Contents

オープニング4曲から変幻自在に魅せる

アコースティックなインストゥルメンタルBGMに乗せて、ステージ上ではクリスマスツリーをかたどったイルミネーションが光る。黒を基調としたシックな衣装に身を包んだ4人が登場。オープニングナンバー『雑踏の中で』をしっとりと歌い上げた。

鈴木が「メリークリスマス」とささやきスタートしたのは、ポップで力強い『バカップルになりたい!』。曲中では市川と鈴木、愛来と小島がそれぞれ手を繋ぎ合い、目を合わせながらパフォーマンスを繰り広げる。

「盛り上がっていくぞ!」と市川の力強い煽りからスタートしたのは、激しいサウンドが続くアッパーチューンの『Rain Makers!!』。メンバーもペンライトを手にしながら踊り、続く『Lucky Number』で空気は一変。落ち着いたダンスナンバーで、客席との一体感を生んだ。

MCを挟んでの『BAD GIRL』では艶っぽく、浮遊感ある『ミクロコスモス・マクロコスモス』ではフォーメーションを代わる代わる変えながら舞い踊る。

続く『月並みファンタジー』では物語のような歌詞に合わせてそれぞれが演じるように歌い、ラップも交えた『アダムスキーじいさん〜ハムとみかん〜』では市川と小島の2人が軽快な掛け合いを見せる。

メンバーのハーモニーが冴えるバラード『Over the rainbow』で、しっとりとした空気に包まれる会場。流れるように続いた『フロムレター』では小島の「さあ、みんな一緒に振るよ」の声を合図にして、ステージと客席が左右に揺れるペンライトの光で一体に。

愛来の「みんな本当にメリークリスマス!」の掛け声で始まった『メタモルフォーズ』では、ステージからの煽りを受けて観客がクラップとジャンプを繰り返す。メンバーは何度も「飛ぶよ!」と連呼し、決意を込めたナンバー『STATEMENT』では横一線に並び力強く腕を掲げた。

鐘の音と共に場内は暗転。メンバーは一時、ステージからはける。聖歌のような曲へ切り替わってから数秒、静と動のメリハリ効いたパフォーマンスで見せる『DROP DROP』では曲に合わせて拍手の音が響き渡る。

しなやかに舞う『SENSITIVE』ではクールに。続く『MICHI』ではクラップと同じ振り付けで客席と一体になり、ディスコ調のダンサブルなナンバー『DISCO-TRAIN』を歌い上げ本編を締めくくった。

メンバーそれぞれが語った充実の2021年

観客からの手拍子を受けたアンコール。メンバーはクリスマスにちなみサンタクロースの衣装を着て、ステージへ戻ってきた。

ペンライトを手にしながら披露したのは『明後日の方向へ走れ』。それぞれのメンバーが客席に向けてキュートな表情を見せ、手にしたペンライトを左右に振り続ける。

公演のラストナンバーは『Staring at You』。市川、小島、鈴木、愛来がそれぞれイントロで個性豊かに客席へアピールし、曲中では手のひらで星をかたどり観客たちと一体になった。

全曲を終えて、ステージ上でトークを繰り広げるメンバーたち。初出情報として、小島が「2022年春、フルアルバム発売決定!」と伝えると会場は大きな拍手に包まれた。そして、グループとしては2021年最後の公演であったことから、メンバーそれぞれが1年間を振り返った。

グループとして「今年1年本当にたくさんのことを経験させていただいた」と振り返った市川は「悲しい雰囲気の状況下でも、アメフラっシの活動自体は大きくいい方向に羽ばたいていった」と語り、「プラスなことが多かったなと思って。みんなと会える時間も長かったし、みんなとの仲も良くなっていけてるなと思えたので、この1年は私にとってすごく楽しかった」と前向きな思いを伝えた。

市川優月

小島はメンバーとの距離感にふれ「仲が深まったなって思います。リリイベとかもあったし、こうやってライブも去年よりたくさんできたので。みんなのことをいっぱい知れたり、みんなの色んな顔が知れたり。すごくいいことだなと思って、うれしく思っております」と吐露。「私けっこうネガティブなんですけど。今年はね、ポジティブに生きれた」と語った。

小島はな

鈴木は「Zepp(Haneda)でライブをしたり、ツアーがあったり、リリイベとか、CDが全国流通になって。今までずっと応援してくれていた方が、喜んでくれてるなというのが伝わってきたのもうれしかったし。新しく出会った方もいっぱいいて」とファンへの感謝を述べ、この日の公演でも「幸せな空間だなと思ったし、こんなにもアメフラっシを好きって言ってくれる方がいるんだと思って、もう本当に涙が出ちゃいそうになりました」と感動を伝えた。

鈴木萌花

愛来は「辛いことも悲しいことも、うれしいことも楽しいことも本当に、ギュッと1年に詰め込まれていて。どれを思い出したらいいか分からないほど、色んな感情に出会えたし。いろんな活動もさせていただいて、一言にすると充実していた1年間だった」と振り返り、ファンや家族、スタッフへと思いを巡らせながら「こんな素敵な経験は本当に限られた人しかできないんだろうなって思いながら、1年間過ごしてきました」と感謝をにじませた。

愛来

最後は、メンバーそれぞれが手を繋ぎながら大声で「ありがとうございました」と叫び、笑顔のままステージをあとにした。

Information

AMEFURASSHI 愛来 & 市川優月 Birthday Party
2022年1月8日(土)/東京・Studio Freedom
1部 『ゆづちゃハピバさいっ! ~市川優月18th Birthday Party~ 』
open 12:30 / start 13:00(終演後、特典会有り)
2部 『Birthday Party AIRAIVE 2022 ~愛来 19th Birthday Party~ 』
open 17:30 / start 18:00(終演後、特典会有り)

公式サイト

AMEFURASSHI

アイドル

2018年11月結成。スターダストプラネット所属の4人組アイドルグループ。メンバーは、愛来、市川優月、小島はな、鈴木萌花。2021年11月に初の全国流通シングル『SENSITIVE』発売。2022年春にはフルアルバム発売を控える。

Photographer:Ryohei Tsukada,Interviewer:Syuhei Kaneko