われたんですけど、とにかく怖くて。ちょうど入学式で「知らない人には連絡先を交換しないでください」と言われたばかりだったので、連絡先すら交換しなかったです。

――大学在学中に芸能活動を始めますが、どういう経緯があったのでしょうか。

永岡 大学2年生のときに、新しいことに挑戦したいと思ってダンスサークルに入りましたが、いまいち熱中できなくて。このままじゃまずいと思っていたときに、映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(2008年)を観ました。人に誘われたときに「NO」ではなく、「YES」と言うことも大事だと感じて、友達に勧められて「ミスターコン」に出ました。実は1年生のときにも誘われたんですけど、出ないほうがかっこいいと思って断っていました。経験として何かしら絶対に残せるなと思って参加したらグランプリを獲りました。

――それはすごいですね!

永岡 他にも美容師さんに頼まれてヘアショーに出たり、友達に勧められて『MEN’S NON-NO』のオーディションに応募してファイナリストになったりと、いろいろなことがあって転機の年でした。

――自分から動きだしたら、一気に状況が変化したんですね。それまでは芸能界に興味はなかったのでしょうか?

永岡 自分で言うのもなんですけど、福井にいたときの僕はキラキラしていたんですよ(笑)。今はこんな感じなんですけど……。

――いやいや、今もキラキラしてます(笑)。

永岡 ありがとうございます(笑)。キラキラ爽やかな感じで、小学生の頃から、友達のお母さんから「いつジャニーズ入るの?」とよく言われていました。でも親が厳しくて、「芸能界の仕事は不安定だから絶対にダメ」と。芸能に興味はあったけど、その気持ちに蓋をしていたというか、周りにやっている人もいなかったですし、未知の世界でした。

自分に合っているというよりも、やりたいという気持ちの方が強かった

――事務所にはどういう経緯で所属したんですか?

永岡 『MEN’S NON-NO』のオーディションの最終で落ちたときに、声をかけていただいて、大学3年生で事務所に入りました。最初の1年ぐらいは学業優先で、芸能の仕事1本でやっていこうとは考えてなかったですし、親も賛成ではなかったです。事務所に所属してから3週間くらいアメリカ留学もしていたので、オーディションも1~2回しか受けませんでした。大学4年生になって、みんなが就職活動を始める段階で、真剣に考えるようになって、芸能活動の割合も増えていきました。

――芸能活動を続けることに自信はありましたか?

永岡 自分に合っているというよりも、やりたいという気持ちの方が強かったので、それを大切にしました。自分の心に蓋をするような生き方をするよりかは、収入とかじゃなくて、やりたいことを楽しそうにやっている方が魅力的に感じたんです。それに、こんなにいろんな業界・業種の人に出会えるお仕事って他にないと思います。普通に生きていたら、おそらくこんなに多くの人と出会わないんだろうなって思いますし、自分一人じゃ何もできないなと思うので、周りの人たちのありがたみや助けを痛感する日々です。

――来年の抱負をお聞かせください。

永岡 「ドラ恋」をきっかけにお芝居の楽しさと大変さを知って、よりお芝居にフォーカスして活動したいと思いました。もちろんモデル活動も継続したいですし、僕の目指すところはモデルとしても俳優としても人間としても最強であること!そこを目指しながら、ゆっくりでも階段を登っていける年にできたらなと思っています。

――最後に進路選択を控えるティーンにメッセージをお願いします。

永岡 上京して大学に入ったときは、良い会社に就職して結婚するという道しかないと思っていました。でも、今はこのお仕事に就いて、充実した日々を送っています。まずは自分だけの世界じゃなくて、いろんな大人たちから話を聞いて「あ、こういう人もいるんだな」ということを知るだけでも大きいと思います。僕も自分だけで考えがちなんですけど、まずは自分の両親や友達、近所のお兄さんやお姉さんに、「自分はこう思うけど、どう思いますか?」って聞くことで、自分の考えも変わると思います。あと、僕は後悔しちゃうことが一番損だと思うんです。やってみて失敗しても意外となんとかなるし、その時には周りの人たちが絶対助けてくれるから、やりたいことをやってみてほしいなと思います。挑戦し続けていれば、絶対に周りはサポートしてくれるはずです!

Information

『恋愛ドラマな恋がしたい ~Kissing the tears away~』
ABEMAで放映中!

『恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?』をテーマに、若手俳優と女優がキスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、その恋模様も追いかけるリアリティショー。メンバーは役作りとして、約一ヶ月の共同生活をしながら全6本の恋愛ドラマの撮影をする。主役を勝ち取りキスシーンを演じるのは誰?演技を超えたキスは生まれる?20代、30代大人女子人気NO.1のドラ恋シリーズ第8弾。

公式サイト

永岡拓真

俳優

1996年8月3日生まれ。福井県出身。ドラマやCMで活躍する10頭身モデル。ミスターコン2016グランプリを受賞、第31回メンズノンノモデルオーディションファイナリスト選出。主な出演作に『春待つ僕ら』(2018年)、『午前0時、キスしに来てよ』(2019年)。またABEMA『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』では新シーズンの出演者に抜擢。若手俳優の登竜門となる番組だけにこれからの活躍が期待される。

Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Takahiro Iguchi