Contents

ゆかりの地で撮影できる喜びがあった

――主演を務めるドラマ「#居酒屋新幹線」のオファーがあったときは、どう思いましたか?

眞島 時間を持て余しがちな新幹線の中で、仕事から解放されて一人になれる自由な時間を、どれだけ充実させるか。そういうことを一生懸命やっている主人公に魅力を感じて、面白いなと思いました。

――第1話では青森、第2話では仙台と、現地のお店などでロケーションを行っていますが、実際に訪れていかがでしたか?

眞島 東北新幹線で北関東から東北の街に行くのですが、実在するお店や商品が出てきます。僕は山形県出身なので、知っている商品などもありましたが、全く知らないお店や初めて食べるおつまみが多くて、新たな発見が多かったです。仙台には親戚が多く住んでいますが、それでも初めて食べるものばかりでした。

――撮影中も旅行気分を味わえそうですね。

眞島 自分が旅をしているような感覚で臨んだ方がいいのかなと考えて、旅行気分を味わいながら撮影していました。それがこの作品にはプラスになっていると思います。

――東北人として、東北を舞台にしたドラマは感慨深いものもあったのではないでしょうか。

眞島 そうですね。うまく説明できないんですけど、この歳になったからこそ、ゆかりの地で撮影できる喜びみたいなものはあります。

――臨場感のあるシーンが多いですが、ロケはどのように行われたのでしょうか?

眞島 駅ビルのお土産屋さんは営業時間外で撮影させていただきましたが、営業時間中の撮影も多かったです。

――ドラマの大半は、眞島さん演じる高宮進のモノローグで進行します。普段の演技と違いはありますか?

眞島 モノローグがたくさんあると、撮影中のリアクションだけで勝負しなくてもいいんですよね。モノローグのテンションを状況によって変えるなど、振り幅が広げられて遊びが入れられるので、個人的には大好きです。

――新幹線の席を居酒屋に見立てて、一人で飲み食いするシーンが続きますが、表情やリアクションのバリエーションが豊富でした。いろいろ研究されたのでしょうか?

眞島 それが特にしてないんですよ(笑)。一つひとつの料理を味わって、素直に「美味いなぁ」って思いながら撮影しています。

――車内の撮影はどこで行われたんですか?

眞島 実際の車両と同じ作りになっているセットです。業界用語で「うちトラ(※身内のエキストラの略)」と言うんですけど、身内のスタッフや関係各所の同僚の方が協力してくださいました。本業の役者の方ではなく、このドラマのプロデューサーも出てます(笑)。みなさん実際にパソコンを持ってきて仕事をしながら、エキストラもやっていただいたので大変助かりました。

――高宮進のどういうところに共感しましたか?

眞島 東京までの時間を逆算して、「今日はどういう献立にするのか、どういうコース仕立てにするのか」を自分で考える。そして、主は自分一人、客も自分一人と居酒屋の設定にとことんこだわるところが好きです。進さんは家族もいて、家族思いですが、たまに一人になりたい気持ちになる部分は分かる気がします。なかなか自分一人で楽しめる時間って無いんですよね。新幹線の時間を充実させて、それを人生の大きな楽しみにしている進さんは愛すべきキャラクターだなと。

――眞島さんご自身は、普段どのように新幹線での時間を過ごされますか?

眞島 今までは特別なことはしていなかったのですが、このドラマの撮影が終わってから、かなり影響を受けまして。せっかくそういう時間があるなら、なるべく乗車する前に地酒やつまみを吟味するようになりました。最近は各地でその土地のお酒を選ぶのも楽しいです。

――改めてドラマの見どころをお願いします。

眞島 まだティーンの方はお酒を飲めないですけど、「いつか飲んでみたいな」なんて思ってくれてもいいし(笑)。それぞれの土地で実際にあるお店や商品が出てきますが、それを販売しているスタッフさんがいるし、それを作っている板前や職人さんもいるし、宣伝する部署の人もいます。一つの食べ物やお酒に、たくさんの職業の人が関わっているんだな、なんていう見方も面白いのではないでしょうか。

大学で初めて自分で何かを表現していく職業に惹かれた

――学生時代のお話を伺いたいのですが、大学進学は早くから決めていましたか?

眞島 通っていたのが進学校だったので、それ以外の選択肢がほぼなかったです。

――高校生の頃は、こういう仕事をしたいというような気持ちはありましたか?

眞島 今思えば、高校生の頃は「将来にこの職業に就きたいんだ」というのは、ぼんやりとしか思ってなかったですね。父親が公務員なので、もしかしたら僕もそういうふうになっていくのかな、なんてことを思っていました。第一志望だった国公立に落ちてしまい、その流れで東京に出てきました。それまで上京したいという気持ちもなかったです。

――先ほど「この歳になったからこそ、ゆかりの地で撮影できる喜びがあった」と仰っていましたが、山形県出身で良かったと思いますか?

眞島 住んでいるときには分からないんですが、お盆・正月で故郷に帰省すると良さに気がつきます。自分が育った場所というのは、かけがえのない場所になるんだなと思います。

――地元にいたときは地元愛はありましたか?

眞島 住んでいる時期はなかったです。東京に出てきてから、すごくいいところだったんだって気づけたというか、年齢を重ねれば重ねるほど、そういう気持ちは強くなってきた気がします。

――眞島さんは大学入学後に役者を目指したそうですが、何がきっかけだったのでしょうか?

眞島 東京っていろんな地方から出て来た人が集まっていて、育った環境も違うし、言葉も違う。「あ、こういう人がいるんだ」と刺激を受けることは多かったです。今まで周りにいなかった友達ができていく中で、音楽やダンサーなどいろんな人がいる環境に影響を受けました。それまで自分で何かを表現していくような職業って考えたことがなかったんですけど、若かったというのもあってかっこいいなと思ったんです。それが役者を目指したきっかけになりました。大学生のときは学生寮だったんですが、地元が同じ子たちがたくさんいて、地元の言葉でしゃべれたんです。同じ地元から出てきた人でもすごく変わった先輩がたくさんいて、「地元にもこんな人がいたんだ!」と自分の中で世界が広がりました。

――役者一本でやっていくために大学を中退したそうですが、大きな決断だったと思います。進路を検討しているティーンにアドバイスをいただけますか。

眞島 今思えばその決断は良かったなと思いますけど、時間が経ってみないと、その判断が正しかったかどうかは分からないことですよね。だから挑戦したいことがある若い人にはどんどんやってほしいなって思います。いろいろ挑戦して、たとえ上手くいかなくても、30歳くらいまではどうにでもなるんです。自分の中で制約とか、できる範囲を決めないで、若いうちはぜひチャレンジしてください。

――役者さんというお仕事は下積み時代も長いことが多いですが、諦めずに長く続ける秘訣はありますか?

眞島 仕事って続けてみないと分からないですし、興味を持ち続けて、モチベーションを保ち続けるのは難しいことです。そうなると周りで自分を助けてくれる人に出会えるかどうかも大きい。続けていくには、長い時間、真剣に仕事と向き合えることと、人との出会いを大切することが重要だと思います。

Information

「#居酒屋新幹線」
毎週火曜 MBS 深夜0:59~/TBS 深夜0:58~
チャンネル銀河にて2022年2月5日よりスタート 毎週土曜19:30~ ※3話連続放送

主演:眞島秀和
原作:天宮さろん/KADOKAWA/ジェイアール東日本企画
監督:芝﨑弘記 吉野主 エダゴウシ
脚本:木田紀生 黒沢久子 阿相クミコ 横幕智裕
制作プロダクション:株式会社ホリプロ
©「#居酒屋新幹線」製作委員会・MBS

損保会社の内部監査室で働いているサラリーマン高宮進の密かな楽しみは、出張帰りの新幹線で堪能するご当地テイクアウトグルメ。新幹線の中で、出張先で見つけた極上のグルメやお酒を一人楽しむ主人公・高宮進を演じるのは、ドラマ、映画、舞台など多方面で活躍中の眞島秀和。グルメドラマで主演を務める彼が、どのような表情を魅せてくれるのかに注目だ。駅弁や郷土料理、地酒やクラフトビール、さらにはスイーツまで、ご当地テイクアウトグルメが続々登場!

公式サイト

公式 Twitter

眞島秀和

俳優

1976年11月13日生まれ。山形県出身。1999年、映画『青〜chong〜』でデビュー。2019年、「サウナーマン〜汗か涙かわからない〜」(ABCテレビ)で連続ドラマ初主演。以降、映画、ドラマ、CMで幅広く活躍中。主な映画出演作に『スウィングガールズ』(2004)、テレビドラマに「ゲゲゲの女房」(2010)、「おっさんずラブ」(2018)、「麒麟がくる」(2020~21)、「おじさんはカワイイものがお好き。」(2020)など。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Yoshie Masui 、Hair&Make: Yuuka Saeki