Contents

全力で駆け抜けた2021年を漢字一文字で表すと?

1stアルバム『Metamorphose』、グループ初の写真集『アメフラっシ 1st PHOTO BOOK「With」』など、アメフラっシにとってまさしく2021年はターニングポイントとなる年となった。

オープニングトークでも、「この1年、私たちも成長しまくっていたので、このイベントで良い1年の締めくくりにしましょう」と、小島はなが満面の笑みを浮かべて声を弾ませると、会場のファンたちから歓声が沸き起こった。

そして、小島の発案で自己紹介も兼ねて、2021年は自分にとってどのような1年だったのか。メンバーたちが一文字の漢字で表していくことに。

まず市川優月は「色」という漢字を挙げて、「今までは引き出しが2色ぐらいしかなかったけど、今年はたくさんの色鮮やかな経験をさせていただいた」と語り、「楽しかったことも辛かったこともいろいろあって、私の人生の中でもすごい思い出の詰まった1年だったので『色』にしました」と笑顔を見せた。

続いて、小島は「私にとって2021年は『続』の漢字ですね」と語る。「モノマネや朝活など続けることが多かった1年だと思って。やっぱり何事も続けることが大事なんだなと改めて思いました」と、まさに「継続は力なり」の意味を実感した年であったという。

鈴木萌花にとって2021年は「愛」だったと言うと、「毎年、『愛』じゃないの?」と一斉に他のメンバーたちからツッコミが入る。しかし、鈴木は「去年よりも一杯、みんなからいっぱい愛をもらえたと感じたので、この漢字にしました」と理由を語り、愛くるしい笑顔で会場のファンたちに感謝を述べた。

愛来は「今年1年本当にいろんな感情に出会った」ということから、「感」という漢字を選んだ。「まだ成長というところまでには至っていないんですけど」と謙遜しつつも、「やっぱりファンの皆さんが私たちに会いに来てくださっている感動も含まれていて、本当にいろんな気持ちにさせられた1年でした」と、たくさんの人たちとの出会いに満ちた思い出を笑顔で振り返った。

絶対に笑ってはいけない愛来のギャグ!?

オープニングトークでしっかりと客席のファンたちの気持ちを掴んだアメフラっシ。さっそく最初のコーナー「絶対に笑ってはいけない愛来ギャグ」へと移る。文字通り、愛来が即興でお題に沿ったギャグを披露し、他のメンバーたちを笑わせたら勝ちという内容。

「これ、私だけが頑張るコーナーだよね」と愛来から真っ当なツッコミが入るも、愛来がギャグを繰り出している間、他のメンバーたちはリコーダーを咥えて、音が出てしまったら笑ったと見なされるというルールでスタート。

「ペンギン」「めっちゃ体がかたい人」「寅年の女」など無茶振りに体当たりするも上滑りしてしまった空気に。心が折れかけている愛来にいつもは毒舌キャラである市川が気を遣って、愛来の代わりに身体を張ってギャグを披露。

愛来のモチベーションも復活し、リハーサルの時にメンバーたちが爆笑したというギャグ「ダルマかかと落とし」をここぞとばかりに披露。実際に脚を高く上げたパフォーマンスで、会場のファンたちから喝采をさらった。

異例のセットリストとなった歌い納めライブ

今回のイベントの目玉コーナー「ありがとう!2021 歌い納め歌合戦」は、メンバーたちがそれぞれ歌い納めしたい曲と、ファンたちが聴き納めしたい曲でセットリストを構成。

市川は『グロウアップ・マイ・ハート』、鈴木は『Lucky Number』、小島は『メタモルフォーズ』、愛来は『Staring at You』をチョイス。さらに会場のファンからのリクエストで『Staring at You』が選ばれた。『Staring at You』は1回目と2回目でパートを替えて歌うことに。

4人の「良いお年を!」という掛け声と共にライブはスタート。

1曲目は市川が選んだ『グロウアップ・マイ・ハート』で、「走り続けなくちゃ」というサビの歌詞通りに疾走感溢れる力強い楽曲。2曲目は『Lucky Number』で、選曲した鈴木が「初めてデモ音源を聴いた時に直感で好きになった」と語ったように、恋心を軽やかに描いた歌詞と心弾むポップなメロディが特徴。

3曲目は小島の「これまでたくさんやってきて、ファンたちとの距離も近くなった曲」として選ばれた『メタモルフォーズ』。サナギから羽化した蝶が空へと羽ばたくように大きくジャンプするパフォーマンスでお馴染みのナンバー。

4曲目、5曲目として連続して披露することになった『Staring at You』。アメフラっシのファンにとってもはや説明不要の楽曲で、会場は大きな一体感に包まれて、2021年の最後を飾った。

あっという間にエンディングを迎えて、アメフラっシは「今年1年ありがとうございました」と、改めて客席に向かって大きく頭を下げた。

市川優月

今年1年を振り返って、市川は「クールな衣装やダンスで少し近寄りがたい雰囲気があったと思うんですけど、素の自分たちを曝け出す『アメしゃべ』のようなイベントがあったからこそ、今のアメフラっシがあります。この4人だからこそ、ここまで来れたなと思います」と、これからもメンバーたちと歩んでいくことを決意。

小島はな

小島は「今年は前年よりもファンの方が増えたと実感できた年です。ファンの方が周りにアメフラっシのことを宣伝してくれたおかげだと思うので、これからもよろしくお願いいたします」と感謝を述べた。

鈴木萌花

鈴木は会場のファンたちの温かさに触れて、「みんなが笑っている顔を見て、『喜んでくれているんだ』と私も嬉しい気持ちになれました。来年もみんなの前でいっぱい歌って踊って、たくさん笑えたらいいなと思います」と語った。

愛来

愛来は「今年1年は本当にいろんな感情に出会いましたが、現実を見て焦りを感じてしまう自分もいました。でも、ファンの皆さんと一緒にいると、そういった焦りや苛立ちも忘れていくので、本当に皆さんのことが大好きなんだなと思いました。本当に今年1年ありがとうございました」と満面の笑みを浮かべて、2021年最後の単独イベントを締めくくった。

Information

AMEFURASSHI 愛来 & 市川優月 Birthday Party
2022年1月8日(土)/東京・Studio Freedom
1部 『ゆづちゃハピバさいっ! ~市川優月18th Birthday Party~ 』
open 12:30 / start 13:00(終演後、特典会有り)
2部 『Birthday Party AIRAIVE 2022 ~愛来 19th Birthday Party~ 』
open 17:30 / start 18:00(終演後、特典会有り)

公式サイト

AMEFURASSHI

アイドル

2018年11月結成。スターダストプラネット所属の4人組アイドルグループ。メンバーは、愛来、市川優月、小島はな、鈴木萌花。2021年11月に初の全国流通シングル『SENSITIVE』発売。2022年春にはフルアルバム発売を控える。

Photographer:Atsushi Furuya,Reporter:Atsushi Imai