Contents

女性ダンサーメインのショーを繰り広げたKOSÉ 8ROCKS

年内最後となるROUND.4はクリスマスイブの開催となり、前回覇者の「FULLCAST RAISERZ」はサンタ姿で登場。オープニングパフォーマンスではゴリゴリのKRUMPで勢いを見せつけた。

トップバッターは「SEGA SAMMY LUX」。前回、FULLCAST RAISERZに3連勝を阻まれたが、我こそがトップだと言わんばかりに「王者の貫禄」というテーマを掲げた。ディレクター兼リーダーのCanDooがステッキと王冠を持って王座に座り、それを起点にファンキーなダンスが繰り広げられる。得点は69点とまずまずの結果を残す。

続く「CyberAgent Legit」は、白いシャツに赤い花のイラストをあしらった衣装で鮮烈に登場。センターに地獄を据えて、「嗅覚」をテーマに多彩なフォーメーションを魅せる。途中で青い花の匂いを嗅いで、陶酔するような表情を浮かべる地獄が不穏な空気を醸し出す。

ファンからの要望を取り入れて、バスケットボールを題材にしたストーリー仕立ての作品で挑んだ「SEPTENI RAPTURES」は、それぞれのナンバーが記されたスポーティーでカラフルな衣装に身を包み抜群のチームワークを発揮。ウォーターボトルやタオル、椅子などの小道具を巧みに取り入れたパフォーマンスで2位に付けた。しかしMiYUは67.5点という得点に納得できず、涙を流しながら「折れずに頑張ります」とコメントした。

これまでパフォーマーとしても全ラウンドに出演してきたISSEIが初めてディレクターに専念した「KOSÉ 8ROCKS」は、今シーズンから新加入したCOCOAが初出場、センターを務めるのがNao、さらにHarukaとYuikaも加わり、男女比が半々という編成。遊園地のパレードのような華やかな衣装に身を包み、子どもの頃に思い描いた夢の世界をブレイキンで表現。ISSEIは前シーズンから女性ダンサーメインのショーをやりたかったと語り、「僕にとっては最高のクリスマスプレゼント!」とメンバーを労った。

光沢のある青のトレンチコート姿で颯爽と現れた「avex ROYALBRATS」は、いつものコミカルな要素は封印して、コートを巧みに使ったクールなパフォーマンスでステージ中を躍動。65.5点と得点は伸びなかったが、ジャッジのラモス瑠偉は「ずっと鳥肌が立ってます!」と絶賛した。

独自の世界観を貫きながらも、開幕戦から最下位争いに甘んじている「LIFULL ALT-RHYTHM」。今回はSPダンサーとして役者としても活躍する碓井菜央を迎えて、1本の映画を観ているような深い世界観を表現。それぞれが色もデザインも違う衣装を着て、ペアで手と手を取り合い、時には抱き合い、時には4人1組で共同作業をしながら、ピースフルな空間を作り上げた。

パーティー感あふれる世界観で魅了したKADOKAWA DREAMS

2連勝を狙うFULLCAST RAISERZは、TikTokでバズる振付を生み出すことで若者から絶大な支持を集めている振付師兼ダンサーの「えりなっち」をSPダンサーとして招聘。制服を途中で脱いで体操着姿になったえりなっちと、学生服を着た7人が、教室内で縦横無尽に暴れまわる、前シーズンでも1位を獲ったレイザーズ学園設定で勝負。そのコミカルな世界観は会場中の笑いを誘い、73点と本日初の70点越えでトップに立った。

黄色と黒を基調にしたスタイリッシュなファッションに、エクステンションを合わせた「Benefit one MONOLIZ」は、花歩をセンターに据えてカウボーイ・カウガールの世界観にVOGUEを融合させるという、唯一無二の作品で勝負をかける。ハットと赤い縄を効果的に使いながら、ロデオや騎馬のアクションを巧みに取り入れて躍動感あふれるパフォーマンスを展開した。

ラウンドを重ねる毎に自分たちの見せ方を理解し、ROUND.3で初の70点台を叩き出した「dip BATTLES」。前回はサイバーパンク的な作品で高評価を得たが、今回は一転して黄金時代のディスコを彷彿とさせる、スパンコールを大胆に配した、どこか懐かしさを感じさせるレトロな衣装で登場。クリスマスイブにピッタリな、男女の駆け引きを描いたミュージカルさながらのパフォーマンスで68点をマークして2位につけた。

ホワイトクリスマスをイメージさせる、白のパンツスーツで華々しく登場した「USEN-NEXT I’moon」は、「メリークリスマス!」という愛らしい掛け声から一転して、シンクロ率の高いクールなダンスを展開。タオルを振り乱してファンキーに踊る姿は新境地を感じさせ、67.5点と高得点を獲得した。

トリの「KADOKAWA DREAMS」は、開幕戦こそSEGA SAMMY LUXと1位を分け合ったが、それ以降は苦戦が続いている。その悔しさをバネに2021年最後のパフォーマンスに挑んだ。青いドレスと赤いスーツの2組に分かれて、それぞれの衣装の特性を活かしながら、パーティー感あふれるダンスを繰り広げ、75点とトップに躍り出た。

WINNERに輝いたのはFULLCAST RAISERZ、MVDにはKOSÉ 8ROCKSのNao

クリスマスイブらしい華やかさや楽しさが詰まったパフォーマンスを競い合った11チーム。オーディエンスジャッジを加点して、WINNERに輝いたのはFULLCAST RAISERZで、SEGA SAMMY LUXに続いて2連勝を達成した。思わず、SPダンサーのえりなっちは涙を浮かべてステージに立った。ディレクターのJUNは「今日のKADOKAWAは強かった」と称賛を贈りつつ、「バカを突き詰めたときの最後のかっこよさを見せつけられたのかなと思う」とオーディエンスに支持された理由を分析した。そしてリーダーのSOULJA TWIGGZは泣き止む様子のないえりなっちに、「卒業式ばりに泣いているけど大丈夫?」とツッコミを入れて場を和ませた。MVDにはKOSÉ 8ROCKSのNaoが選ばれた。

現時点でのトータルランキング上位は、4位がKOSÉ 8ROCKS、3位がKADOKAWA DREAMS、2位がFULLCAST RAISERZ、1位がSEGA SAMMY LUXという結果になったが、この4チームはいずれもチャンピオンシップポイントが30点台と僅差。

SEGA SAMMY LUXのCanDooは、「防衛できて嬉しいです。次のラウンドも全然違うLUXを見ていただけるので楽しみにしてください」と、早くも次の戦いを見据えていた。

次回ROUND.5は成人の日となる2022年1月10日。ますます過熱するD.LEAGUEから目が離せない。

第一生命 D.LEAGUE 21-22 REGULAR SEASON ROUND.4
日時:2021年12月24日(金)
会場:東京ガーデンシアター(東京・有明)
©D.LEAGUE21-22

Information

注目のROUND.5は1月10日(月・祝)18時半からD.LEAGUE公式アプリなどで無料で生配信!視聴方法、詳細は公式サイト、アプリ、SNSをチェック。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

Photographer:Keita Shibuya ,Reporter:Takahiro Iguchi