Contents

ターニングポイントになる激動の時代を描いた舞台

――「hana―1970、コザが燃えた日―」の台本を読んだ印象はいかがでしたか?

松山 コザ騒動自体を僕は知らなかったので勉強になりました。1970年当時は沖縄返還前でしたので、沖縄の人たちが日本に対してどういう思いを抱いていたのか。戦後に戸籍をなくして、寄せ集めの家族を作って、給付金をもらって。そうやって生きてきた家族のストーリーに驚きつつ、激動の時代の中で、血は繋がっていなくても、やっぱり家族だなと思ったし、人の温かさや、幸せのようなものが感じられて大好きな台本でした。

――コザに行かれたことはありましたか?

松山 ロケで行ったことがありましたが、当時はコザ騒動やAサイン(※返還前の沖縄で米軍公認の飲食店・風俗店に与えられた営業許可証)も知らず、撮影に行っただけでした。ただ二十歳ぐらいの時に、映画『男たちの大和/YAMATO』(2005年)に出させていただき、戦艦大和のことを調べたり、靖国神社に行ったりして、戦争について考える機会がありました。その直後に、初めて沖縄に行くことになって、ひめゆりの塔に行って。そこで、アメリカに蹂躙された様子がまざまざと浮かんで、僕自身がダメージを受けて、最後まで見ることができませんでした。資料館には手紙などもあったんですけど、苦しくて見ることができなかった。その時に沖縄の大変な歴史を知りました。一般的な沖縄のイメージって、暖かいみたいな感じだと思うんですが、僕にとっては歴史的に悲惨な出来事があった場所というイメージも強いです。

――松山さんは主に映像を中心に活動をされていますが、舞台というものをどのように捉えていらっしゃいますか?

松山 体調管理をシビアにやらないといけない仕事です。映像のように、ワンカットにすべてを込めようとか、このワンカットを乗り切るということではない。また映像は照明や衣裳、メイク、カメラワークなどと協力して一つの表現ができ上がります。もちろん舞台も衣裳やメイク、セット、美術、照明はありますが、役者が表現する幅が広い。だから、どれだけ個人としての力があるのかを試される場だとも思っています。

――この取材の時点(※11月下旬)では、まだ稽古前とのことですが、舞台に向けて意識されていることはありますか?

松山 今は特にないですね。稽古に入って、これがしんどい、あれがしんどいというのが具体的に分かってきてから、稽古期間中にできることをやって臨むという感じです。あまり先回りするのが好きじゃないんですよ。早くから準備したことで、逆に納得して見えなくなることも出てくると思うので、あまり余計なことをしないです。

――今回の舞台に向けて松山さんは、「この作品、キャスト、スタッフと出会うことで一つのターニングポイントになると思います」とコメントされていましたが、どういう気持ちからの言葉だったのでしょうか?

松山 どの作品にも、ターニングポイントになる部分はあります。台本や、そこで出会う人たちから得られるものはたくさんあって、人生の考え方や生活の仕方などが、どんどん変化していきます。自分にとって家族は大事なもので、この作品の血の繋がっていない家族からも、たくさんのものをいただけるなと思ったし、自分自身の栄養として、ちゃんとインプットしていきたいなという気持ちからの言葉でした。

――松山さん演じるハルオに共感した部分はありますか?

松山 それがないんですよね。名前も生まれも生年月日も分からないまま育つっていうのはどういうことなんだろうかと。やっぱり、その立場にならないと本当のところは分からない。でも今の人たちとも共通しているのは、たくさん傷ついてきたということだと思います。ですので、そこは上手く表現したいなと思っています。

食えなかったけど、純粋に芝居が面白かった

――役者になったきっかけを教えていただきたいのですが、松山さんは青森出身で、16歳で上京して芸能活動を始めました。東京に行きたい気持ちは強かったんですか?

松山 そうですね。中学を卒業して東京へ行く人もいましたし、すごく面白そうな場所だなと。当時は、地元はつまらない場所だと思っていましたから、刺激的なところに行きたい、いろんな人と会いたいなと思っていました。特にやりたいこともなかったんですけど、東京へ行ったら何かあるだろうって。そういう軽い気持ちでしたね。

――芸能界入りのきっかけを教えてください。

松山 オーディションを受けてみないかと親が応募しました。迷惑をかけてばかりだったので、何を考えて親がそういう風に言ったのか、いまだに分からない。たぶん僕が高校で何もやっていなかったので、きっかけを作りたかったんでしょうね。僕としても、特に芸能に興味があった訳ではなくて、オーディションを口実に東京に行ければ何でもよかったんです。

――もともと人前に出るのは好きなほうでしたか?

松山 全然好きじゃなかったですね。ただ目立ちたかったというのはあるのかな。

――全く演技経験もない状態でのオーディションはいかがでしたか?

松山 受かるなんて思っていないので適当にやっていました。オーディションでは水着審査みたいなものもあったんですけど、僕は水着がないから高校の短パンで参加しました(笑)。あと「これを覚えて読んで」って台本を渡されたんですけど、演技なんて学芸会でしかやったことがなかったので、一応セリフは覚えられても、演技にはなっていなかったと思います。

――どんな台本だったんですか?

松山 目が見えない人を、一人芝居で演じるというものだったんですが、ただ目をつぶって喋っただけでした。結局、オーディションのために東京へ行って、好きな服屋とかに行って買い物できればいいやぐらいの気持ちだったんです。

――それがまさかのグランプリでした。

松山 それも、ラッキーだな、みんなより先に就職決まっちゃったよ、みたいな感じでした。そういう軽い気持ちでやっていたから、上京して事務所に入ってからも、オーディションにも受からず、ずっとアルバイトをやっていました。そんなことをしている間に高校を卒業して、上京してくる地元の友達もいて、僕よりも稼いでいるんですよ。こんなはずじゃなかったと思いながらも、他の仕事をしようとは考えたこともなかったですし、とりあえずアルバイトで生活できているからいいかなと。ただ親からは「もう辞めたらいいんじゃない?」って言われたこともありました。

――青森から単身で上京した時、孤独感を抱くことはありましたか?

松山 一緒に遊ぶ人はいたので、特にそういうのはなかったですね。人には恵まれていたんでしょうね。

――上京するにあたり、青森から東京の高校に編入したそうですが、東京での高校生活はいかがでしたか?

松山 オーディションやアルバイトもあるので、朝から昼まで、昼から16時まで、17時から21時までの3部制の高校に行きました。主に僕は夜の時間帯に行っていたんですけど、30人ぐらいの机がある教室に10人ぐらいしかいなくて。その学校には、職業も年齢も違う人がいて、いろいろな人を知れる場でした。

――なかなか役者として芽が出ない中で、他の道を考えなかったのはなぜでしょうか?

松山 食えなかったけど、純粋に芝居が面白かったんですよ。お金については、「100万円あったら」みたいに妄想することもありましたけど、とりあえず生活ができるくらい稼げればいいと思っていましたし、お金持ちになりたいとは本気で考えていなかったです。将来のことを想像して何かをしている訳でもなかったですし、当時はフワフワしていました。結局、マネージャーや監督、周りの俳優との出会いなどで、今こうやっていられるんじゃないかなって思います。今も40代50代をどうしたいかなんて考えていないですから。

――仕事に対する取り組み方や意識が変化していったきっかけは何でしょうか?

松山 車椅子バスケットボールを描いた映画『ウィニング・パス』(2004年)で初めて主演した時です。主演はセリフも多いし、作品に携わっている時間も長い。今まではちょこっとした役で、よく分からないまま始まって、よく分からないまま終わっていました。ところが『ウィニング・パス』では、車椅子バスケットボールに打ち込む主人公を演じる上で準備が必要でした。その時に初めて健常者と障がい者の違いを身をもって体感しましたし、様々な視点でものを見ることができたのが興味深かった。それがきっかけだったかもしれないです。

――先ほどお話しに出た『男たちの大和/YAMATO』は、『ウィニング・パス』の翌年の作品で、豪華キャストの大作でしたがプレッシャーはなかったですか?

松山 怖い人ばっかりだったので緊張はしてましたよ(笑)。今と違って何を喋っていいか分からなかったし、とにかくコミュニケーションが下手くそだった。ただ僕もすごく気合いが入っていましたし、とにかく一生懸命やっていたという感じでした。

いつまでも自分に嘘をついていてもしょうがない

――松山さんは2018年に移住もされましたが、移住して良かったなと思うことはありますか?

松山 少なくとも変な情報に傷つかなくてもよくなったし、暗いニュースに引っ張られて暗い気分になることもなくなりました。東京を拠点に活動していた時は、ある意味で人との関わり合いが多すぎたところもあったのかなと思います。ただ黙って野良猫や木の葉っぱが落ちる様を見ていたり、好きなことを外でやったり、ぼんやりする時間があまりにも少なすぎた。今は何も考えなくていい時間が多いし、自分が求めているのはそういうところだったんだなと。そのあたりのバランスが上手く取れるようになって、それまで気づかなかったことも、はっきりと感じられるようになりました。

――仕事との切り替えも上手くできているということでしょうか?

松山 むしろ切り替え自体をしなくなりました。仕事だからって気合を入れたり、スイッチをオンにしたりすることもなくなって、こういう取材でもフラットに話ができています。

――最近は東京以外に住んで、そこから発信している芸能人の方も増えていますが、松山さんご自身は発信するということについて、特に意識されていることはありますか?

松山 特にないですね。僕は気持ちを喋るのも説明するのも苦手なので、俳優の仕事としてセリフを言うことで発信できればいいなと思っています。ただ人の生き方や生活のスタイルは、東京に限らず、どこに住んでいたって伝えられる訳です。東京みたいに、いろんな人がそこにいなきゃいけない、ここでしか生活できないっていう、ある種の思い込みのようなものはどんどん取っ払って、もっと自由に生きられたら、また違った幸せの形も生まれるかもしれない。そういうことを自分の生活スタイルを通して表現していけたらいいなとは思っています。

――とはいえ、拠点を移すことには勇気がいるように思います。

松山 もしかしたら勇気がいることかもしれないけど、僕は必要だと思ったからやっただけです。ただ東京にしかないものもあります。僕は歌舞伎が好きだけど、東京じゃないとなかなか見られない。コンサートに行きたいなと思っても、気軽には行けないし、東京でしかできないこともたくさんある。でも今は、いろんなところに自由に行ける時代になりましたから、そこまで不自由はないですよ。

――地方の出身だからこそ、移住されたことで、落ち着く部分はありますか?

松山 認めたくないんですけど、やっぱり楽なんですよね。どこでもやっていけるって思いたいんだけど、気候の違い、考え方の違いなどは間違いなくあります。たぶん僕は環境の違いに柔軟に対応できなくて、ずっと無理していたんじゃないかな。30歳も過ぎて、いつまでも自分に嘘をついていてもしょうがない、自分に正直に生きたいなと。子どもにもそういうところは真似してもらいたくないし、正直に元気で楽しく生きてほしいんですよね。

――最後に、進路を検討しているティーンにメッセージをお願いします。

松山 これからは一つの仕事だけに打ち込んでいく時代は終わるんじゃないかなと思っています。僕は一つの仕事をずっとやってきましたが、コロナがあったり、東京とは違うところで生活を始めたのもあって、三つぐらい職を持った方がいいと思うようになりました。そうすると一つがダメになっても残り二つでなんとかできる。二つダメになってもまだ一つある。ただ三つの仕事をするってことは、三通りの技術や知識を持たなきゃいけないので大変です。でも好きなことを三つだったら、いけるような気がするんですよ。ゲームが好きだったら配信をして、その一方で全然違う仕事をする。結果的に、その三つが一つの縁として繋がるような仕事の仕方もあると思うんです。だから進路を一つに絞る必要はないですし、自分の可能性を広い視点で考えたらいいのではないでしょうか。

Information

「hanaー1970、コザが燃えた日ー」

日程:2022年1月9日(日)~1月30日(日)
会場:東京芸術劇場プレイハウス(東京・池袋)
主催・企画制作:ホリプロ

https://horipro-stage.jp/stage/hana2022/

<大阪公演>
期間:2022年2月5日(土)、2月6日(日)
2月5日(土)12:30/17:30
2月6 日(日)12:30
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
主催:梅田芸術劇場
お問い合わせ:梅田芸術劇場 06-6377-3888 (10:00~18:00)
https://www.umegei.com/schedule/1011/

<宮城公演>
期間:2022年2月10日(木)、2月11日(金祝)
2月10日(木)18:30
2月11日(金・祝)13:00
会場:多賀城市民会館
主催:仙台放送
お問い合わせ:仙台放送 022-268-2174 (平日 11:00~16:00)

https://www.ox-tv.jp/sys_event/p/

作:畑澤聖悟
演出:栗山民也
美術:伊藤雅子 照明:服部基 音楽:国広和毅 音響:井上正弘 衣裳:西原梨恵 ヘアメイク:鎌田直樹 映像:栗山聡之
方言指導:今科子 歌唱指導:伊藤和美 三線指導:宮里英克 ドラマターグ:工藤千夏 演出助手:田中麻衣子 舞台監督:加藤高
出演:松山ケンイチ 岡山天音 神尾 佑 櫻井章喜 金子岳憲 玲央バルトナー 上原千果 余 貴美子

1970(昭和 45)年 12 月 20 日(日)未明。コザ市ゲート通りにある米兵相手のバウンショップ(質屋)兼バー「hana」では、看板の灯が落ちた店内で、おかあ(余 貴美子)、娘のナナコ(上原千果)、おかあのヒモのジラースー(神尾佑)が三線を弾きながら歌っている。そこへ、アシバー(ヤクザ)となり家に寄り付かなくなった息子のハルオ(松山ケンイチ)が突然現れる。おかあが匿っていた米兵を見つけ、揉めていると、バーに客がやってくる。「毒ガス即時完全撤去を要求する県民大会」帰りの教員たちだ。その中には、息子のアキオ(岡山天音)もいた。この数年、顔を合わせることを避けていた息子たちと母親がそろった夜。ゲート通りでは歴史的な事件が起ころうとしていた。血の繋がらないいびつな家族の中に横たわる、ある事実とは。

松山ケンイチ

俳優

1985年3月5日生まれ。青森県出身。2002年に俳優デビュー。2003年、『アカルイミライ』で映画デビュー。2012年、NHK大河ドラマ『平清盛』で主演。主な映画出演作に、『デスノート』シリーズ(06)、『ノルウェイの森』(10)、『GANTZ』シリーズ(11)、『うさぎドロップ』(11)、『聖の青春』(16)、『BLUE/ブルー』(21)など。2022年は『ノイズ』(1月28日)、『大河への道』(5月20日)、『川っぺりムコリッタ』などが公開予定。舞台への出演は、劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season風」以来、約4年ぶり。